MOD解説 > The Twilight Forest

現在のこのページの情報は、The Twilight Forest 1.14.0(for Minecraft 1.4.6)からThe Twilight Forest 2.3.2(for Minecraft 1.7.10)時のものに更新中です。
現在どの条件で動作しないかはわかりませんが1.6.4では動作できないPCがあります。その場合ダウングレードをお願いします。
MOD名 The Twilight Forest
製作者 Benimatic
最新バージョン 2.3.2(2014年9月22日)
MC1.7.10対応
Forge 10.13.0.1199以上対応
配布場所 http://www.minecraftforum.net/topic/561673-
前提MOD 【Minecraft Forge】
使用Block ID (MC1.2.5以前)130 132~139 (9個)
(MC1.3.2以後)2160~2181 (21個)
使用Item ID (MC1.2.5以前)7957~7984 (27個)
(MC1.3.2以後)27957-28026 (68個)
使用Sprite ID なし
使用Terrain ID なし
使用class なし
関連サイト ttp://twilightforest.wikispaces.com/ (公式wiki)

目次

このMODについて

Benimatic氏作成の、新Dimension「トワイライトフォレスト(Twilight Forest)」を追加するMOD。
日本では「黄昏の森」という呼び名が普通なので以降はそう記述する。(ちなみに海外での略称はTF)
平均高度がY=32と低く、マップのほとんどが木で覆われ、所々に高度限界近くまである巨木が聳え立っている。
永遠に夕暮れ時のままで時間が止まった世界であり、そのため常に薄暗いが、
基本的に特別なバイオームやダンジョンの周囲を覗いては、地上(y=32以上)では動物しか湧かないようになっている。

初めて公開されたのは2011年の8月であり、その頃はまだ追加要素も充実していなかったが、
順調にバージョンアップを重ねてきた結果、現在では公開当初とは比べ物にならないほど追加要素が増えた。

新しい樹木、新しいMob、新しいアイテムの他、
凍りついた氷河や、光の全く差さない真闇の森、巨大キノコの群生地帯といった新しいバイオーム、
更には生垣迷路や地下迷宮、邪悪な魔法使いの住む塔など、新しいダンジョンも追加する。
神殿で眠る巨大な蛇「ナーガ」や、メイジタワーの最上階にいる「リッチ」など、何体かのボスも存在。


1.3.2でBlockIDの使用領域(130~140)がバニラのBlockによる侵蝕を受け、
BlockIDとItemIDの使用領域がまるまる変更、かつ以前までの使用帯にバニラ側の追加ブロックが食い込んだ。
そのため1.2.5以前と1.3.2以降のワールドデータの間の互換性が完全に消失した。
1.3.2以降にアップデートすると同時に新しくワールドを作り直すか、
そのワールドに存在する全てのTwilight Forestによって追加されたブロック&アイテム(ポータル含む)を破棄した後、
「save」フォルダの対象ワールドデータ内にある「DIM7」フォルダをまるごと消去し、
黄昏の森Dimensionだけを消去&再生成する必要がある(DIM7=Dimension7=黄昏の森Dimensionのデータ)

◆v2.2.2 (2014年7月15日)
  • Experiments to support future areas
  • Auto-assigned biome IDs will now be written back to the config file on load
  • Possibly fixed a crash with CustomOreGen mod
  • Updated Russian translation

◆v2.2.1 (2014年7月12日)
  • Many aurora palace revisions and new rooms
  • Fix trophy item placement using a method that does not break 1.7.10 compatibility
  • Fixed hydra sounds, thanks MamylaPuce
  • Fix so that toggling creative mode properly handles the progression biome overlay
  • Add color to aurora blocks, pillars, slabs in inventory
  • Properly name aurora blocks, pillars, slabs in inventory
  • Switch to a more reliable method of making the boss tower in the aurora palace
  • Remove some debug messages
  • Add hardness, resistance attributes to aurora blocks, pillars, slabs
  • Make standard recipes for aurora pillars & slabs from aurora blocks
  • Fix mosquito sound (oh boy!)
  • Add snow guardian mob (still not finished)
  • Snow guardian wears twilight forest native armors
  • Snow guardian drops snowballs

+ (それ以前の更新履歴)

◆既知の不具合(v1.14.0)
  • 右クリックしても孔雀扇から突風が出ず、ハイジャンプするのにしか使用できない。
  • ワールド作成時にスーパーフラットを選択した場合、黄昏の森の各ダンジョンが正常に生成されない。




Twilight Forestの導入方法(MC1.7.2バージョン)

◆シングルプレイ
  • はじめに
  1. マインクラフトを起動する。
  2. マインクラフトのランチャー画面になったら左下の「New profile」をクリックする。
  3. 「Profile name」を分かりやすいのにする。(Twilight ForestやTF、Tasogareなど)
  4. 次に「Game Directory」にチェックを入れる。
  5. チェックを入れたら「C:\Users\○○○○\AppData\Roaming\.minecraft」となっている部分を編集できるようになる。
  6. 「\Roaming」の後に\をつけ、その後に適当に名前をつける。
    (例:「C:\Users\○○○○\AppData\Roaming \TwilightForest \.minecraft」、「C:\Users\○○○○\AppData\Roaming \TF \.minecraft」など)
  7. 次に「Use version」を選択し、「1.7.2」にする。
  8. 「Save profile」をクリックして保存する。
  9. 保存したら、「Play」をクリックしてマインクラフト本編を起動する。起動したら閉じる。

  1. 前提MODの「Forge 10.12 Minecraft 1.7.2」へ行き、「Windows Installer」をダウンロードする。「Adfly」「 Direct」 どちらでもよい。
    (目的のVerをDLできない場合はこちらから)
  2. ダウンロードしたものをダブルクリックすると、「Mod system installer」が起動する。
  3. 「Install client」にチェックが入っているかを確認したら「OK」を押す。
  4. インストールが完了したら「OK」を押す。
  5. マインクラフトを起動する。
  6. マインクラフトのランチャー画面になったら左下の「Profile」が『はじめに』の『3』で入力したものになっているか確認する。
    なっていなければ右の矢印をクリックして先ほど入力した名前を選択する。
  7. 選択したら、下にある「Edit profile」をクリックする。
  8. 「Use Version」を「release 1.7.2-Forge ○○○○」にする。(○○には導入したForgeのバージョンが入る)
  9. 選択したら「Save profile」をクリックして保存する。
  10. 「Play」を押してマインクラフト本編を起動する。起動したら閉じる。

  • The Twilight Forestを入れる
  1. 配布ForumのDownloadから、The Twilight Forestの最新版を適当な場所にダウンロード。
  2. ダウンロードの際にMinecraftForgeのバージョンが推奨されいるものより新しいかを確認する
  3. ファイル名を指定して実行(デスクトップでWindowsキー+R)で%appdata%と打ちEnterキーを押す。
  4. 『はじめに』の『6』でつけた名前のフォルダがあるので開く
  5. 「.Minecraft」があるのでそれを開くと、「mods」フォルダある。
  6. 「mods」フォルダの中にダウンロードした「twilightforest-1.7.2-○○○.jar」をそのまま入れる。(○○○はバージョン)

  • 起動方法
    • マインクラフトを起動し、ランチャー画面の左下の「Profile」が『はじめに』の『3』で入力した名前になっているのを確認して「Play」をクリックする。

  • バニラからのワールドデータの移行
    • 以前遊んでいたワールドを引きついで遊びたいという場合は以下の手順
      1.ファイル名を指定して実行(デスクトップでWindowsキー+R)で%appdata%と打ちEnterキーを押す。
      2.「.minecraft」を開き、「saves」をコピーする。
      3.コピーしたら一つ戻り、『はじめに』の『6』でつけた名前のフォルダを開く。
      4.「.minecraft」を開き、さきほどコピーした「saves」を貼り付け、または上書き保存する。
      5.注意として、ワールドを上書きしてしまった場合、当然上書きされたワールドは消えてしまう。
      よって、以前のワールドか新規ワールドかで迷っている人はデータをバックアップすることをお勧めします。
      6.エラーが出てマルチにはいれない場合は、「saves」内にある「players」と「playerdate」の中身を削除する。
      その際、装備品、インベントリ内のアイテムが消えるため、シングルでログインしてチェストなどに預けた状態にしておくこと。



◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
  1. 上記の手順に従って、シングルプレイ用にTwilight Forestを導入する。
  2. サーバー主側から指定がある場合は、指示通りにBlock & ItemIDを移送し、Twilight Forest以外のMODも導入する。
  3. 対象のサーバーにログイン。

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
  1. minecraft_server.jarのDL方法や、MOD導入以前の初期設定の仕方についてはマルチプレイのページを参照。
    そもそもサーバー建てが初めての場合は、いきなりMODを導入せずに、バニラの状態で問題なく動作するかを確認する事。
  2. シングルの導入でも使用した「MinecraftForge(Installer)」を使用。まだの場合はダウンロードしておくこと。(目的のVerをDLできない場合は、Forgeのファイルサーバーから探すこと)
  3. ダウンロードしたInstallerを起動する。
    普段7-Zipなどを使っている場合は、右クリック→プログラムから開く→[Java(TM) Platform SE binary]を選択する。
  4. 「Install server」を選択し、インストール先のフォルダを指定してOKをクリックし、インストールする。
    「minecraft_server.1.7.2.jar」がない場合はインストーラー側でダウンロードされる。
    また、Forge環境で必要なライブラリはこの時点でダウンロードされる。
  5. 「minecraft_server.1.7.2.jar」の 代わりに、「forge-1.7.2-○○○-universal.jar」をクリックしてサーバーを起動する。(○○○はバージョン)
  6. サーバーを起動したらForge環境の必要フォルダが自動生成される。エラーが出なければ導入完了。
  7. サーバーのコマンド欄に「stop」と入力し、サーバーを停止させる。
  8. インストールしたフォルダに「mods」のフォルダができているはずなので、そこに「twilightforest-1.7.2-○○○.jar」をそのまま入れて完了。
    次回からはforgeのサーバーを起動する。


要求環境(MC1.7.2)
  • Minecraft 1.7.2
  • MinecraftForge 10.12.0.1024 ~
  • TwilightForest 2.0.1 ~

+ (それ以前の要求環境)



ポータルの作り方

周囲を草ブロックで囲った2x2の池を作り、周囲の草ブロックに自然物(花・キノコ・草・シダ・苗木)を植える。(入手しやすい花、苗木がおすすめ。他MODで追加された自然物でも可)
そして池にダイヤモンドをQキーで投げ込むことでポータルが開く。
ポータルを開くのに成功した場合は池に落雷が発生し、あまり近くにいると落雷によるダメージを受ける。
ポータルの構成が間違っていると、ダイヤモンドを投げ込んだ後に水の中から泡が沸き立つ。
またネザー、ジエンド、他MODで追加された別Dimensionではそもそもポータルが開通しない仕様になっている。




Tips&テクニック

  • ネザーとは違いベッドで寝ることが可能。
  • 空は常に薄暗いもののシステム的には昼夜があり、夜間区分時or雨天時にしか寝れない。
  • 黄昏の森Dimensionで死ぬと、通常世界ではなく黄昏の森Dimension側のリスポーン地点で復活する。
    • リスポーン座標は通常世界の初期リスポーン地点と大体一緒(縦横±16前後の誤差はあり)
  • 黄昏の森側でベッドで寝ればリスポーン地点の変更が可能。
    • 地上側にリスポーン登録した状態で黄昏の森で死ぬと、リスポーン登録リセット、黄昏の森側の初期リスポーン地点で復活。
    • 黄昏の森側にリスポーン登録した状態で地上世界で死ぬと、リスポーン登録リセット、地上世界側の初期リスポーン地点で復活。
  • 似通った地形が多く、地上世界と比べて木のせいで見通しも悪いので、地上世界以上に迷いやすい。
    • 真っ先に目指すべきは専用地図である「魔法の地図(MagicMap)」の作成。これなしにあちこち巡るのはキツい。
  • 初期リスポーン地点の座標、およびポータル作成地点の方角さえ分かっていればポータルへ帰ることはある程度できる。
    • 最も確実なのはF3デバッグモードで大体の座標値を覚えておくこと。
  • 8倍の距離を稼げるネザーと違って、地上世界と黄昏の森の座標は一致している。遠隔地への移動短縮には使えない。
    • ほんの少し離れた場所に2個めのポータルを作っても、ちゃんと向こう側の世界の対応する座標に新しくポータルが生成される。
    • ただし単に作っただけでは生成されない。潜って移動した時点で向こう側の世界にも対となるポータルが生成される。
  • 作成したゲートの出口はどこにでもできる。通常世界なら洞窟内でも作成されるし、TF内ならナーガ神殿内部にできることもある。
    • 地上世界側の出口はなるべくY=64近くに作られる。Y=64近辺に十分な空間がない場合は高地や地下に作られる。
    • 黄昏の森側の出口はなるべくY=32近くに作られる。Y=32近辺に十分な空間がない場合は高地や地下に作られる。
  • 海抜がY=64の地上世界と違って、海抜がY=32と平均高度が低い。
    • 必然的に通常世界と比べてレア鉱石が手に入りやすい。
    • ただしこれは河川(Twilight Stream)および海洋(Twilight Lake)での数値。
    • 地上世界での草原や森林同様、それ以外のバイオームにおける実際の平均高度は少し盛り上がってY=35~40程度になる。
    • 特殊なのが高地バイオーム(Highlands)で、平均Y=56に台地状に地形が形成、他バイオームとの境界での高度差が激しい。
  • 洞窟(Cave)、地下峡谷(Ravine)は地上世界と同等の確率で生成される。
  • 地上世界と違ってY=10以下での溶岩溜まり生成率の極端な増加がなく、Y=11以上と同程度にしか生成されない。
  • このDimensionのスポーンブロックは特殊で照明による湧き潰しが効かない。
    • 1.11.0(MC1.3.2)以降は照明による沸き潰しが有効になった。ボスMobを除くほとんどのMobは明るさLv8以上では湧かない。
  • スポーンブロック部屋(Dungeon)、廃坑(Minechaft)、地下要塞(Stronghold)は生成されない。
  • 地上世界と違い、黄昏の森Dimensionではネザーゲートやエンドポータルは起動しない。
  • 同様に、地上世界または黄昏の森以外のDimensionでは、黄昏の森用のポータルを作成しても機能しない。




追加ブロック・アイテム・レシピ一覧


◆木の種類
名前 画像 説明
トワイライトオーク
(Twilight Oak)
黄昏の森Dimension全域に点々と生えている、天頂まで届く大木。
幹の中は空洞になっておりツタでよじ登れる。
原木は専用のものだが、木材への加工&木炭への精錬、両方が可能。
木材はバニラのオークのものを流用している。
葉ブロック&苗木は専用のものが用意され、Forgeの鉱石辞書に登録済み。
林冠木
(Canopy Tree)
黄昏の森Dimensionの至る所で見られる、細長く背の高い木。
木の高さはマチマチだが、トワイライトオークに比べればかなり小さめ。
原木は専用のものだが、木材への加工&木炭への精錬、両方が可能。
木材はバニラの松のものを流用している。
葉ブロック&苗木は専用のものが用意され、Forgeの鉱石辞書に登録済み。
マングローブ
(Twilight Mangrove)
沼地限定で生えている背の高い木。
根が必ず水中に浸かるようにして生成されるという法則がある。
原木は専用のものだが、木材への加工&木炭への精錬、両方が可能。
木材はバニラの白樺のものを流用している。
葉ブロック&苗木は専用のものが用意され、Forgeの鉱石辞書に登録済み。
ダークウッド
(Darkwood)
闇の森(Dark Forest)バイオーム限定で群生している特殊な木。
背丈が低く、林冠の面積が非常に大きい。
原木は専用のものだが、木材への加工&木炭への精錬、両方が可能。
木材はバニラの松のものを流用している。
葉ブロック&苗木は専用のものが用意され、Forgeの鉱石辞書に登録済み。
この木の葉ブロックは表向きこそ葉ブロックと変わらなく見えるが、
内部データ的には葉ブロックとは別の属性のブロックになっており、
光を通さず、非常に硬く、燃えにくいものになっている。
レインボーオーク
(Rainbow Oak)
魔法の森(Enchanted Forest)バイオーム限定で散見される特殊な木。
原木はトワイライトオークのものが流用されているが、
サイズはバニラの樫の木とほぼ同じで、幹の太さも1x1で固定。
葉ブロック&苗木は専用のものが用意され、Forgeの鉱石辞書に登録済み。
ランダムな色の葉が非常にカラフルだが、それだけ。
(魔法の森の雑草と違って、リアルタイムでのスペクトル遷移もしない)
カラフルな以外は、これといって特殊な性質や効果は持たない。
時の木
(Tree of Time)
v1.15.0から追加。
リーフダンジョン(Leaf Dungeon)のチェスト、もしくは大木内のスポーン部屋から苗木として手に入れることが出来る。
近くによると時計がカチカチと鳴る音が聞こえる。
周囲の作物の生長を促す。

Magic Tree4種に共通することとして、下から3ブロック目にある絵が描かれている原木ブロックが効果を発揮しており、シルクタッチ付斧で回収可能。シルクタッチが付いていないと原木になる。
その回収したブロック単体で置いても効果を発揮する。
変化の木
(Tree of Transformation)
v1.15.0から追加。
リーフダンジョン(Leaf Dungeon)のチェスト、もしくは大木内のスポーン部屋から苗木として手に入れることが出来る。
近くによると音符ブロックの音が聞こえる。
周囲のブロックのテクスチャを魔法の森っぽく変化させる。
採掘の木
(Miner's Tree)
v1.15.0から追加。
リーフダンジョン(Leaf Dungeon)のチェスト、もしくは大木内のスポーン部屋から苗木として手に入れることが出来る。
鉱石磁石(ore magnet)のように鉱石を根元に集める。
分類の木
(Sorting Tree)
v1.15.0から追加。
リーフダンジョン(Leaf Dungeon)、もしくは大木内のスポーン部屋のチェストから苗木として手に入れることが出来る。
近くのチェストの中身において、1スタックに纏められるアイテムが有ると纏める・・・だけ。
sortつまり分類整理はしない模様。

◆原木・木材・葉・苗木
名前 画像 説明
トワイライトオークの原木
(Twilight Oak Wood)
トワイライトオークの葉
(Twilight Oak Leaves)
トワイライトオークの苗木
(Sickly Twilight Oak Sapling)
原木、葉、苗木は専用のだが、木材はバニラのオークのを流用。
バニラ同様、苗木は葉ブロックを壊した時に出るが、出現率は低い。
苗木は普通に時間経過で成長し、骨粉も使えるが、
通常世界の樫と同程度のミニサイズの木にしか成長しない。

大きな木にするにはリーフダンジョンのチェストに入っている、
「丈夫なトワイライトオークの苗木(Robust Twilight Oak Sapling)」を使わなければいけない。
原木はForgeの鉱石辞書に登録されており、他MODでも使える。
林冠木の原木
(Canopy Tree Wood)
林冠木の葉
(Canopy Tree Leaves)
林冠木の苗木
(Canopy Tree Sapling)
原木、葉、苗木は専用のだが、木材はバニラの松のを流用。
バニラ同様、苗木は葉ブロックを壊した時に出るが、出現率は低い。
苗木は普通に時間経過で成長し、骨粉も使える。
原木はForgeの鉱石辞書に登録されており、他MODでも使える。
マングローブの原木
(Mangrove Wood)
マングローブの葉
(Mangrove Leaves)
マングローブの苗木
(Twilight Mangrove Sapling)
原木、葉、苗木は専用のだが、木材はバニラの白樺のを流用。
バニラ同様、苗木は葉ブロックを壊した時に出るが、出現率は低い。
原木はForgeの鉱石辞書に登録されており、他MODでも使える。
ダークウッドの原木
(Darkwood Wood)
ダークウッドの葉
(Darkwood Leaves)
ダークウッドの苗木
(Darkwood Sapling)
原木、葉、苗木は専用のだが、木材はバニラの松のを流用。
バニラ同様、苗木は葉ブロックを壊した時に出るが、出現率は低い。
苗木は普通に時間経過で成長し、骨粉も使える。
この木の葉ブロックは硬く、光を通さず、従来よりも燃えにくい。
原木はForgeの鉱石辞書に登録されており、他MODでも使える。
レインボーオークの原木
(Twilight Oak Wood)
レインボーオークの葉
(Rainbow Oak Leaves)
トワイライトオークの苗木
(Rainbow Oak Sapling)
葉、苗木は専用のだが、原木はトワイライトオークのを流用。
バニラ同様、苗木は葉ブロックを壊した時に出るが、出現率は低い。
苗木は普通に時間経過で成長し、骨粉も使える。
葉の色が何色かは設置座標によって決定されている。


◆樹木以外のブロック
名前 画像 説明
地上
ホタル
(firefly)
林冠木、マングローブ、トワイライトオークに時々張り付いている。
明かりLv14の光源として機能。ブロックとして回収&再設置できる。
側面に限らず、ブロックの上面・下面にも貼り付けられるが、
松明と違って柵の上には立てられない。
またブロックの上面に設置した場合、常に北を向いて設置される。
セミ
(cicada)
トワイライトオークに時々張り付いている。
近くにいると鳴き声を発する。ブロックとして回収&再設置できる。
側面に限らず、ブロックの上面・下面にも貼り付けられるが、
松明と違って柵の上には立てられない。
またブロックの上面に設置した場合、常に北を向いて設置される。
ヒカリダケ
(Mushgloom)
闇の森(Dark Forest)、深淵の森(Dark Forest Center)、ランプ森(Lighted Forest)で生えている。
明るさLv3の光源効果を持ち、微量ながら明るい。
素手でも普通に回収可能。
ただし、今のバージョンではこれといって特に用途がない。

(Moss Patch)
#ref error : ファイルが見つかりません () v1.17.2から追加。
倒木の内部と上部に生えている。
ハサミで回収可能。
ただし、今のバージョンではこれといって特に用途がない。
メイアップル
(Mayapple)
#ref error : ファイルが見つかりません () v1.17.2から追加。
鬱蒼森林(Dense Twilight Forest)、沼地(Twilight Swamp)、サバンナ(Oak Savanna)で生えている。
和名はアメリカミヤオソウ。
ハサミで回収可能。
ただし、今のバージョンではこれといって特に用途がない。
地下
根ブロック
(Roots)
黄昏の森のy=32以下に、まばらに配置される。
直接回収はできず、壊すと木の棒3~4個をドロップ。
シルクタッチ付きの斧なら無傷で回収できる。
根ブロック(苔)
(Liveroots)
黄昏の森のy=32以下に、通常の根に混じってごく稀に配置される。
直接回収はできず、壊すと生きている根を1個をドロップ。
シルクタッチ付きの斧なら無傷で回収できる。
ひげ根
(Root Strands)
黄昏の森のy=32以下に、まばらに配置される。
直接回収はできず、壊すと消滅。
シルクタッチでも回収不能だが、ハサミなら無傷で回収できる。
逆さに生える植物で、土or草ブロックの下面にのみ設置可能。
トーチベリー
(Torchberry Plant)
黄昏の森のy=32以下に、通常のひげ根に混じって稀に配置される。
明るさLv8の光源効果を持ち、ほんのり明るい。
直接回収はできず、壊すとトーチベリーの実を1個ドロップ。
シルクタッチでも回収不能だが、ハサミなら無傷で回収できる。
逆さに生える植物で、土or草ブロックの下面にのみ設置可能。

◆バイオーム限定ブロック
名前 画像 説明
魔法の森(Enchanted Forest)
巻きシダ
(Fiddlehead)
魔法の森(Enchanted Forest)限定で生えている。
素手でも普通に回収可能。
ただし、今のバージョンではこれといって特に用途がない。
焼け沼(Fire Swamp)
噴煙ブロック
(Smoking Block)
焼け沼限定で自然配置され、ツルハシでなら回収可能。
(ただし真下が必ず溶岩なので、そのままでは必ず溶岩に落ちて焼失)
真下のブロックに関係なく、設置すると常時黒煙を噴き上げる。
草ブロックと同じく、バイオームに応じて色が変化する。
間欠炎ブロック
(Fire Jet)
焼け沼限定で自然配置され、ツルハシでなら回収可能。
(ただし真下が必ず溶岩なので、そのままでは必ず溶岩に落ちて焼失)
自身の下1マスが溶岩源または溶岩流ならば、
それを吸い上げつつ不定期間隔でダメージ1.0の間欠炎を噴き上げる。
草ブロックと同じく、バイオームに応じて色が変化する。
茨の大地(Thornlands)

(Thorns)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.0.3から追加。
茨の大地を構成する主要ブロックの1つ。
触れるとダメージを喰らう。
緑の茨
(Green Thorns)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.0.3から追加。
茨を破壊するとそこから伸びてくる。
触れるとダメージを喰らう。
焦げた茨
(Burnt Thorns)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.0.3から追加。
茨を灰のランプで燃やすことで焦げた茨になる。
体当たりした程度で崩れるほど脆い。
野バラ
(Thorn Rose)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.0.3から追加。
茨の大地にぽつぽつと咲いているバラ。
採取可能だが、茨にしか設置することができない。
茨の葉
(Thorn Leaves)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.0.3から追加。
茨の大地にぽつぽつと付いている葉。
デッドロック
(Deadrock)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.0.3から追加。
茨の大地と中央高地を構成する主要ブロックの1つ。
デッドロック(ヒビ)
(Cracked Deadrock)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.0.3から追加。
茨の大地と中央高地を構成する主要ブロックの1つ。
デッドロック(風化)
(Weathered Deadrock)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.0.3から追加。
茨の大地と中央高地を構成する主要ブロックの1つ。
高地(Highlands)
培養土
(Uberous Soil)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.3.2から追加。
栄養満点の土。作物の爆発的な成長を促す。
この土にトロールの洞窟で入手できる、あるアイテムを植えると…?

◆ダンジョン限定ブロック
名前 画像 説明
生垣迷路(Hedge Maze)
生垣ブロック
(Hedge)
生垣迷路を構成するブロック。
見た目は通常の葉ブロックと同じだが、非常に硬い。
更に上を歩いたり、破壊しようとするとダメージを受ける。
ナーガ神殿(Naga Courtyard)
ナーガストーン(尾)
(Nagastone)
ナーガ神殿の外壁の壁画部分に使われている専用の飾り石。
普通にツルハシで回収でき、特別な効果は無い。
並べて設置すると自動で隣り合う石と模様が連結する。
アイテムIDの異なる同名のアイテムが10種存在し、それぞれ微妙に異なる。
ナーガストーン(頭)
(Nagastone Head)
ナーガ神殿の外壁の壁画部分に使われている専用の石の頭部分。
これだけ名前が違うが、尾のブロック同様特別な効果は無い。
尾と違い、並べて設置しても特に連結したりはしない。
アイテムIDの異なる同名のアイテムが4種存在し、それぞれ微妙に異なる。
ラビリンス(Labyrinth)
メイズストーン(天井)
(Mazestone)
v1.11.11にて旧メイズストーンが生まれ変わったもの。
ラビリンスや残留する旧地下迷宮の構築に使われている専用建材。
一応木のつるはしでも掘れるが、採掘には黒曜石の2倍の時間を要し、
更に1個採掘するだけで耐久値が17も減少、つるはしがすぐ壊れる。
が、耐爆性は低く丸石と同程度。ピストンでも普通に押せる。
メイズストーン(壁/通常)
(Mazestone Brick)
仕様は上記のメイズストーンと同じ。
このブロックはラビリンスの壁の中央部分に使われる。
メイズストーン(壁/ヒビ)
(Cracked
Mazestone Brick)
仕様は上記のメイズストーンと同じ。
通常壁に混じって点々と配置されるひび割れ版。
メイズストーン(壁/苔)
(Mossy
Mazestone Brick)
#ref error : ファイルが見つかりません () 仕様は上記のメイズストーンと同じ。
通常壁に混じって点々と配置される苔が生えたブロック。
メイズストーン(壁/柱)
(Chiseled
Mazestone)
仕様は上記のメイズストーンと同じ。
このブロックはラビリンスの壁の柱部分に使われる。
メイズストーン(壁/紋様)
(Decorative
Mazestone Brick)
仕様は上記のメイズストーンと同じ。
このブロックはラビリンスの壁の上下段に使われる。
メイズストーン(床/通常)
(Mazestone
Mosaic)
仕様は上記のメイズストーンと同じ。
このブロックはラビリンスの床の通常部分に使われる。
メイズストーン(床/壁際)
(Mazestone
Border)
仕様は上記のメイズストーンと同じ。
このブロックはラビリンスの大部屋の床の壁際部分に使われる。
ダークタワー(Dark Tower)
タワーウッド
(Towerwood Planks)

v1.14.0で追加。ダークタワーを構成する主要ブロックの1つ。
名前こそTowerwoodだが、つるはしでも斧でも高速撤去はできない。
そして撤去には黒曜石の倍近い時間を要する程に硬い。
メイズストーンと違って耐爆性も非常に高く、ほとんど隙が存在しない。

v1.18.1現在では時間がかかるものの撤去することが可能で、適正ツールは斧。
効率強化をつけたダイヤ斧があれば割と簡単に撤去できる。
また対爆性も低くなりクリーパーの爆発で簡単に壊れるようになった。
これは他のダークタワーを構成するブロックにも当てはまる。
タワーウッド(ヒビ)
(Cracked Towerwood)
ダークタワーを構成する主要ブロックの1つ。
性質は通常のタワーウッドとほぼ同じで、ひび割れがはいっているだけ。
通常のタワーウッドより少し破壊しやすい。
タワーウッド(苔)
(Mossy Towerwood)
ダークタワーを構成する主要ブロックの1つ。
性質は通常のタワーウッドとほぼ同じで、苔むしているだけ。
タワーウッド(シミ)
(Infested Towerwood)
ダークタワーを構成する主要ブロックの1つ。
バニラの要塞のように、破壊するとニカイメチュウがスポーンする。
タワーウッド(縁)
(Encased Towerwood)

v1.14.0で追加。ダークタワーを構成する主要ブロックの1つ。
性質は通常のタワーウッドとほぼ同じで、名前&見た目が違うだけ。
タワーウッド(扉)
(Reappearing Block)
ダークタワー内にある扉代わりのタワーウッド。
右クリックするか赤石動力を受けると開き、ある程度時間が経つと元に戻る。
複数個繋げればその分開閉するので、2マス以上の大きな扉をつくることができる。
また、開いている間は光を通すので、うまく使えばスイッチで光を取り込む天窓など幅広い用途で使う事が可能。
タワーウッド(消失扉)
(Vanishing Block)

v1.14.0で追加。ダークタワー内にある扉代わりのタワーウッド。
右クリックするか赤石動力を受けると開いてそのまま消える(再度閉じずに開いたまま)
タワーウッド(施錠)
(Locked
Vanishing Block)
#ref error : ファイルが見つかりません () ダークタワー内にある扉代わりのタワーウッドのうち、鍵がかかっているもの。
これにタワーキーをはめることで開けることができ、そのまま消える。(再度閉じずに開いたまま)
タワーウッド(開錠)
(Unlocked
Vanishing Block)
ダークタワー内にある扉代わりのタワーウッドのうち、鍵がかかっていた状態をを開錠したもの。
カーマイトビルダー
(Carminite Builder)
ダークタワーに設置されているギミックの一つ。
赤石動力を加えると作動し、プレイヤーが向いている方向へ一定間隔ごとに足場を生成する。
この足場は他のブロックにぶつかるか、ある程度時間が経つまで生成され、
その後、ビルダーに接している足場から次第に消えていく。
このギミックを使わないと進めない箇所があるため注意。
斧で回収できるので下記のアンチビルダー対策に2~3個回収しておくとよいだろう。
アンチビルダー
(Anti-builder)
ダークタワーに設置されているギミックの一つ。回収することはできないが破壊可能(適正ツールは斧)。
このブロックの近くではプレイヤーが設置したブロックが瞬時に破壊され、
また破壊されたダークタワーのブロックを別のブロックに置換する。
破壊しなくても先に進むことはできるが、破壊すれば楽に攻略ができる。
カーマイトビルダーで生成されるブロックは破壊されないので、%br()破壊しにくい場所にある場合はこれを駆使して破壊しに行こう。
カーマイトリアクター
(Carminite Reactor)
ダークタワーに設置されているギミックの一つ。
レッドストーンブロックを上下左右六方向に設置することで作動し、
周囲のブロックを変化させながら爆発、カーマイトガストリングを数匹スポーンさせる。
現在、この効果が失敗なのか、他に何か作用があるかは不明。
ガストトラップ
(Ghast Trap)
ダークタワーに設置されているギミックの一つ。
頂上に設置されており、周囲のカーマイトガストリングを倒すことでエネルギーがチャージされる。
フルチャージのときに赤石動力を加えると、ウルガストを引き寄せるビームを発射する。
ウルガストがこのビームを受けるとダメージが連続で入り、
また地面に引きずり降ろされるので近接攻撃が可能になる。
大きなチャンスを得られるのでうまく活用しよう。
ゴブリン騎士の拠点(Goblin Knight Stronghold)
アンダーブリック
(UnderBrick)
#ref error : ファイルが見つかりません () ゴブリン騎士の拠点を構成する主要ブロックの1つ。
通常のレンガブロックと同じくらいの硬さ。
v1.20.2で今の名称に変更になった。
アンダーブリック(ヒビ)
(Cracked UnderBrick)
#ref error : ファイルが見つかりません () ゴブリン騎士の拠点を構成する主要ブロックの1つ。
性質は通常のアンダーブリックとほぼ同じ。
v1.20.2で今の名称に変更になった。
アンダーブリック(苔)
(Mossy UnderBrick)
#ref error : ファイルが見つかりません () ゴブリン騎士の拠点を構成する主要ブロックの1つ。
性質は通常のアンダーブリックとほぼ同じ。
v1.20.2で今の名称に変更になった。
拠点の防壁
(Stronghold Shield)
#ref error : ファイルが見つかりません () ゴブリン騎士の拠点の床の下に埋まっているブロック。
黄緑の面と赤の面があり、黄緑の面からしか破壊できない。
そのため真下掘りで下の階層に行けないようになっている。
トロフィーの台座
(Latent
Trophy Pedestal)
#ref error : ファイルが見つかりません () ゴブリン騎士の拠点の入口にあるブロック。
上に何かのボスのトロフィーを置くと入口から入れるようになる。
トロフィーの台座
(起動後)
(Trophy Pedestal)
#ref error : ファイルが見つかりません () ゴブリン騎士の拠点の入口にあるブロック。
上に何かのボスのトロフィーを置いた後、この状態になる。
オーロラの宮殿(Aurora Palace)
オーロラブロック
(Aurora Block)
#ref error : ファイルが見つかりません (aurora1.png) v1.20.1から追加。
氷河に生成される「オーロラの宮殿」の外壁となる。
素手で簡単に回収できるが、相当柔らかい(効率強化4~5がついたシャベルで土を掘るくらいのスピードで掘れる)ので、
タワーの上から下に向かって一気に回収しようとすると落下死の危険性あり。

⇒v2.2.1より、破壊には素手を含む全ツールで同一3秒ほどかかるようになった。
色はレインボーオークの葉とは若干異なり、y座標に関係無く、xとz座標によって決まっている。
つまり並べるだけでグラデーションを作成できるが、縦に積んでもグラデーションはできず、1色の柱となる。
一応周期も存在する。(未確認。256マス程度?)
アイテム化すると白いブロックだが、配置すれば色が付く。
⇒v2.2.1より、基本色としては青という扱いになった模様。
なお、このブロックは不透過ブロックである。
オーロラ柱
(Aurora Pillar)
#ref error : ファイルが見つかりません () 編集中
オーロラ材
(Aurora Slab)
#ref error : ファイルが見つかりません () 編集中
トロールの洞窟(Troll Caves)
巨大な黒曜石
(Giant Obsidian)
#ref error : ファイルが見つかりません () 編集中
トロール鉱石
(Trollsteinn)
#ref error : ファイルが見つかりません () v.2.3.2で実装。試験実装と思われる。使い道なし。
天上人の小屋(***)

(Fluffy Cloud)
#ref error : ファイルが見つかりません () 編集中
薄雲
(Wispy Cloud)
#ref error : ファイルが見つかりません () 編集中
巨大な丸石
(Giant Cobblestone)
#ref error : ファイルが見つかりません () 編集中
巨大な原木
(Giant Log)
#ref error : ファイルが見つかりません () 編集中
巨大な葉
(Giant Leaves)
#ref error : ファイルが見つかりません () 編集中

◆特殊ブロック
名前 画像 説明
特殊
月光虫
(Moonworm)
「月光虫の女王」により設置された月光虫。自然状態には存在しない。
明かりLv14光源として機能する他、時々モゾモゾ蠢く。
ホタルやセミと同様、ブロックの上面・下面にも貼り付けられるが、
やはり柵の上には立てられず、また撤去すると消滅する。
が、そもそも半無限に設置できるので回収できなくても困らない。
噴煙制御ブロック
(Encased Smoker)
#ref error : ファイルが見つかりません () v1.17.1から追加。
クラフトボックスのマスの真ん中に噴煙ブロック、上下左右にレッドストーン、
四隅にタワーウッド(縁)を並べることで作成可能。
レッドストーン装置で制御可能な噴煙ブロックになる。
間欠炎制御ブロック
(Encased Fire Jet)
#ref error : ファイルが見つかりません () v1.17.1から追加。
クラフトボックスのマスの真ん中に間欠泉ブロック、上と左右にレッドストーン、
右上、左上にタワーウッド(縁)、下3つにバケツに入った溶岩を並べることで作成可能。
レッドストーン装置で制御可能な間欠泉ブロックになる。
極太の茎
(Huge Stalk)
#ref error : ファイルが見つかりません () 天まで届く巨大な豆の木を構成するブロック。

◆アイテム
名前 画像 説明
地上
生の鹿肉
(Raw Venison)
鹿を倒すと1~3個ドロップ。
名前が変わっただけで、効果は牛生肉と同じ(食べると満腹度+1.5)
鹿肉ステーキ
(Venison Steak)
生の鹿肉を精錬すると手に入る。
名前が変わっただけで、効果はステーキと同じ(食べると満腹度+4.0)
瓶詰めホタル
(Firefly Jar)
ホタル1 + 空のポーション瓶1 (並べ方自由)
明るさLv9の光源として機能。
インテリア用のアイテムであり、特殊な機能や用途などは無い。
トーチベリーの実
(Torchberries)
地下でそこそこ見つかるトーチベリーから手に入る。
松明作成の他、女王月光虫を扶育するのに必要。
亡霊鉱山(大)のトレジャーチェストから出る事もある。
カラスの羽根
(Raven's Feather)
黄昏の森(地上)で稀に見つかるカラスを倒すと0~2個落とす。
魔法の羽根
(Magic Map Focus)
カラスの羽根1 + トーチベリー1 + 光石粉(グロウストーンダスト)1 (並べ方自由)
マジックアイテムのコアとなる魔力焦点具。
カラスの羽根に魔力を付与する事で作成する。
v1.12.3でレシピ変更、ブレイズパウダーがトーチベリーに。
生きている根
(Liveroot)
地下で稀に見つかる苔むした根ブロックから入手。
樹鉄インゴットの原料になる。
亡霊鉱山(小)のトレジャーチェストから出る事もある。
樹鉄の素
(Raw Ironwood Materials)
生きている根1 + 鉄インゴット1 + 金塊1 (並べ方自由)
樹鉄インゴットの材料になるアイテム。
地図
魔法の地図(地上)
(Blank Magic Map)
焦点具(地上用)1 + 紙8
周辺のバイオーム分布が確認できる特殊な地図。
黄昏の森Dimension内ではダンジョンの分布まで表示されるので、
地理の把握や攻略用として非常に優秀。
v1.12.0以降(MC1.4.2)以降はバニラの地図の仕様変更にならい、
作成した時点ではまだ白紙、地図として機能し始めず、
作成後に任意の地点で地図を右クリック使用する事で、
その座標が所属する縦2048x横2048エリアを表示するようになった。
魔法の地図(迷宮)
(Blank Maze Map)
焦点具(迷宮用)1 + 紙8
任意の高度(=Y座標)に依拠して真上から見た輪切り断面図を表示、
特定高度を基準とする地下探索に特化した地図。
洞窟探索などに便利だが、作成時のy座標±2までが表示有効限界で、
それより上か下にずれるとプレイヤーポインタが表示されず、
地図の更新も行われないため、高低差のある立体地形には向かない。
v1.12.0以降は作成した時点ではまだ地図として機能し始めず、
作成後に任意の座標で地図を右クリック使用する事で、
そこを基点とした縦±50、横±50、高±2範囲を表示するようになった。
魔法の地図(鉱石)
(Blank Maze/Ore Map)
魔法の地図(迷宮用)1 + 鉄ブロック1 + 金ブロック1 + ダイヤブロック1
魔法の地図(迷宮用)に鉱石分布表示機能が追加されたもの。
レッドストーンは赤、ラピスラズリは青など、対応した色で表示する。
基本的な性質は迷宮用の地図に準拠。
v1.12.0以降は作成した時点ではまだ地図として機能し始めず、
作成後に任意の地点で地図を右クリック使用する事で、
そこを基点とした縦±50、横±50、高±2範囲を表示するようになった。
地図の複製(地上)
(Copy Magic Map)
既存の地図(地上)1 + 白紙の地図(地上)1 (並べ方自由)
v1.13.1で追加された魔法の地図の複製レシピ。
バニラの地図と同じ方式での、既にある魔法の地図(地上)を複製する。
地図の複製(迷宮)
(Copy Maze Map)
既存の地図(迷宮)1 + 白紙の地図(迷宮)1 (並べ方自由)
v1.13.1で追加された魔法の地図の複製レシピ。
バニラの地図と同じ方式での、既にある魔法の地図(迷宮)を複製する。
地図の複製(鉱石)
(Copy Maze/Ore Map)
既存の地図(鉱石)1 + 白紙の地図(鉱石)1 (並べ方自由)
v1.13.1で追加された魔法の地図の複製レシピ。
バニラの地図と同じ方式での、既にある魔法の地図(鉱石)を複製する。
地図のリライト(地上) 魔法の地図(地上用) + 紙1 (並べ方自由)
紙を1枚消費して、既存の魔法の地図(地上用)を未使用状態に戻す。
v1.12.3以降、このレシピは削除されリライト不可になった。
地図のリライト(迷宮) 魔法の地図(迷宮用) + 紙1 (並べ方自由)
紙を1枚消費して、既存の魔法の地図(迷宮用)を未使用状態に戻す。
v1.12.3以降、このレシピは削除されリライト不可になった。
地図のリライト(鉱石) 魔法の地図(鉱石用) + 石炭1 + 赤石粉1 + 紙1 (並べ方自由)
既存の魔法の地図(鉱石用)を未使用状態に戻す。
v1.12.3以降、このレシピは削除されリライト不可になった。
黄昏の森固有のツール&アーマー
樹鉄インゴット
(Ironwood Ingot)
樹鉄の素1 をかまどで精錬 ⇒ 2個
樹鉄ツール&アーマーの材料となる新素材。
生きている根由来の魔力を帯びており、魔法的な性質を持つ。
各地のトレジャーチェストからも頻繁に入手できる。
v1.12.0で生成数が1個から2個に増え、量を確保しやすくなった。
樹鉄ツール各種
(Ironwood Pick)
(Ironwood Axe)
(Ironwood Shovel)
(Ironwood Sword)
(Ironwood Hoe)
つるはし・斧・シャベル・剣・クワの5種類。
採掘速度と攻撃力は鉄ツールと同等。
ただし耐久値が513と、鉄の2倍以上ある(黒曜石は採掘不可)
更に作成と同時に固有のLv1エンチャントがついてくる。
何が付くかはツールによって固定であり、何度試しても同じ結果。
・つるはし ⇒ Efficiency I (効率強化1)
・斧 ⇒ Fortune I (幸運1)
・シャベル ⇒ Unbreaking I (耐久力1)
・剣 ⇒ Knockback I (ノックバック1)
・クワ ⇒ なにもつかない
各地のトレジャーチェストからも稀に完成品が手に入る事があり、
その場合はエンチャントが一切ついていないものや、
作成時とは別のエンチャントが複数個ついているものが入手できる。
樹鉄アーマー一式
(Ironwood Helm)
(Ironwood Plate)
(Ironwood Legs)
(Ironwood Boots)
頭・胴・脚・足の4種類。
一式装備時の防御力が鉄アーマーよりもほんの僅かに高く、
耐久値も鉄製の1.33倍(ダイヤの0.6倍)ある防具。
(鉄防具が一式装備でAP7.5なのに対して、こちらはAP8.0)
更に作成と同時に固有のLv1エンチャントがついてくる。
何が付くかは部位によって固定であり、何度試しても同じ結果。
・頭 ⇒ Aqua Affinity I (水中採掘1)
・胴 ⇒ Protection I (ダメージ軽減1)
・脚 ⇒ Protection I (ダメージ軽減1)
・足 ⇒ Feather Falling I (落下耐性1)
各地のトレジャーチェストからも稀に完成品が手に入る事があり、
その場合はエンチャントが一切ついていないものや、
作成時とは別のエンチャントが複数個ついているものが入手できる。
葉鋼
(Steeleaf)
葉鋼ツール&アーマー作成用の素材。
主にラビリンスのトレジャーチェストから手に入る。
それ以外のトレジャーチェストからも稀に出る事もあるが、少量。
「Steel Leaf(鋼鉄の葉)」ではなく「Steeleaf(ハガネ)」。駄洒落。
葉鋼ツール各種
(Steeleaf Pick)
(Steeleaf Axe)
(Steeleaf Shovel)
(Steeleaf Sword)
(Steeleaf Hoe)
v1.11.11から追加。つるはし・斧・シャベル・剣・クワの5種類。
採掘速度と攻撃力はダイヤツールと同等、黒曜石も採掘できるが、
耐久値が石ツール並(132)しかない高性能・低耐久のツール。
樹鉄ツールと同様、作成と同時に固有のLv2エンチャントが付与され、
耐久度が低い点を除けば樹鉄ツールの上位互換になっている。
・つるはし ⇒ Fortune II (幸運2)
・斧 ⇒ Efficiency II (効率強化2)
・シャベル ⇒ Efficiency II (効率強化2)
・剣 ⇒ Looting II (ドロップ増加2)
・クワ ⇒ なにもつかない
ラビリンスのトレジャーチェストからも稀に完成品が手に入る事があり、
その場合はエンチャントが一切ついていないものや、
作成時とは別のエンチャントが複数個ついているものが入手できる。
葉鋼アーマー一式
(Steeleaf Helm)
(Steeleaf Plate)
(Steeleaf Legs)
(Steeleaf Boots)
v1.11.11から追加。頭・胴・脚・足の4種類。
上記の葉鋼ツールと違って、耐久値は樹鉄アーマーと全く同じ。
(一式装備でAP=8.0、耐久値=鉄一式の1.33倍)
ただし作成と同時につく固定エンチャントはより高性能になっている。
・頭 ⇒ Projectile Protection II (飛び道具耐性2)
・胴 ⇒ Blast Protection II (爆発耐性2)
・脚 ⇒ Fire Protection II (火炎耐性2)
・足 ⇒ Feather Falling II (落下耐性2)
ラビリンスのトレジャーチェストからも稀に完成品が手に入る事があり、
その場合はエンチャントが一切ついていないものや、
作成時とは別のエンチャントが複数個ついているものが入手できる。
断寒毛皮
(Arctic Fur)
#ref error : ファイルが見つかりません () 寒冷地の極寒に耐えうるあったか毛皮。
断寒アーマー作成用の素材。
針葉樹林のウィンターウルフ、またはイエティの隠れ家のイエティから入手できる。
断寒アーマー一式
(編集中)
(編集中)
(編集中)
(編集中)
#ref error : ファイルが見つかりません () 頭・胴・脚・足の4種類。
ダンジョンのトレジャー + その派生
魔法の金貨
(Maze Map Focus)
v1.12.3で入手経路が変化した。
レッドキャップ、レッドキャップ工兵、ミノタウロスの3種が、
レアドロップとして約2%の確率で落としもするが、
ラビリンスのトレジャーチェスト(Rank2)内に高確率で入っているので、
より安定して確保したいならそちらに頼る方が確実。
解体作業台
(Uncrafting Table)
魔法の金貨1 + 作業台8
v1.10.0から追加。以下の4つの機能を持つ魔法の作業台。
1.通常の作業台としての機能
2.Uncraft機能(レシピ作成可能なアイテムを元素材に還元)
3.Rapair機能(素材を使ってツールおよびアーマーの修復)
4.Remake機能(ツールおよびアーマーを別の素材製のに作りかえる)
ただしUncraftとRemakeには相応の経験値消費が必要となる。
v1.13.0以降は、亡霊鉱山(中)のトレジャーチェストからも稀に出る。
鍵の護石Lv1
(Charm of Keeping I)
v1.13.0で実装。様々なダンジョンのトレジャーチェストから入手。
また、迷宮スライムが約2%の確率でだがレアドロップする事もある。
所持しているとプレイヤーの死亡時に発動&消費され、
死亡時の装備(防具+手に持っていたアイテム)が地面に撒かれず、
リスポーン後にそのまま持ち越される。
発動優先順位は、命Lv2>命Lv1>鍵Lv3>鍵Lv2>鍵Lv1。
鍵の護石Lv2
(Charm of Keeping II)
鍵の護石(Lv1)4 (並べ方自由)
v1.13.0で実装。トレジャーチェストからは出ない。
Lv1と同じ効果だが、持ち越されるアイテムの範囲が拡大しており、
防具欄4スロット+クイックバー9スロットのアイテムが持ち越される。
鍵の護石Lv3
(Charm of Keeping III)
鍵の護石(Lv2)4 (並べ方自由)
v1.13.0で実装。トレジャーチェストからは出ない。
Lv1と同じ効果だが、持ち越されるアイテムの範囲が拡大しており、
プレイヤーのインベントリ内の全アイテムが持ち越される。
命の護石Lv1
(Charm of Life I)
v1.13.0で実装。様々なダンジョンのトレジャーチェストから稀に入手。
(鍵の護石Lv1と比べて、出現確率は非常に低い)
所持しているとプレイヤーが致死ダメージを受けた際に自動発動し、
GameOverになるのを回避しつつHPをハート5.0まで回復、
更に再生Lv1のポーション効果を5秒付与しつつ、自身は砕け散る。
発動優先順位は、命Lv2>命Lv1>鍵Lv3>鍵Lv2>鍵Lv1。
命の護石Lv2
(Charm of Life II)
命の護石(Lv1)4 (並べ方自由)
v1.13.0で実装。トレジャーチェストからは出ない。
Lv1と同じ効果だが、発動時の回復効果が増大しており、
ハート10.0回復+再生Lv4/全耐性Lv1/耐火Lv1を30秒間付与する。
亡霊鉱山(小)(中)(大)限定トレジャー
魔法の粉
(Transformation Powder)
亡霊鉱山(小)(中)(大)、またはメイジタワーのチェストから入手。
消耗品。右クリックで振りかけると、モブを別なモブに変化させる。
どのモブがどのモブに変わるかは種によって固定だが、
基本的にある程度類似する形で、黄昏の森のモブはバニラのモブに、
バニラのモブは黄昏の森のモブに、それぞれ対応して変化する。
TwilightForestのモブの方が種類が多い関係で、
一部のバニラのモブには振りかけても何の効果も表れない。
鉱石磁石
(Ore Magnet)
亡霊鉱山(小)(中)(大)、またはメイジタワーのチェストから入手。
耐久値13。溜めてから離す事で、地中の鉱石を地表まで引きずり出す。
引きずり出されるのはマウスカーソルの延長線上にある内の、
最も近くにある石炭以外の鉱石ブロック(※石炭鉱石は効果の対象外)
鉱石が元あった場所のブロックは焼石に置換される。
ただ、この効果で引きずり出した鉱石の数だけ耐久値を消費するので、
元々耐久値が25しかないのもあり、数回の使用で壊れてしまう。
他MODで追加された鉱石ブロックに関しても、
その鉱石が英語名に「Ore」を含むものならば効果対象となる。
孔雀扇
(Peacock Feather Fan)
亡霊鉱山(中)、またはメイジタワーのチェストから超低確率で入手。
耐久値1025。右クリックで耐久値を1消費し前方に突風を放つ。
この突風はモブをダメージなしでノックバックさせる他、
各種の作物・苗木・雑草・キノコ・花などをドロップアイテム化させるが、
有効判定がシビアかつランダムで効果が表れない事が多い。
またジャンプ中に右クリックで使った場合、
高さ12マス程ものハイジャンプができるが落下ダメージは無効化せず、
平地で使うと4.5~5.5ほども落下ダメージを受けて結構危険。
女王月光虫
(Moonworm Queen)
v1.13.0で実装。亡霊鉱山(大)のトレジャーチェストから超低確率で入手。
耐久値257。ブロックに対して右クリックで使用すると、
耐久値を1消費し、松明と同じ明るさの「月光虫(Moonworm)」を設置する。
実質257本の松明が纏まっている等しいアイテムであり、
虫の見た目が若干キモい事を除けば非常に優秀な照明設置具になる。
更に、弓のように引き絞ってから離す事で月光虫を射出、
プレイヤーの手が届かない遠方や高所にも、
まるで蛍光ペイントガンのように月光虫を貼り付け設置する事ができる。
※ただし射出モーションや設置音などは逐一キモい。
女王月光虫の充填
(Recharged Queen)
女王月光虫(枯渇)1 + トーチベリー3 (並べ方自由)
更にトーチベリー3個とクラフトする事で、
使い切った女王虫の使用回数を再充填、耐久値Maxに戻す事もできる。
充填できるのは完全に使い切った耐久値0の女王虫に対してのみ。
色食みの羊のドロップ
山鳴りの角笛
(Crumble Horn)
v1.13.0で実装。色食みの羊のクエスト達成時の報酬としてのみ入手。
耐久値1025。マウスの右ボタンを押しっぱなしの間、
プレイヤーの正面前方5x5x5範囲内にある石を徐々に崩していく。
石系のごく一部のブロックに対してしか効果がなく、
更に石1個を1回崩す毎に耐久値を1消費するので、
濫用すると1025ある耐久値もあっという間になくなってしまう。
・焼石>丸石>砂利>砂利(矢尻)のドロップアイテム化
・石レンガ>ひび割れた石レンガ
ナーガのドロップ + その派生
ナーガの鱗
(Naga Scale)
ボス「ナーガ」を倒すと6~10個ほど手に入る。
ナーガ防具(胴・脚のみ存在)を作るのに使用する。
v1.13.0以降、亡霊鉱山のトレジャーチェストからも稀に出る事があるが、
非常に確率が低い上、出ても1~2個しか入っていない。
ナーガアーマー(胴)
(Naga Scale Tunic)
ナーガの鱗8
AP+3.5 耐久値337 (=鉄以上ダイヤ以下の性能)
v1.11.4で付与エンチャントがランダムではなく固定になり、
作成と同時に必ず「火炎耐性Lv3」が付くようになった。
兜と靴は存在しない。
ナーガアーマー(脚)
(Naga Scale Leggings)
ナーガの鱗7
AP+2.5 耐久値316 (=鉄以上ダイヤ以下の性能)
v1.11.4で付与エンチャントがランダムではなく固定になり、
作成と同時に必ず「全ダメージ軽減Lv3」が付くようになった。
兜と靴は存在しない。
リッチのドロップ + その派生
魔弾の杖
(Scepter of Twilight)
ボス「リッチ」を倒した際に3種の中からランダムで1つ落とす。
右クリックでリッチも使用していた魔法弾を発射。
Mobに命中すると防御力を貫通して3.0ダメージ与える。弾速は弓等に比べると遅い。
貫通ダメージで連射速度もそこそこ速いため、面倒なリッチ第一段階の金の盾を一瞬で剥がす事ができる。
遠距離攻撃はテレポートを繰り返すリッチに対して相性が良く、最大充填で3.0*99ダメージを与えられるため、これ一本でリッチを討伐する事も可能。
しかも充填に使用するエンダーパールはリッチの確定ドロップなためケチらず撃ち尽くすことができる。
強力な武器を持っていない場合は試してみるといい(もっとも、これを手に入れるためには最低一回以上リッチを倒さなくてはならないが)。
また弓は溜めが必要なのに対し、右クリックした瞬間玉が出るため素早く移動しながら攻撃できるのも地味ながら非常に嬉しい。
しかし雑魚戦では扱いやすくはあるものの「非常に強力」とは言えない。
弾速が遅いため遠距離の的には当てづらく、近距離では剣の方が安全に戦え、貫通性能も雑魚に対してはほぼ無意味。
また例えばゾンビ等に使ってみるとわかるが、ノックバックで的がずれて連射していると結構外れる。
連射速度にものを言わせてバラまくよりは一発一発確実に当てていくつもりでしっかり狙っていこう。
しかしそれでも中距離武器としての性能は充分に高いのだが、最大の欠点として充填に使うエンダーパールが貴重なアイテムであるため気軽に使えないという事がある。
更に雑魚戦等に常用するには後述の吸精の杖や召喚の杖、特に吸精の杖の方が扱いやすい。
エンダーマンを乱獲できるようになるまではリッチ戦専用武器として割り切ってもいいかもしれない。
しかし汎用性は高く後のリッチ狩りに大きく役立つため、最初のリッチ戦ではこれのドロップが望ましい。
これだけでなく全ての杖に言えることだが、充填アイテムがインベントリを圧迫する。冒険の際はよく考えて目的や状況に合わせて持っていこう。
吸精の杖
(Scepter of Life Draining)
ボス「リッチ」を倒した際に3種の中からランダムで1つ落とす。
マウスカーソルが合っているMobから、体力と満腹度を吸収する。
与えるダメージに対して、吸収効率はあまり良くない。ゾンビ一体でどちらも2.5ほど回復する。
この杖による攻撃で敵を倒すと死体が倒れるアニメーション無しに消え、「パツン」というような独特のSEが鳴り肉片が散る、早い話がはじけ飛ぶ。養鶏所の鶏等をこれで大量殺戮するとなかなか爽快。
また魔弾の杖と違い、右クリックではなく右ボタン長押しで使用。
そのため魔弾の杖と比べて消耗が非常に激しい。
地味に地形を貫通する能力があり、壁越しに敵を攻撃できる。
この能力が役に立つシーンは意外と多く、体力が高く面倒なミノッシュルームをフェンス越しで楽に弾けさせることができる。
連続でヒットさせると敵がその場で浮いていく。カーソルをしっかり合わせれば遠距離攻撃を持たない敵は全て無力化できる。
特筆すべきはその充填のしやすさにあり、黄昏の森には蜘蛛系の敵が多く茶キノコもそこらじゅうに生えているため発酵クモの目を簡単に作る事ができる。
常にインベントリに20個ほど入れておけば魔力の枯渇により困ることは無くなるだろう。
戦闘中に攻撃しながら体力を回復できる特性は非常にありがたく、継続戦闘能力が格段に上がる。
厄介なスケルトンも1対1なら受けるダメージより回復する方が多いためゴリ押しで倒せる。
満腹度も回復するため、これを使っていれば食料の消費が大きく抑えられるのも地味に嬉しい。
ただし火力は低く使用中は移動速度も大きく下がり更にノックバックもほぼ皆無なため、混戦状態では産廃と化す。
開けた場所で複数の敵を相手取る時は、ノックバック付きの剣で敵との距離を離してからトドメに使用したり、そもそも使わないという賢い選択肢がある。
また敵との間に常に当たり判定が出続けるような仕様のため、マルチで味方が射線に入ってくると即誤射が発生する。
味方が前に出ているときは使わない、使用する際は事前にチャット等を使って注意を呼びかける等、なんにせよ細心の注意を払いたい。
黄昏の森には蚊柱やレイスなどこいつらからいったい何を吸収するんだと叫びたくなる敵もいるがしっかり回復できるので安心して欲しい。
召喚の杖
(Zombie Scepter)
ボス「リッチ」を倒した際に3種の中からランダムで1つ落とす。
地面に右クリックで使用すると、その場に「Loyal Zombie」を召喚する。
これは体力、防御力、移動速度が通常のZombieの2倍で、
日光に耐性を持ち、攻撃力がダイヤ剣と同等、更には懐き狼と同様に
一定距離離れるとワープして着いてくる非常に優秀な下僕ゾンビ。
ただし召喚後60秒経つと自然発火、炎上して死亡する。仕方ないね。
だが扱いは普通の炎上なので雨が降っている間なら当然火が着かず、炎上のダメージを一切受けない。
狼と違い死んでも全く構わないため気楽に突撃させる事ができる。
混戦状態では単純に戦力として、またデコイとして非常に優秀。
杖を使用したら自分はさっさと安全圏に逃走し、ゾンビやスケルトンの群れを次々なぎ倒していくゾンビ部隊を遠くから見てニヤニヤしてもいい。ネクロマンサー気分を味わいたいあなたに。
1対1で使用するとゾンビの召喚時間を8割以上無駄にするだろう。ケチな人はせっかく出したのに勿体無いと思うかもしれない。そんなときは効果時間いっぱい敵を探し回ってみると本末転倒でおすすめだ。
特定の場面で素晴らしい性能を発揮するが、それ以外の場面では産廃。汎用性に欠けるため正直これより他の2つが手に入ったほうが嬉しいかも。
3種類全て使いたい人はボス戦では魔弾、常用では吸精、緊急時や混戦に召喚と使い分けるといいだろう。なおインベントリの空きは減る。すごく減る。
マルチでの使用は危険。ほかのプレイヤーが召喚したゾンビに攻撃してしまうとこちらに敵対し襲いかかってくる。
リッチ戦でこれを使用してしまうと味方と敵の区別がつかなくなって大変な事になる。マルチで使用すればこの世の地獄を見られる。
ブレイズのスポーンブロックはダークタワー内部に存在するため、充填用アイテムの確保には困らないはず。
ただ、力のポーションがスタックできないという致命的な欠点がある。インベントリ拡張系のMODやエンダーチェスト、ver1.6.1で追加されたロバまたはラバがいると格段に使いやすくなるが、この杖だけ最大充填数が9しかないのでやはり乱用はできない。
Loyal Zombieが村人を殺しても村人はゾンビ化しない。残念ながら、ゾンビ部隊で村を襲っても村人がゾンビ化して部隊に加わり阿鼻叫喚というわけにはいかないようだ。
杖のリチャージ(魔弾) 魔弾の杖(枯渇)1 + エンダーパール1 (並べ方自由)
杖に魔力を充填、使用回数を99回に戻す。
完全に使い切った(Charge:0)の杖にしかリチャージできない。
杖のリチャージ(吸精) 吸精の杖(枯渇)1 + 発酵したクモの目1 (並べ方自由)
杖に魔力を充填、使用回数を99回に戻す。
完全に使い切った(Charge:0)の杖にしかリチャージできない。
杖のリチャージ(召喚) 召喚の杖(枯渇)1 + ゾンビ肉1 + 力のポーション1 (並べ方自由)
杖に魔力を充填、使用回数を9回に戻す。
完全に使い切った(Charge:0)の杖にしかリチャージできない。
ヒドラのドロップ + その派生
ヒドラ肉
(Hydra Chop)
ボスのヒドラが約20~30個ドロップ。
最初から焼けておりこれを更に精錬する事はできない。
食べると満腹度が9.0も回復し、
更に追加で5秒間「持続回復(Regeneration)」のポーション効果。
(1.25秒毎にHP0.5回復x4回)
焦熱の血
(Fiery Blood)
ボスのヒドラが6~10個ドロップ。
死して尚熱持つヒドラの血液。焦熱インゴットの原料になる。
ヒドラトロフィー
(Hydra Trophy)
ボスのヒドラが必ず1個ドロップ。
焦熱インゴット
(Fiery Ingot)
鉄インゴット1 + 焦熱の血1
焦熱ツール&アーマーの材料となる。
持ち主を傷つけずに敵だけを焼く、竜の炎由来の魔法的な性質を持つ。
焦熱のつるはし
(Fiery Pick)
斧・シャベル・クワは存在しない。
耐久値1025。攻撃力&採掘速度=ダイヤと同等。黒曜石は採掘不可。
専用効果「Auto-smelting」は厳密にはエンチャント扱いでなく、
解体作業台を使っても他に移せないこのつるはし固有の特殊能力。
実際、作成後に改めてエンチャントを付与する事ができる。
対象ブロックを破壊した際にドロップする予定のアイテムが、
かまどで精錬可能だった場合、精錬後のアイテムに強制置換される。
つるはしの管轄外である砂や原木に対しても有効。
他MODで追加されたブロックに対しても、条件を満たすなら有効。
モブを攻撃した場合、追加効果で炎上(14秒、7.0ダメージ)を付与する。
焦熱の剣
(Fiery Sword)
耐久値1025。攻撃力=4.0(ダイヤ剣よりも0.5高い)
作成と同時に「炎の刻印 I (Fire Aspect I)」のエンチャントが付与される。
焦熱アーマー一式
(Fiery Helm)
(Fiery Plate)
(Fiery Legs)
(Fiery Boots)
頭・胴・脚・足の4種類。
一式装備時の合計防御力が12.0とダイヤアーマー(10.0)よりも高く、
表示上の変化こそないがダメージもきちんと96%カットする。
どの部位も作成と同時に黄昏の森オリジナルのエンチャントである
「炎のオーラ II (Fiery Aura II)」が付与されるが、
これは通常エンチャント扱いで、解体作業台を使えば他に移せる。
Fiery Auraは装備中のプレイヤーを攻撃してきたモブに
80%の確率で(Lv*1.25)秒間の炎上を付与する効果を持っている。
全箇所装備で合計Lv8になると炎上10秒、5.0ダメージ与えるようになる。
ラビリンス限定トレジャー + ミノッシュルームのドロップ
ミノ肉
(Raw Meef)
ミノタウロスを倒すと0~1個ドロップ。
満腹度の回復量は牛生肉よりも低い(満腹度+1.0)
ミーフステーキ
(Meef Steak)
ミノ肉を精錬すると手に入る。
満腹度の回復量は牛生肉よりも低い(満腹度+3.0)
迷宮ウエハース
(Maze Wafer)
v1.13.1で満腹度回復量が4.0から2.0に弱体化された。
ラビリンスのトレジャーチェストからのみ手に入る食料。
何かの迷宮土産で迷宮名物かというぐらい大量に手に入る。
ミーフストロガノフ
(Meef Stroganoff)
ミノッシュルームを倒すと2~4個ドロップ。
名前が変わっただけで、効果はキノコシチューと同じ(満腹度+4.0)
ボスドロップなのに特殊効果がなく、スタックもできず、
使用後はボウル皿も返却されるので、むしろ迷宮ウエハースより邪魔。
ミノタウロスの斧
(Minotaur Axe)
ミノッシュルームが必ず1個ドロップ(固定)。
伐採速度=8.0(ダイヤツールと同等) ダメージ=3.5(ダイヤ剣相当)
耐久値=1562(ダイヤツールと同等) エンチャント=道具扱い(not武器)
専用効果「Extra damage while charging」はエンチャント扱いでなく、
解体作業台を使っても他のツールに移せないこの斧固有の特殊能力。
実際、入手後に改めてエンチャントを付与する事ができる。
ダッシュ攻撃時、基礎攻撃力が2倍(=7.0)になるという強力な能力。
クリティカルやポーション効果での増加分etc.は、
倍化処理の後に改めて加算される為、これら込みでの倍化はしない。
メイズブレイカー
(Mazebreaker)
「迷宮砕き」の名を冠したラビリンスが抱く真の至宝。
ラビリンス内某所のトレジャーチェスト内にのみ、低確率で生成される。
つるはしとしての素の性能はダイヤつるはしと同等。
(採掘速度8.0、ダメージ2.5、耐久値1562、黒曜石の採掘も可能)
ただし最初から既に固定で
効率強化4(Efficiency IV)、耐久力3(Unbreaking III)、幸運2(Fortune II)、
の3エンチャントがついており、最高クラスの性能になっている。
また表示はないが、メイズストーン各種を他の16倍の速度で撤去でき、
更に耐久値の消費も-1に抑えるという特殊効果も備えている。
ダークタワー限定トレジャー + ウルガストのドロップ
タワーキー
(Tower Key)
ダークタワー内のチェストから入手できる。
これを4つ使うことで、鍵のかかったタワーウッド(扉)を開けることができる。
なくさないように注意。
ボーラーエッセンス
(Borer Essence)
ニカイメチュウを倒すとドロップする。
カーマイトの材料となる以外に使い道はない。
カーマイト
(Carminite)
画像のレシピ以外にも、ウルガストを倒した際のボーナスチェストからも入手可能。
ダークタワー内の各種ギミックの材料となる。
エクスペリメント115
(Experiment 115)
v1.17.2から追加。
ダークタワー内のチェストから入手できるケーキのようなもの。
食べると満腹度を2つ回復する。
効果が同じなので迷宮ウエハースのダークタワー版といったところか。
ウルガストトロフィー
(Ur-ghast Trophy)
#ref error : ファイルが見つかりません () ウルガストを倒した際のボーナスチェストから入手できる。
設置することでウルガストの像が現れる。
手足がウネウネ動いて少し不気味。
焦熱の涙
(Fiery Tears)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.1.0から追加。
ウルガストを倒した際のボーナスチェストから入手できる。
v2.1.1現在使い道はない。
V2.1.1にて実績「Tears of Fire」を解除するには何らかの手段で地面に落ちたものを拾う必要がある。
ゴブリン騎士の拠点限定トレジャー + ナイトファントムのドロップ
アーマーシャード
(Armor Shard)
#ref error : ファイルが見つかりません () ゴブリン騎士の拠点内のチェストから入手できるほか、一部のモンスターのドロップでも入手できる。
ナイトメタルの素の材料。
ナイトメタルの素
(Armor Shard Cluster)
#ref error : ファイルが見つかりません () アーマーシャード9個で作れる素材。
ナイトメタル
インゴット
(Knightmetal Ingot)
#ref error : ファイルが見つかりません () ナイトメタルの素を精錬することで作れる素材。
チェストにもたまに入っている。
ナイトソード
(Knightly Sword)
#ref error : ファイルが見つかりません () ナイトメタル製の剣。
攻撃力はダイヤ並?
攻撃は防具を着た相手に有効?
ナイトピック
(Knightly Pick)
#ref error : ファイルが見つかりません () ナイトメタル製のツルハシ。
攻撃は防具を着た相手に有効?
ナイトアックス
(Knightly Axe)
#ref error : ファイルが見つかりません () ナイトメタル製の斧。
攻撃は防具を着ていない相手に有効?
ナイト装備一式
(Knightiy Helm)
(Knightiy Plate)
(Knightiy Greaves)
(Knightiy Boots)
#ref error : ファイルが見つかりません () ナイトメタル製の装備。
ダイヤモンド並みの防御力。
特殊効果は不明。
ファントムヘルム
(Phantom Helm)
#ref error : ファイルが見つかりません () ナイトファントムのドロップ。倒した時のチェストにも入っている。
ダイヤモンド並みの防御力。
幽霊の装備だからかレギンスとブーツは存在しない。
ファントムプレート
(Phantom Plate)
#ref error : ファイルが見つかりません () ナイトファントムのドロップ。倒した時のチェストにも入っている。
ダイヤモンド並みの防御力。
幽霊の装備だからかレギンスとブーツは存在しない。
アルファイエティのドロップ+その派生
アイスボム
(Ice Bomb)
#ref error : ファイルが見つかりません () アルファイエティの100%ドロップ(複数枚)。
右クリックで投擲して使用。着弾地点の範囲数マスを氷結させることができる。
水は氷に、溶岩は黒曜石に。
アルファイエティの毛皮
(Alpha Yeti Fur)
#ref error : ファイルが見つかりません () アルファイエティの100%ドロップ(複数枚)。
イエティアーマー作成用の素材。
イエティアーマー一式
(編集中)
(編集中)
(編集中)
(編集中)
#ref error : ファイルが見つかりません () 頭・胴・脚・足の4種類。
オーロラの宮殿限定トレジャー+雪の女王のドロップ
アイスボウ
(Ice Bow)
#ref error : ファイルが見つかりません () チェストから入手できる。
基本能力(エンチャント外)の扱いで対象を凍らせる。
エンダーボウ
(Ender Bow)
#ref error : ファイルが見つかりません () チェストから入手できる。
矢がヒットしたmobと自身の位置を入れかれる。
アイスソード
(Ice Sword)
#ref error : ファイルが見つかりません () チェストから入手できる。
基本能力(エンチャント外)の扱いで対象を凍らせる。
硝子の剣
(Glass Sword)
#ref error : ファイルが見つかりません () チェストから入手できる。
一回きりの使い捨てだが攻撃力(ハート)20と超威力。
雪の女王のトロフィー
(Snow Queen Trophy)
#ref error : ファイルが見つかりません () 雪の女王の100%ドロップ。
部屋に飾るとその見た目から何ともいえない罪悪感にかられる。
トライボウ
(Try Bow)
#ref error : ファイルが見つかりません () 雪の女王のドロップ。3発一気に矢を発射、消費される矢は1本。エンチャント可能。
シーカーボウよりはっきりいってこちらの方がアタリといえる。
シーカーボウ
(Seeker Bow)
#ref error : ファイルが見つかりません () 雪の女王のドロップ。
ホーミング機能ありだが9割がた思った通りに働いてくれない気分屋さん。
洞窟内で使うとどういうわけか敵対mobよりもコウモリにばかり飛んでいく印象。
トロールの洞窟限定トレジャー+アイテム
魔法の豆
(Magic beans)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.3.2から追加。培養土(Uberous Soil)に植えると…?
灰のランプ
(Lamp of Cinders)
#ref error : ファイルが見つかりません () v2.0.3現在、クリエイティブモードでのみ確認。
⇒2.3.2で正式実装。
右クリックで目の前の茨を焦げた茨にすることができる。
チャージして使用した場合、前方の7×7ブロックを焦げた茨にすることができる。
トロールベリーのツタ
(Trollvidr)
#ref error : ファイルが見つかりません () v.2.3.2から追加。試験実装と思われる。使い道なし。
未熟なトロールベリー
(Unripe Trollber)
#ref error : ファイルが見つかりません () v.2.3.2から追加。試験実装と思われる。使い道なし。
トロールベリー
(Trollber)
#ref error : ファイルが見つかりません () v.2.3.2から追加。試験実装と思われる。使い道なし。
天上人の小屋限定トレジャー
巨人の剣
(Giant's Sword)
#ref error : ファイルが見つかりません () 巨人(剣)の100%ドロップ。
見た目の割りにイマイチな威力(石の剣と同等)。
射程が長いわけでも攻撃範囲が広いわけでもなく、謎。
巨人のツルハシ
(Giant's Pickaxe)
#ref error : ファイルが見つかりません () 巨人(ツルハシ)の100%ドロップ。
巨大な黒曜石を破壊可能(=闇のランプ入手に必須)。
また通常採掘の際、同種のブロックを4x4x4の範囲まで一括破壊が可能。
対象が石ブロック且つ4x4x4の全範囲(つまり64ブロック分)を削った場合に限り、
巨大な丸石(Giant Cobblestone)ひとつとしてアイテム化する。
範囲内に別のブロックがあった場合は64ブロックに満たないので通常通り削った石の数だけ丸石がアイテム化する。
既存アイテムのアナザーレシピ
木材(黒松) x4
(Planks)
林冠木の原木1
林冠木(細くて高い黒い木)の原木から作成。
原木は精錬して木炭にする事も可能。
木材(白樺) x4
(Planks)
マングローブの原木1
マングローブ(沼地に生える白っぽい木)の原木から作成。
原木は精錬して木炭にする事も可能。
木材(通常) x4
(Planks)
トワイライトオークの原木1
トワイライトオーク(点々と生えている超巨大樹)の原木から作成。
原木は精錬して木炭にする事も可能。
木材(黒松) x4
(Planks)
ダークウッドの原木1
ダークウッド(闇の森限定の木)の原木から作成。
原木は精錬して木炭にする事も可能。
松明 x5
(Torch)
トーチベリーの実1 + 木の棒1
通常のたいまつのアナザーレシピ。
石炭/木炭で作るよりも1本多くできる。
木の棒 x1
(Stick)
ひげ根1
通常の木の棒のアナザーレシピ。
材料であるひげ根はハサミを使わないと回収できない。

(Planks)
火打石1 + 木の棒1 + カラスの羽根1
通常の矢のアナザーレシピ。
わざわざカラスの羽根で作る意義は薄い。
丸石 x64
(Cobblestone)
#ref error : ファイルが見つかりません () 巨大な丸石1
巨大な丸石(主に天上人の小屋で入手できるビッグな丸石)から作成。
木材(オーク) x64
(Cobblestone)
#ref error : ファイルが見つかりません () 巨大な原木1
巨大な原木(主に天上人の小屋で入手できるビッグな原木)から作成。


◆魔法の地図(地上用)
v1.12.1以降は迷宮用や鉱石用と違い、必ずしもプレイヤーが地図を使用した地点が地図の中心とはならなくなった。
表示に当たっての地図の区画割りがある程度固定になっていて、
必ずx座標=「2048n-1024 ~ 2048n+1024」、z座標=「2048n-1024 ~ 2048n+1024」範囲を表示する。
【例】 x=-1200、Z=300の座標で有効化すると、地図の範囲はx座標が-3072~-1024、z座標が-1024~1024、中心は(-2048,0)。
要は地図の中心の座標がx,zともに1024の倍数になるということ。

バイオーム
出現率:中 森林(Twilight Forest)
出現率:中 鬱蒼森林(Dense Twilight Forest)
出現率:中 キノコ森林(Mushroom Forest)
出現率:低 沼地(Twilight Swamp)
出現率:低 焼け沼(Fire Swamp)
出現率:低 高地(Highlands)
出現率:低 茨の大地(Thornlands)
出現率:低 中央高地(Highlands Center)
出現率:低 草原(Twilight Clearing)
出現率:低 闇の森(Dark Forest)
出現率:低 深淵の森(Dark Forest Center)
出現率:常 川(Twilight Stream)
出現率:稀 キノコ群生地(Deep Mushroom Forest)
出現率:低 針葉樹林(Snowy Forest)
出現率:低 氷河(Twilight Glacier)
出現率:稀 湖(Twilight Lake)
出現率:稀 魔法の森(Enchanted Forest)
出現率:中 ランプの森(Lighted Forest)
出現率:中 サバンナ(Oak Savanna)
ダンジョン
出現率:高 亡霊鉱山(小)
出現率:中 亡霊鉱山(中)
出現率:低 亡霊鉱山(大)
出現率:低 生垣迷路(Hedge Maze)
出現率:稀 霊羊の遺跡(Quest Grove)
出現率:中 ナーガ神殿(Naga Courtyard)
出現率:中 メイジタワー(Lich Tower)
出現率:低 ラビリンス(Labyrinth)
出現率:低 ヒドラの巣(Hydra Liar)
出現率:低 ゴブリン騎士の拠点(Goblin Knight Stronghold)
出現率:低 ダークタワー(Dark Tower)
出現率:低 イエティの隠れ家(Yeti Lair)
出現率:低 オーロラの宮殿(Aurora Palace)
出現率:低 トロールの洞窟(Troll Caves)
出現率:稀 キノコタワー(Mushroom Tower)


◆解体作業台
ツールを修理する場合、エンチャントの有無に関係なく、解体作業台の方が素材消費&Expコスト的にお得。
アーマー(特に胴部や脚部)を修理する場合、エンチャントの有無に関係なく、バニラの金床の方が素材消費的にお得。
高Lvエンチャントつきの装備を修理する場合、どちらの設備であっても多大なExpコストを要求される。
「エンチャントの合成」と「名づけ」は金床でしかできない。
「還元(Uncraft)」と「変換(Remake)」は解体作業台でしかできない。
◆通常の作業台としての使用
普通の作業台としても使用可能。
◆還元 (Uncraft)
作業台でレシピ作成可能なアイテムを元の素材に還元する。
他MODで追加されたアイテムにも対応。
ただし1回還元する毎に、そのアイテムをレシピ作成するのに必要な素材数に応じて
経験値Lvを1~9消費するので、他のUncraft系MODに比べ気軽には使えない。
◆修理 (Repair)
痛んだツールおよびアーマーを修復する。
他MODで追加されたアイテムにも対応。
段階的な修理が可能で、例えばまだ耐久値が2/3以上残ったダイヤツルハシならば、
ダイヤ1個だけで新品のダイヤツルハシに戻す事ができる。
逆に耐久値1/3未満、壊れる寸前のつるはしならば、丸々3個のダイヤが必要。
エンチャントの付いたツール&アーマーも、付与エンチャントを消さずに修理できるが、
その場合エンチャントをつけるのに使ったのと同じ量の経験値Lvが要求される。




バイオーム


◆森林(Twilight Forest)
このDimensionの大部分を構成している森林。出現率は高め。
点在する巨大樹(トワイライトオーク) + 鬱蒼と茂る細い立木(林冠木) + 下生えの通常木(オーク、白樺)で構成される。
見た目がほぼ同じであるため意識しにくい&別に意識しなくても特に問題ない事だが、
実際には「鬱蒼森林(Dense Twilight Forest)」、「キノコ森林(Mushroom Forest)」、「草原(Clearing Border)」、「Clearing Lake」という、
構造が酷似した区別の付けにくい4種類の類似バイオームが存在する。


◆鬱蒼森林(Dense Twilight Forest)
出現率は高め。
構成は「森林(Twilight Forest)」とほぼ同じだが、下生えの通常木(オーク、白樺)と花・雑草の密度が倍近くなっている。
樹木の配置密度が高いせいで、非常に歩きにくい&見通しも悪い。


◆沼地(Twilight Swamp)
出現率は高め。
通常世界の沼地バイオーム同様、草の色が濃く、平坦な地形で水場が多い。
林冠木(Canopy Tree)が生えておらず、その代わりにマングローブ(Mangrove)が群生している。
このバイオームの地下にはラビリンスが生成される
v2.1.0以降、「空腹」になる結界が生成される。
+ 解除に必要な実績


◆焼け沼(Fire Swamp)
v1.11.4から追加。レアバイオーム。出現率は非常に低い。
火山性の有毒ガスが立ち込めた湖沼地帯。草木は焦げ茶色に枯れていて水の色も澱んでいる。
ここでしか見られない、黒煙や炎を噴出するブロックが点々と配置されている。
(ただしダメージ判定は噴出した炎にのみあり、黒煙への接触や長時間滞在による害は特に無い)
このバイオームが出現した場合、中心部には必ず「ヒドラの巣」が生成される。
V2.0.0からは四方を沼地(Twilight Swamp)に囲まれた中心で見つかる。
v2.1.0以降、「発火」になる結界が生成される。
+ 解除に必要な実績


◆高地(Highlands)
出現率は高め。
他と違ってここだけ平均高度がY=50~60前後で、台地状になっている地形が多い。
通常の森と似ているが、林冠木(Canopy Tree)が無く、通常の木(樫、白樺、黒松)だけが群生している。
巨大な木(Twilight Oak)は普段どおり点々と生えている。
v2.3.2以降、常に「アシッドレイン」が降っており進入するとダメージを受け続ける。
+ 解除に必要な実績


◆茨の大地(Thornlands)
v2.0.0から追加。
四方を高地(Highlands)に囲まれた中心で見つかる。
高地(Highlans)よりもさらに高度が高くなっている。
触れるとダメージを受ける茨(Thorns)があり、壊すと緑の茨(Green Thorns)が新たに生えてくる。
灰のランプ(Lump of Cinders)を茨に向かって使用すると焦げた茨(Burnt Thorns)になる。
焦げた茨は体当たりするだけで壊れるほどもろくなり、緑の茨も生えてこない。


◆中央高地(Highlands Center)
v2.0.0から追加。
周囲360度を茨の大地(Thornlands)に囲まれている。
高度は茨の大地(Thornlands)よりもさらに高くなっており、Y=128に近いくらいの高度を誇る。
地面は3種類のデッドロック(Deadrock)で構成されている。

◆キノコ森林(Mushroom Forest)
出現率は高め。
構成は「森林(Twilight Forest)」とほぼ同じだが、森8:キノコ2の比率で点々と巨大キノコが生えている。
「巨大キノコ群生地(Deep Mushroom Forest)」に比べて明らかにキノコの数が少なく、胞子ブロックも存在しない。


◆キノコ群生地(Deep Mushroom Forest)
レアバイオーム。キノコ森林(Mushroom Forest)バイオームと比べて、出現率が非常に低い。
普通の巨大キノコよりもさらに巨大で、枝分かれして生えている巨大キノコが一面に群がって生えている。
このバイオームではイノシシ(=豚)が湧きやすい。
v1.18.1で追加されたダンジョン、「キノコタワー(Mhusroom Tower)」はここでのみ生成される。


◆草原(Twilight Clearing)
出現率は高め。
Twilight Dimension版の草原バイオーム。黄昏の森では珍しく視界が開けていて見通しが良い。
出現する場合、必ず周囲に「Clearing Border」というバイオームを伴う。
この「Clearing Border」は他のバイオームとの境界線上の地形変化を滑らかにする為にあるもので、
実際の見た目は平均高度がY=35近辺で、少々まばらになった森林といった感じ。
v1.11.11で生まれ変わった地下迷宮「ラビリンス」は、
この草原バイオームの地下部分(Y=7~22)にのみ一定確率で出現する事がある。



◆湖(Twilight Lake)
レアバイオーム。出現率は非常に低い。
Twilight Dimension版の海洋バイオームだが、通常世界と比べて滅多に生成されず、ほとんど湖状態。
出現する場合、必ず周囲に「Lake Border」というバイオームを伴う。
この「Lake Border」は他のバイオームとの境界線上の地形変化を滑らかにする為にあるもので、
実際の見た目は平均高度がY=32近辺で、少々まばらになった森林といった感じ。


◆闇の森(Dark Forest)
v1.10から追加。出現率は高め。
天蓋が完全に葉ブロックで覆い尽くされた、日の光が一切差し込まない暗闇の森。
高い所から眺めるとその異様さが良く分かる。

ちなみに内部はこんな感じ。
画像は撮影のためにSinglePlayerComanndsのライト機能をOnにしながら撮ったものであり、
普通にプレイする限りでは、松明が無ければまともに探索できないほどに暗い。
燃やしていくと、攻略は楽。
ダンジョン「ダークタワー」(v1.14.0以降)は、このバイオームにおいてのみ出現する可能性がある。
v2.0.0以降、「ダークタワー(Dark Tower)」は生成されず、「ゴブリン騎士の拠点(Goblin Knight Stronghold) 」のみ生成される。
v2.1.0以降、「盲目」になる結界が生成される。
盲目状態は視界が非常に悪く、2~3ブロック先までしか見えない。
光源があったとしてもそれは変わらないため、結界を解除するまでは近づかないほうが賢明。
+ 解除に必要な実績


◆深淵の森(Dark Forest Center)
v2.0.0から追加。
四方を闇の森(Dark Forest)に囲まれた中心で見つかる。
v2.0.0以降、ダンジョン「ダークタワー(Dark Tower)」はここでのみ生成される。

闇の森と変わって、葉の色は紅葉しているような赤色である。
マップ上では闇の森よりもさらに濃い緑色になっている。
v2.1.0以降、「盲目」になる結界が生成される。
闇の森の盲目が解除されている場合はこちらの方も解除されている。


◆魔法の森(Enchanted Forest)
v1.10.0から追加。
レアバイオーム。出現率は非常に低い。
一定間隔でツタやシダが、青になったり緑になったりと点滅を繰り返す不思議な森。
このバイオームが出現した場合、中心部には必ず「霊羊の遺跡」が生成される。


◆針葉樹林(Snowy Forest)
レアバイオーム。氷河の出現率が低い関係で、それとセットなこのバイオームの出現率も非常に低い。
氷河に付随し、周囲を取り囲むようにして形成される事が多い針葉樹林。
通常世界における針葉樹林(Taiga)バイオームと同様、松の木が生え、雪が積もっている。
v2.0.0から巨大な松の木が生成されるようになった。
v2.0.0からイエティの隠れ家である洞窟が生成されるようになったが、v2.1.1現在未実装である。
v2.1.0以降、「移動速度低下III」になる結界が生成される。
+ 解除に必要な実績


◆氷河(Twilight Glacier)
レアバイオーム。出現率は非常に低い。
大量の氷ブロックが地表に高く切り立っている。v1.7からは固有Mobとしてペンギンが湧くようになった。
このバイオーム内にダンジョンが生成された場合、氷河の中に埋まるようにして配置される。
V1.18.1で追加されたダンジョン、「オーロラの宮殿(Aurora Palace)」はここでのみ生成される。
V2.0.0からは四方を針葉樹林(Snowy Forest)に囲まれた中心で見つかる。
v2.1.0以降、「移動速度低下IV」になる結界が生成される。
針葉樹林の移動速度低下が解除されている場合はこちらの方も解除されている。



◆川(Twilight Stream)
Twilight Dimension版の河川バイオーム。
各バイオームの境界線として流れている事が多く、大抵は川を越える事とバイオームに変化が見られる。


◆ランプの森(Lighted Forest)
v2.0.0から追加。
林冠木からグロウストーンが木の柵によって吊り下げられている森。
また、地面にはたくさんの花が咲いており、カボチャやヒカリダケも群生している。
既存の黄昏の森のバイオーム内では圧倒的にカラフルであり、とてもきれいな景観である。


◆サバンナ(Oak Savanna)
v2.0.0から追加。
草原バイオームと他のバイオームの境に生成されることが多い。


特殊な構造物


◆ストーンサークル(Stone Circle)
円状に配置された柱。不思議な力が集まったりしない。何もない。


◆井戸(Twilight Well)
木のフェンスと丸石で構成された井戸。
3x3サイズのものと4x4サイズのものがあり、3x3サイズの井戸の底には稀にトレジャーチェストがある事がある。
ただし中身のアイテムの質&量は廃屋地下のトレジャーチェストと同じで、
かつ配置されていない事も多いため、溺死の危険を冒してまで探しにいく価値があるかどうかは微妙。


◆廃墟(Foundation)
苔むした丸石で出来た廃屋。
2ブロック下に稀に地下室が生成され、トレジャーチェストが1つ置かれている事がある。
チェストには大したものは入っていない。所詮は民家の宝箱。
手持ちが心もとないプレイヤーにとっては、調理済み食料やバケツ、スイカの種が多少嬉しい程度。
【トレジャーチェストの中身】
食料系 パン1-8 焼き魚1-8 焼き鶏1-8 焼き豚1-8 ステーキ1-8 ゾンビ肉1-8 リンゴ1-2
ジャガイモ1-2 毒ジャガイモ1-2 ニンジン1-2 金のニンジン1(レア) キノコシチュー ケーキ
植物系 小麦1-4 サボテン1-2 黄の花1-4 赤の花1-4
スイカの切り身1-4 スイカの種1-3 煌めくスイカ1-12 植木鉢
その他 砂1-4 羽根1-4 矢尻1-2 松明1-10
水バケツ 牛乳バケツ 水入りビン 白紙の地図 鍵の護石(Lv1)1(レア)


◆魔女の家(Druid Hut)
丸石・苔石の壁、煉瓦の煙突、木の屋根で構成された民家。
内部にスケルトンドルイドのスポーンブロックがある。スケルトンドルイドはこのスポーンブロックと闇の森にしか湧かない。
これといってトレジャーチェストが配置されていたりはしない。


◆黒曜石の柱(Monolith)
4x4程度の太さの黒曜石で出来た柱。
あまり高くはなく、頂上にラピスラズリブロックがあることがある。
この近くではカラスが見つかりやすい。


◆石筍(Stalagmite)
焼き石など自然に配置されるブロックで形成される石柱。


◆リーフダンジョン(Leaf Dungeon)
v1.17.1で追加。
トワイライトオークの葉の塊の中で、枝で囲われて稀に形成されるスポブロ部屋。ダンジョンと名はついているものの迷路ではない。
スポーンブロックは群れ蜘蛛(Swarm Spider)。
チェストも配置されており、チェストにはTwilight Forest tree4種の苗木とMagic tree4種の苗木が入っている。
Magic treeは「時の木(tree of time)」、「変化の木(tree of transmation)」、「採掘の木(miner's tree)」、
「分類の木(sorting tree)」の4種で出現確率は低い。
木の上方の枝でのみ生成されるので、木の上方で蜘蛛の鳴き声がすればスポーンブロック部屋が生成されている。
「丈夫なトワイライトオークの苗木(Robust Twilight Oak Sapling)」から骨粉などで成長させた木にも生成される。
これを利用すれば、ある程度の自由な位置にスポーンブロックを配置することができる。


◆霊羊の遺跡の跡(Quest Grove Ruins)
v1.17.1で追加。
霊羊の遺跡(Quest Grove)の一部だけが残っている。
遺跡の跡という言葉はおかしいが、ここではQuest Groveを霊羊の遺跡と訳しているのでご了承願います。


◆トワイライトオークの株(Twilight Oak Stump)
v1.17.1で追加。
名前の通りトワイライトオークの根元のみ。何もない。


◆倒木(Hollow Log)
v1.17.1で追加。
トワイライトオークの倒木。
コケ(moss patch)が幾つかと蛍が一匹いる。




ダンジョン


◆亡霊鉱山(Hollow Hills)
出現確率は全てのダンジョンの中で最も高い。各地にある小高い山。
ボスは特に出現しないものの、ダンジョン自体の攻略難易度(=制圧難易度)は各ダンジョンの中でも高め。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆生垣迷路(Hedge Maze)
出現確率はナーガ神殿やメイジタワーよりも更に低い。葉ブロックで構成された庭園迷路。
ボスは特に出現せず、攻略難易度(=制圧難易度)も亡霊鉱山よりは低い。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆(旧)地下迷宮(Underhill Maze)
v1.11.10まで亡霊鉱山の地下に、亡霊鉱山とセットで配置されていた。
v1.11.11からは新生ラビリンスが正式実装、以後に生成されたChunksでは亡霊鉱山地下には配置されなくなった。
ただしv1.11.10までに既にワールド上に生成済みの(旧)地下迷宮は、1.11.11以降も消滅せず残り続ける。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆ラビリンス(Labyrinth)
v1.11.11から正式実装。
草原バイオーム限定で出現(絶対ではなく草原バイオームでも1/2程度)
草原(Twilight Clearing)と沼地(Twilight Swamp)に生成される。
総合的な出現確率はナーガ神殿やメイジタワーよりも更に低い。
ボスの強さはさほどでもないが、ダンジョン自体の攻略難易度は黄昏の森でも最高クラス。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆霊羊の遺跡(Quest Grove)
v1.10.0から追加。魔法の森バイオーム限定で出現(何かに生成が阻害されない限りほぼ100%)
総合的な出現確率はナーガ神殿やメイジタワーよりも更に低い。
厳密にはダンジョンではなくイベントモブがスポーンするだけの専用の建物。モンスターやボスも出現しない。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆ナーガ神殿(Naga Courtyard)
出現確率は亡霊鉱山に比べると低め。半ば風化した古代の蛇神崇拝の祭祀場跡地。
厳密にはダンジョンではなくボス戦用の戦闘フィールドなので、迷宮としての攻略難易度は大した事ない。
v2.1.1以降、特定のダンジョンを攻略する際には実績の解除が必要となったが、ナーガ神殿を攻略する際に必要な実績はなく、
準備が整ったら最初はここを攻略しよう。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆メイジタワー(Lich Tower)
出現確率は亡霊鉱山に比べると低め。黄昏の森に聳え立つ邪悪な魔術師の居塔。
ボスも強く、ダンジョン自体の構造も複雑かつ意地悪、攻略難易度(=制圧難易度)は非常に高い。
v2.1.1以降、前提となる実績が解除されてない場合は攻略できない。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆ヒドラの巣(Hydra Lair)
v1.11.4から追加。
焼け沼 or 通常の沼地バイオーム限定で出現(焼け沼はほぼ100%、通常の沼地は低確率)
総合的な出現確率はナーガ神殿やメイジタワーよりも更に低い。
ナーガ神殿と同様ボス戦用のフィールドで、迷宮という程の複雑な構造はしていないが、ボスの強さが最強クラス。
v2.1.1以降、焼け沼の結界を解除しないと到達するのでさえ困難なので、それを解除するほうを優先しよう。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆ゴブリン騎士の拠点(Goblin Knight Stronghold)
v1.18.1(MC1.5.2)から追加。 v1.20.1で完成。
闇の森(Dark Forest)バイオームにのみ生成される。
ダンジョンは地下にあり、複数の地下にいたる階段があるが、殆どの階段はダンジョンに繋がっていない。
ダンジョンに入るには、専用の入り口に設置してあるブロックの上に何かのボストロフィーを置かないと入れない。
v2.1.1以降、前提となる実績が解除されてない場合は攻略できない。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆ダークタワー(Dark Tower)
v1.14.0(MC1.4.6)から追加。 v1.14.0の時点では開発途上で、中身がない
MC1.4.7から入口と内部構造ができたが、ボスが実装されたのはMC1.5からである。
闇の森に聳え立つ暗黒の塔。
出現確率はラビリンスと同程度で、闇の森(Dark Forest)バイオーム限定でしか出現しない。
v2.0.0からは深淵の森(Dark Forest Center)バイオームでしか出現しない。
v2.1.1以降、前提となる実績が解除されてない場合は攻略できない。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆イエティの隠れ家(Yeti Lair)
2.0.0から追加。 v2.1.1で完成。
針葉樹林(snowy forest)に生成される洞窟
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆オーロラの宮殿(Aurora Palace)
1.18.1から追加。 v2.3.2で完成。
氷河(Twilight Glacier)に生成される宮殿。
破壊には(素手含め)全ツールほぼ同等の時間を要し、場所によって色が変わるオーロラブロックで作られている。
ボスそのものの強さはそれほどでもないが、足場の悪さと迷宮っぷりから総合的に攻略難易度は高い。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆キノコタワー(Mushroom Tower)
1.18.1から追加。
キノコ群生地(Deep Mushroom Forest)に生成される塔。
巨大キノコブロック (Huge Mushrooms)で作られている。
現在作成中。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆トロールの洞窟(Troll Caves)
2.3.2から追加。
高地(Highlands)の地下に生成される洞窟。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



◆天上人の小屋( ※正式名称不明、情報求む
2.3.2から追加。
高地(Highlands)の上空に生成される小屋。
雲(Fluffy Cloud)と薄雲(Wispy Cloud)で形成された空島の上に建っている。
これまで星になった数々のスティーブ(プレイヤー)達の楽園だとかそうじゃないとか。
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示




追加モブ


◆動物
草地の上に自然スポーンする。これ以外に普通の鶏・狼がスポーン。
※黄昏の森の動物は、ポータルに入ると通常世界へと飛ばされる。
牛や豚をおびき寄せるやり方で、通常世界へと連れて来る事ができるようだ。
名前 画像 説明
イノシシ
(Wild Boar)

HP:5.0
EXP:1~3
姿形以外は通常ワールドの豚と同じなのか、
ドロップするアイテムや繁殖方法はもちろん、
サドルの着脱や騎乗、人参付きの竿で操作、及び加速ができる。
(そんな人は居ないだろうが)通常のワールドで豚が見つからない人は黄昏の森で猪牧場を作るのがオススメ。
蛮族プレイをしてみたい方はボアライダーを気取って見てはどうだろうか?
雷が落ちるとゾンビピッグマンになる。
鹿
(Wild Deer)

HP:5.0
EXP:1~3
牛の皮と生の鹿肉をドロップする。
牛と同じ繁殖方法が使え、猪と同じようにちゃんと鹿の子供が生まれる。
オオツノヒツジ
(Bighorn Sheep)

HP:4.0
EXP:1~3
ドロップは通常世界にいる羊と同じ。
通常世界では自然発生しない体毛の色をもつモノもいる。
ペンギン
(Penguin)

HP:2.0
EXP:1~3
ドロップは通常世界にいる鶏と同じ。氷河にのみスポーンする。
鶏同様、高い所から落ちてもダメージがない。
生魚を与えることで子供を産ませることができる。
卵も産むが、が生まれる。
小鳥
(Tiny Bird)

HP:0.5
EXP:1~3
v1.9.0から追加。ドロップは羽根0~2個。
全4パターンの色違いがいるが、ステータスはどれも同じ。
鶏同様、高い所から落ちてもダメージがない。
ウサギ
(Forest Bunny)

HP:0.5
EXP:1~3
v1.9.0から追加。アイテムドロップなし。
全3パターンの色違いがいるが、ステータスはどれも同じ。
リス
(Forest Squirrel)

HP:0.5
EXP:1~3
v1.9.0から追加。アイテムドロップなし。
カラス
(Forest Raven)

HP:5.0
EXP:1~3
v1.9.0から追加。ドロップはカラスの羽根0~2個。
ユニークアイテムを落とす関係で、他の動物より出現率が低い。
v1.11.9以降、黒曜石のモノリスの近くに出現しやすくなった。
ホタル
(Firefly)

HP:3.0
EXP:0
v1.14.0から追加。ブロックのホタルとはまた別物。
鳴かず、攻撃してこず、倒しても何も落とさず、ただ飛んでいるだけ。
バニラのコウモリのAIが流用されており、コウモリと同様、
Y=63以下かつ明るさLv4以下のマスに湧くように設定されている。


◆モンスター
ダンジョンや一部のバイオームを除き、黄昏の森のほとんどのY≧32エリアでは暗くてもモブがスポーンしない。
黄昏の森のスポーンブロックは通常のものとは違い、半ブロックや照明で沸き潰しをしてもモンスターが発生し続ける。
これ以外にもゾンビ・スケルトン・蜘蛛・ケイブスパイダー・クリーパー・エンダーマンのスポーンブロックが存在する。
名前 画像 説明
コボルト
(Kobold)

HP:6.5
攻撃:1.0/1.5/2.0
防御:0
EXP:5
黄昏の森全土の地下(Y=30以下)に出現する。
プレイヤーの側面に回り込もうとするAIを持つ。
他のコボルトが倒されると大慌てで逃げ惑う。
倒すと小麦0~2個と金塊0~1個を落とす。
スケルトンドルイド
(Skeleton Druid)


HP:10.0
攻撃:0
防御:0
EXP:5
ドルイドの家のスポーンブロックから出現するスケルトン。
接触ダメージは0だが、遠距離から魔法弾を撃って攻撃してくる。
当たると全難易度共通で1.0ダメージ+追加効果:毒(0.5x5回)を受け、
しかもこの魔弾のダメージは防御力(AR)では軽減できない。
また、この魔法が他のブロックにあたると、そのブロックは葉ブロックに変化する。
倒すと黄金の鍬を0~2個落とす。
沼地
空腹蚊柱
(Mosquito Swarm)

HP:6.0
攻撃:1.0/1.5/2.0
防御:0
EXP:5
v1.11.4から追加。
主に沼地バイオームに稀に出現する危険な蚊の群れ。
蚊のくせに向こうから積極的にプレイヤーに襲い掛かってくる。
攻撃を受けるとゾンビ肉を食べた時と同じ空腹1(Hunger I)の状態異常になる。
(効果時間はEasyだと7秒、Normalだと15秒、Hardだと30秒)
倒しても何も落とさない。
闇の森
ミストウルフ
(Mistwolf)

HP:15.0
攻撃:2.0/3.0/4.5
防御:0
EXP:5
v1.14.0.0から追加。
闇の森バイオーム限定でスポーンする凶暴な狼の強化版。
色が黒く、通常の狼よりも一回りサイズが大きい。
ある程度暗い場所でダメージを受けると盲目状態にされる。
倒しても特に何もドロップしない。
キングスパイダー
(King Spider)

HP:15.0
攻撃:2.0/3.0/4.5
防御:0
EXP:5
v1.14.0.0から追加。
闇の森バイオーム限定でスポーンする生垣蜘蛛の強化版。
スケルトンドルイドを乗せた状態でスポーンする。
サイズが非常に大きい。
現時点ではまだ開発途上で、ステータス値は高いが特殊能力は持たない。
これに関しては今後更に再調整される可能性がある。
倒すとクモ糸を0~2個(100%)、クモの眼を0~2個(50%)ドロップする。
亡霊鉱山
群れグモ
(Swarm Spider)

HP:1.5
攻撃:0.5/0.5/0.5
防御:0
EXP:2
「生垣迷路」にも出現する。
ケイブスパイダーの様に小さいため、1マスの隙間も通り抜けてくる。
紫色でこちらも毒はないが、1度に4匹ほど沸くので注意。
触れてもダメージはないが、
シルバーフィッシュのように跳びかかってきたときのみダメージを受ける。
レッドキャップゴブリン
(Redcap Goblin)

HP:10.0
攻撃:1.0/1.0/1.5
防御:1.0 (8%減)
EXP:5
「ゴブリン騎士の拠点」にも出現するゴブリン。
v1.12.3から鉄つるはしと鉄ブーツで武装するようになり、防御力が上昇した。
プレイヤーの側面に回り込もうとするAIを持つが、特殊能力は持たない。
v1.12.3以降は倒すと通常ドロップとして石炭0~2個(100%)の他、
鉄つるはし(12.5%)、鉄ブーツ(12.5%)、魔法の金貨(2%)をレアドロップに持つ。
ただし装備は使い古されており、耐久値は10~50%しか残ってない。
レッドキャップ工兵
(Redcap Sapper)

HP:15.0
攻撃:1.0/1.0/1.5
防御:2.0 (16%減)
EXP:5
「ゴブリン騎士の拠点」にも出現する強化版のゴブリン。
プレイヤーの側面に回り込もうとするAIなのは通常レッドキャップと同じだが、
完全に回り込むのに成功した場合、起爆状態のTNTをその場に設置する。
このTNTのダメージ&破壊力は通常のTNTと何ら変わらない。
ただし側面に回り切った瞬間に設置するという習性を逆手に取って、
常に視界の中央に捉えて側面に回り込ませないようにすれば設置できない。
通常ドロップとして石炭0~2個(100%)の他、
樹鉄つるはし(12.5%)、樹鉄ブーツ(12.5%)、魔法の金貨(2%)をレアドロップする。
ただし装備は使い古されており、耐久値は10~50%しか残ってない。
レイス
(Twilight Wraith)

HP:10.0
攻撃:1.5/2.5/3.5
防御:0
EXP:0
亡霊鉱山にのみ出現する幽霊。
浮遊しながら滑るように移動し、体は透け反対側が見えている。
(しかしその背後にモンスターがいても見えない)
スケルトンの攻撃を受けても常にこちらに攻撃を仕掛けてくる。
倒すとグロウストーンダストを落とす。
生垣迷路
生垣グモ
(Hedge Spider)

HP:8.0
攻撃:1.0/1.0/1.5
防御:0
EXP:5
主に生垣迷路に出現する蜘蛛。
サイズは通常の物と同等。緑色でいかにも毒蜘蛛っぽいが、毒はない。
凶暴なオオカミ
(Hostile Wolf)

HP:5.0
攻撃:1.0/1.0/1.5
防御:0
EXP:1~3
生垣迷路限定でスポーンする、初めから敵対している狼。
懐かせることはできない。
ラビリンス
スライムビートル
(Slime Beetle)

HP:12.5
攻撃:0
防御:0
EXP:5
v1.12.3から追加。
(中)以上の「亡霊鉱山」、「ゴブリン騎士の拠点」にも出現。
遠距離専門の弓兵型イモムシ。接触ダメージは0なのだが、
一定周期で全難易度共通4.0ダメージ(防具で軽減可)の粘液弾を撃ってくる。
この粘液弾は剣で打ち返せないのが厄介で、
しかも近接戦闘に持ち込もうとすると逃走し、常に一定距離を保とうとする。
v1.13.1からは更に粘液弾の連射速度がそれまでの二倍になり、
防具なしでは近寄るのも難しい鬼畜外道な強さになった。

昆虫なので、虫特攻(Bane of Arthropods)のエンチャントの効果対象。
倒すとスライムボールを0~2個ドロップ(100%)する。
ファイアビートル
(Fire Beetle)

HP:12.5
攻撃:1.5/2.0/3.0
防御:0
EXP:5
v1.12.3から追加。
(中)以上の「亡霊鉱山」にも出現。
中距離専門の魔法兵型コガネムシ。
プレイヤーとの距離が近~中距離だと、一定確率で口から小さく火炎放射。
(全難易度共通1.0ダメージ、炎属性、防具で軽減可、追加効果で炎上10秒)
密着状態だと多段Hitする上、0.5x8回にも及ぶ追加の炎上ダメージが痛い。
昆虫なので、虫特攻(Bane of Arthropods)のエンチャントの効果対象。
倒すと金塊0~2個(100%)、火薬0~2個(50%)をドロップ。
ペンチビートル
(Pinch Beetle)

HP:20.0
攻撃:2.5/4.0/6.0
防御:1.0 (8%減)
EXP:5
v1.12.3から追加。
(中)以上の「亡霊鉱山」にも出現。
近距離専門の重装兵型クワガタ。他よりHPが高く若干の防御力まで持つ。
プレイヤーを見つけると溜めの後に突進するのを繰り返すが、
これに当たるとハサミに拘束され、倒すまで身動き不可+一定周期でダメージ。
複数の敵を同時に相手取っていた場合、ダイヤ装備でも死ぬ可能性がある。
昆虫なので、虫特攻(Bane of Arthropods)のエンチャントの効果対象。
倒しても何もドロップしない。
ミノタウロス
(Minotaurs)

HP:15.0
攻撃:2.0/3.5/5.0
防御:0
EXP:5
v1.11.9から追加。
ラビリンス限定で出現する。
遠距離攻撃手段を持たず、近距離では多少強いゾンビ程度の相手だが、
プレイヤーとの距離が開くと短い溜めの後、突進攻撃を行ってくる。
突進のダメージ自体は通常接触と同じだが打ち上げ効果があり、
4~5マスほど真上に飛ばされた結果、落下ダメージを0.5~1.0程受ける。
倒すと通常ドロップとしてミノ肉0~1個(100%)の他、
レアドロップで使用済みの金の斧(12.5%)、魔法の金貨(2%)を落とす。
迷宮スライム(大)
(Maze Slime)

HP:16.0
攻撃:2.0/3.5/5.0
防御:0
EXP:4
v1.12.3から追加。
ラビリンス限定で出現する灰色の強化型スライム。
HPや攻撃力は通常のスライム(大)と比較して約2倍近くある。
倒すと迷宮スライム(中)2~4体に分裂する。
ラビリンス内に自然スポーンするのは(大)か(中)のみ。
迷宮スライム(中)
(Maze Slime)

HP:4.0
攻撃:1.5/2.5/3.5
防御:0
EXP:2
v1.12.3から追加。
ラビリンス限定で出現する灰色の強化型スライム。
HPや攻撃力は通常のスライム(中)と比較して約2倍近くある。
倒すと迷宮スライム(小)2~4体に分裂する。
ラビリンス内に自然スポーンするのは(大)か(中)のみ。
迷宮スライム(小)
(Maze Slime)

HP:1.0
攻撃:1.5/2.0/3.0
防御:0
EXP:1
v1.12.3から追加。
ラビリンス限定で出現する灰色の強化型スライム。
群れ蜘蛛同様、飛び掛ってきた時にしかダメージ判定がない。
倒すとスライムボールを0~2個ドロップ(100%)する他、
レアドロップとして約2%の確率で「鍵の護石Lv1」を出す事がある。
メイジタワー
死者の書
(Death Tome)

HP:15.0
攻撃:0
防御:0
EXP:5
v1.11.4から追加。
主にメイジタワーに出現する魔書。
接触ダメージは0だが、遠くから全難易度共通3.0ダメージの魔弾を撃ってくる。
(防具で軽減可、喰らうと8秒間Slowness II(移動速度-40%)のポーション効果)
ダメージを受ける毎に1/3の確率で紙をドロップする。
倒すと本x1(70%) か 本と羽根ペンx1(25%) か 魔法の羽根x1(5%)を落とす。
下僕ゾンビ
(Lich Minion)

HP:10.0
攻撃:1.5/2.0/3.0
防御:1.0 (8%減)
EXP:5
追い詰められたボス「リッチ」が召喚するゾンビ。
見た目こそ通常のゾンビと少し違うが、
ステータスやドロップアイテムは通常ゾンビと同じ。
v1.13.1以降、金アーマーを装備した個体が非常に出やすくなった。
ダークタワー
カーマイトガストリング
(Carminite Ghastling)

HP:5.0
攻撃:3.0(爆発)
防御:0
EXP:
追加時期不明(チェンジログからおそらく1.15.1前後?)
ダークタワー限定で出現するスパイダーほどの大きさのガスト。
目を合わせると普通のガストのように火球を発射してくる。
威力自体は大したことはなく、目を合わせない限りはあまり攻撃してこないものの、
ドアの先やはしごやギミックのある部屋に待ち構えていることが多く、非常にうっとおしい。
倒すと火薬を0~2個、ガストの涙を0~1個を落とす。
カーマイトガストガード
(Carminite Ghastguard)

HP:15.0
攻撃:3.0(爆発)
防御:0
EXP:
1.15.2から追加。
ダークタワーの外にのみスポーンする。
外から登ろうとするのはこいつらの集中砲撃を受けるのでおすすめしない。(特に結界が追加されたV2.1.0以降)
ガストとの違いは赤茶色いラインが入っている、HPが15.0と高くなっている、こちらを向いて正確に狙ってくるの3点。
塔の外から侵入するような真似でもしない限り、対峙することは少ないだろう。
倒すと火薬を0~2個、ガストの涙を0~1個ドロップ。
カーマイトゴーレム
(Carminite Golem)

HP:20.0
攻撃:2.5/4.5/6.5
防御:
EXP:
1.15.2から追加。
ダークタワーにのみスポーンする。
ダークタワー版アイアンゴーレムであり、攻撃方法も同じように相手を上空へ吹き飛ばすもの。
高い攻撃力のためなるべく距離を離したいが、塔の階段付近にスポーンブロックが配置されていることが多く、
自然と狭い場所で戦うことになり、またあまりノックバックしないため距離をとって戦うことが難しい。
うまく広いところに誘い出してヒットアンドアウェイを狙おう。
倒すと鉄インゴット1個と赤い花を0~1個、タワーウッドを1個落とす。
タワーウッドニカメイチュウ
(Towerwood Borer)

HP:7.5
攻撃:1.5/3.5/3.5
防御:
EXP:5
1.15.2から追加。
ダークタワーのシミが付いたブロックを破壊するとスポーンする。
ダークタワー版シルバーフィッシュであり、シミの入ったタワーウッドにのみ隠れている。
全体的にシルバーフィッシュより強化されており、複数を相手にするのは厄介。
幸い、破壊しても他のブロックから勝手に這い出てこないので、一匹ずつ相手にしよう。
倒すとボーラーエッセンスを0~2個落とす。
カーマイトブローディング
(Carminite Broodling)

HP:3.5
攻撃:1.5/1.5/1.5
防御:0
EXP:4
1.15.2から追加。
ダークタワーにのみ出現する小さい蜘蛛。
群れ蜘蛛や生垣蜘蛛のように集団で行動し、能力は群れ蜘蛛と生垣蜘蛛の間といったところ。
カーマイトゴーレム同様、スポーンブロックが狭い場所にあるので囲まれないように注意。
倒すと糸を1~2個、蜘蛛の目を0~1個ドロップする。
ゴブリン騎士の拠点
鉄球使いゴブリン
(Block-and-Chain Goblin)

HP:10.0
攻撃:4.0(+吹き飛ばし)
防御:3
EXP:
v1.17.2から追加。
上で鉄球を回しているゴブリン。
上に吹き飛ばす攻撃をしてくる。
倒すとアーマーシャードを0~2個落とす。
ゴブリン騎士(上)
(Upper Goblin Knight)

HP:15.0
攻撃:1.0
防御:5
EXP:


v1.17.2から追加。
ゴブリン騎士(下)にまたがって出現。
攻撃力自体は低いが、防御力が高い。
盾で攻撃を防ぐが、攻撃していると盾も壊れる。
着ている鎧も攻撃で壊すことができる。
倒すとアーマーシャードを0~2個落とす。
2体重なっている上、防御力が高いので、倒すのが面倒。下手すると中ボス並の強さになる。
ゴブリン騎士(下)
(Lower Goblin Knight)

HP:10.0
攻撃:1.0
防御:4
EXP:
v1.17.2から追加。
ゴブリン騎士(上)を乗せて出現。
攻撃力自体は低いが、防御力が高い。上よりは弱め。
着ている鎧は攻撃で壊すことができる。
倒すとアーマーシャードを0~2個落とす。
2体重なっている上、防御力が高いので、倒すのが面倒。下手すると中ボス並の強さになる。
カブトヤドカリ
(Helmet Crab)

HP:6.5
攻撃:1.5
防御:2
EXP:
v1.17.2から追加。
兜を貝殻代わりに付けた巨大なヤドカリ。
虫なので虫特攻のエンチャント対象。
特になんてことはないザコ。
倒すと魚を0~2個落とす。
針葉樹林
ウィンターウルフ
(Winter Wolf)

HP:8
攻撃:確認中
防御:確認中
EXP:確認中
v2.2.0から追加。
凶暴な狼の強化版。
色はややくすんでおり、通常の狼よりも一回りサイズが大きい。
通常攻撃の他、氷のブレスも吐いてくるが特にダメージ等無い模様?
倒すと断寒毛皮(Arctic Fur)をドロップ。
イエティの隠れ家
イエティ
(Yeti)

HP:20
攻撃:確認中
防御:確認中
EXP:確認中
隠れ家だけではなく針葉樹林バイオームにもスポーン。
攻撃という攻撃は何もしてこないが、かわりにプレイヤーを持ち上げ、放り投げてくる。
乗り物と同じように「LSHIFTで降りる」というメッセージが表示されるので、一瞬、ペットにできるのか!?と淡い期待を抱かせてくる。
ちなみに、LSHIFTを押しても降りられず、持ち上げられたら必ず投げられる。
倒すと断寒毛皮(Arctic Fur)を複数ドロップ。
オーロラの宮殿
スノーガーディアン
(Snow Guardian)

HP:10
攻撃:確認中
防御:確認中
EXP:確認中



v2.2.1で追加。
樹鉄、葉鋼、騎士、断寒の4種類いる。4種とも近接攻撃のみ、行動にも違いはない。
ドロップアイテムだけ、それぞれの見た目に対応した武器・防具を稀にドロップする。雪玉のドロップは100%。
アイスコア
(Stable Ice Core)

HP:20
攻撃:確認中
防御:確認中
EXP:確認中
雪玉を飛ばして攻撃してくる。近接攻撃なし。
倒すと雪玉をドロップ。
アイスコア(炸裂)
(Unstable Ice Core)

HP:20
攻撃:確認中
防御:確認中
EXP:確認中
近接攻撃のみ。倒すと3秒程点滅した後、爆発する。
爆破ダメージはプレイヤーのみで、懐きオオカミ含め他mobには影響なし。
爆心に4マス程のブロック破壊があり、更に周囲のブロックの性質を変化させる能力がある。
オーロラブロックは各種色付きガラスに、その他ブロックは各種色付き粘土に。半ブロックは変化しない。

考えようによっては、そこそこ固いオーロラブロックを広範囲にわたり瞬時にガラスにしてくれるので若干の光源(外の明かり)確保と塔間のブロックを破壊しての移動などに役立てられない事もない。
トロールの洞窟
トロール
(Cave Troll)

HP:30
攻撃:確認中
防御:確認中
EXP:確認中
攻撃力高め、攻撃間隔も短い。複数体いたら要注意。
ごく稀に魔法の豆(Magic Beans)をドロップする事があるので、積極的に狩っておくとよいだろう。
天上人の小屋
巨人(ツルハシ)
(Giant Miner)

HP:80
攻撃:確認中
防御:確認中
EXP:確認中
巨人。プレイヤーの3倍ほど大きい。
見た目(スキン)はプレイヤーのものと同様になる。
倒すと巨人のツルハシ(Giant's Pickaxe)をドロップ。
巨人(剣)
(Armored Giant)

HP:80
攻撃:確認中
防御:確認中
EXP:確認中
巨人。プレイヤーの3倍ほど大きい。
見た目(スキン)はプレイヤーのものと同様になる。
倒すと巨人の剣(Giant's Sword)をドロップ。


ボスモンスター


ナーガ(Naga) ナーガ神殿のボス
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



リッチ(Twilight Lich) メイジタワーのボス
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



ヒドラ(Hydra) ヒドラの巣のボス v1.11.6から実装
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



ミノッシュルーム(Minoshroom) ラビリンスのボス v1.11.11から実装
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



UR-ガスト(UR-ghast) ダークタワーのボス v1.17.2から実装?
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



ナイトファントム(Knight Phantoms) ゴブリン騎士の拠点のボス v1.18.2から実装?
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



アルファイエティ(Alpha Yeti) イエティの隠れ家のボス v2.2.0から実装
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



雪の女王(Snow Queen) オーロラの宮殿のボス v2.3.2から実装 
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示



色食みの羊(Quest Ram) ※非戦闘用のクエストモブ
+ ネタバレにつきクリックで詳細を表示




実績

v2.1.0以降、バイオームとダンジョンに結界が張られるようになった。
バイオーム側は特定の状態異常がバイオーム内で永続発生する。
ダンジョン側は破壊と同時に結界が表れブロックが再生するため、実質ツールを用いた侵入、攻略が不可能になっている。
また、ダンジョン内のレッドストーン入力設備も機能せず、敵Mobにダメージが与えられない模様。

爆破で結界無視でブロックを破壊できるが、この2点からやめた方が良いだろう。

これら結界は実績を解除することでその実績に対応するダンジョン、バイオームの結界が解除される仕組みになっており、
解除条件となる実績は全て前ダンジョン(メイジタワーならナーガ神殿が対応)の攻略がキーとなっている。そのため、v2.1.0からは順番にダンジョンを攻略、実績解除をする必要がある。

なお、V2.2.3よりクリエイティブモードであれば実績に関係なくすべての結界が解除される。



他のMODとの競合情報

Block ID 2160~2181、Item ID 27957-28026にアイテムを追加するMODとは競合する。
ただしこれらのIDの位置は、導入後の初回ログイン後に「config」フォルダ内に自動生成される設定ファイルから変更可能。
(mod_TwilightForest.cfgをメモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き換え、上書き保存)
(設定ファイル内におけるItemIDの値は、実際のゲーム中におけるIDより-256した数値で記載されている)

既存classは一切書き換えず、modsフォルダにzipファイルを置くだけで良いタイプである為、class競合の危険性は低い。

MoreFurnaceで追加されるブロックを配置すると、それらが設置されたチャンクを読み込む際に
「InternalServerError」となって、キャラデータなりワールドデータなりいじらないと動作不能になる不具合がある。




編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず 前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で 報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/The Twilight Forest
上記の内容を守れる方のみご利用ください。
  • Carminiteno - 名無しさん 2014-11-04 03:43:00
    • ミスタイプ Carminiteの和訳は「カーマイト」じゃなくて「カーミナイト」では? - 名無しさん 2014-11-04 03:43:51
  • ダークタワーの全体図すげーーーー - 犬様 2014-11-08 21:00:50
  • ゴブリン騎士の↑部分かわいい - 名無しさん 2014-11-08 21:02:28
  • エクスペリメント115なんかプレミアケーキみたいな… - 名無しさん 2014-11-08 21:03:51
  • スライムビートルなんかねばねばする虫 - 名無しさん 2014-11-08 21:05:07
  • ヒドラ・・・つよwwwww - 名無しさん 2014-11-10 20:07:17
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。 - るーき 2014-11-12 14:07:53
  • ダークタワーの+の醸造台の漢字が違います 「誤・鋳造台 正・醸造台」 - クリーパー 2014-11-15 20:57:39
  • ダークタワーの+の醸造台の漢字が違います 「誤・鋳造台 正・醸造台」 - クリーパー 2014-11-15 20:58:12
  • 、、、ふわんです - みのり 2014-11-16 13:41:37
名前:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム



アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク



Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ