食料


食料(Food

アイテムスロットに配置し、選択して右クリックを長く押すと食料を食べるモーションに移る。
そのままマウスの右(設定初期状態)を押し続けると食料を完食し満腹度を回復することができる。
満腹度は10個の骨付き肉のアイコンによって確認することができる。

満腹度アイコンが9個以上の時に体力が自然回復するようになり、3個以下になると走ることができなくなる。
満腹度が0になると徐々にHPが減り始める のでこまめに食事が必要。
HPが下記の表(単位はハートの数)以下になると、空腹によるダメージは受けなくなる。つまり、表の数値までHPが減る。
難易度 下限
Peaceful
Easy 5
Normal 0.5
Hard 0(=死亡)

※ver1.8からPeacefulでは満腹度が自然回復する。(ver1.7.10以前では減少が停止する)
ver1.7.10以前にて満腹度が0になった状態でPeacefulに変更した場合は、ダメージを受けるもののすぐに回復するため実質減少しない。
ただし、満腹度は自動回復しないので食料を食べないとダメージを受け続ける。
満腹度は様々なアクションで消費するが、ダッシュやジャンプはより多く満腹度を消費する。

回復量

公式Wiki - Foodより改変して表示。
腹持ちは後述する隠し満腹度の回復値。従って、一般条件下では「回復量」+「腹持ち」が総合的な回復量となる。
全体的に肉や穀物などの主食類は腹持ちが良く、逆に果物・菓子類は腹持ちに劣る傾向がある。
また、精錬可能な食料は精錬する事で総回復量が数倍に跳ね上がる。逆に精錬前は腹持ちが非常に悪いので面倒でも手間を惜しんではいけない。
回復量や腹持ちの数値の単位は、満腹度アイコンの数。

名前 画像 回復量 腹持ち 説明
生魚
Raw Fish
1 0.2 釣りをすることで手に入る。
ver1.8からガーディアン・エルダーガーディアンがドロップする。
生鮭
Raw Salmon
1 0.2 ver1.7.2から、 釣りをすることで手に入る。
ver1.8からガーディアン・エルダーガーディアンがドロップする。
クマノミ
Clownfish
0.5 0.1 ver1.7.2から、 釣りをすることで手に入る。
ver1.8からガーディアン・エルダーガーディアンがドロップする。
フグ
Pufferfish
0.5 0.1 ver1.7.2から、 釣りをすることで手に入る。
食べると、吐き気・毒・食あたりの可能性がある。
ver1.8からガーディアン・エルダーガーディアンがドロップする。また、猫の餌にする分には何の問題もない。
生の牛肉
Raw Beef
1.5 0.9 牛を倒すことで、1~3個手に入る。
生の豚肉
Raw Porkchop
1.5 0.9 豚を倒すことで、1~3個手に入る。
生の鶏肉
Raw Chicken
1 0.6 鶏を倒すことで、1個手に入る。
生のまま食べると30%の確率で食あたりを起こしてしまう。
生の羊肉
Raw Mutton
1 0.6 ver1.8から追加
ヒツジを倒すことで、1~2個手に入る。
生の兎肉
Raw Rabbit
1 0.6 ver1.8から追加
ウサギを倒すことで、1個手に入る。
リンゴ
Apple
2 1.2 樫の葉ブロックを壊した時に200分の1の確率でドロップする。
村やモンスターハウスなどの宝箱チェストに入っていることもある。
村人にエメラルドを渡すと交換してくれる。
ニンジン
Carrot
1.5 1.8 村で育っているのを見つけることができる他、ゾンビのレアドロップとしても入手できる。
ver1.8より、回復量が2→1.5に変更された。
ジャガイモ
Potato
0.5 0.3 村で育っているのを見つけることができる他、ゾンビのレアドロップとしても入手できる。
ビートルート
Beetroot
0.5 0.6 ver1.9から追加
村で育っているのを見つけることができる。
スイカ
Melon
1 0.6 スイカブロックを壊すと3~7個入手できる。廃坑の宝箱チェストから種を手に入れて育てる他、
ジャングルバイオームとその亜種に自生するスイカブロックからも入手できる。
コーラスフルーツ
Chorus Fruit
2 1.2 ver1.9から追加
コーラスプラントを破壊する事で入手できる。食べると今いるチャンク内の何処かにテレポートする。
焼き魚
Cooked Fish
2.5 3 生魚を精錬して作ることができる。
焼き鮭
Cooked Salmon
3 4.8 ver1.7.2から、生鮭を精錬して作ることができる。
ステーキ
Steak
4 6.4 生の牛肉を精錬して作ることができる。
牛を炎のダメージで倒してもドロップする。
焼き豚
Cooked Porkchop
4 6.4 生の豚肉を精錬して作ることができる。
豚を炎のダメージで倒してもドロップする。
村人にエメラルドを渡すと交換してくれる。
焼き鳥
Cooked Chicken
3 3.6 生の鶏肉を精錬して作ることができる。
鶏を炎のダメージで倒してもドロップする。
村人にエメラルドを渡すと交換してくれる。
焼いた羊肉
Cooked Mutton
3 4.8 ver1.8から追加
生の羊肉を精錬して作ることができる。
ヒツジを炎のダメージで倒してもドロップする。
焼き兎肉
Cooked Rabbit
2.5 3 ver1.8から追加
生の兎肉を精錬して作ることができる。
ウサギを炎のダメージで倒してもドロップする。
ベイクドポテト
Baked Potato
2.5 3 ジャガイモを精錬して作ることができる。
ver1.8より、回復量が3→2.5に変更された。
金のリンゴ
Golden Apple
2 4.8 リンゴと金インゴット×8で製作できる
食べると5秒間の回復速度上昇が付与される。
また、2分間最大HPが2増える。ただし追加された最大HPはダメージを受けても回復することはない。
総回復量は悪くないが、コストが驚異的なため携行食料には向かない。
極稀にモンスターハウスや要塞のチェストに入っている事がある。
弱化状態の村人ゾンビに食べさせると、村人に戻すことができる。
金のリンゴ
Golden Apple
2 4.8 イグルーなどの宝箱から入手
同一の名前で紛らわしいが、エンチャントのように怪しく煌いており、名前の色も違う。
食べると30秒の回復速度上昇(Regeneration Ⅳ)、5分間の防御強化と耐火能力を得る。
また、2分間最大HPが2増える。ただし追加された最大HPはダメージを受けても回復することはない。
こちらの金のリンゴは村人ゾンビを治すことはできない。
ver1.8.9まで、リンゴと金ブロック×8で製作できていた。
金のニンジン
Golden Carrot
3 7.2 ニンジンと金塊から製作することができる。
食料としては割に合わないのでポーションの材料専用と考えた方が良い。
パン
Bread
2.5 3 小麦3個から製作することができる。
モンスターハウスのチェストや、村人にエメラルドを渡すと交換してくれる他、
村人自身がクラフトして仲間の村人に投げてシェアする。
クッキー
Cookie
1 0.2 小麦×2とカカオ豆×1から8個製作できる。
村人にエメラルドを渡すと交換してくれる。
キノコシチュー
Mushroom Stew
3 3.6 スタック不可
2種類のキノコとボウルから製作することができる。使用してもボウルは残る。
ムーシュルームにボウルを右クリックで使うことによっても採取可能。
ウサギシチュー
Rabbit Stew
5 6 スタック不可
ver1.8から追加
キノコ(どちらでも可)とウサギの焼き肉とニンジンとベイクドポテトとボウルから製作することができる。
使用してもボウルは残る。
ビートルートスープ
Beetroot Soup
3 3.6 ver1.9から追加
ビートルート6つとボウルから製作することができる。使用してもボウルは残る。
パンプキンパイ
Pumpkin Pie
4 2.4 カボチャ、砂糖、卵から製作することができる。
村人にエメラルドを渡すと交換してくれる。
ケーキ
Cake
1×7 0.2×7 スタック不可
小麦×3、牛乳×3、砂糖×2、卵×1から製作することができる
地面に置いてからしか使えないが、7回使える(1.7.xまで6回)
左右どちらのクリックでも使用→回復可能。
クリックし続けて破壊すると残量問わず消滅する。
ケーキの下のブロックを破壊しても消滅してしまう。
村人にエメラルドを渡すと交換してくれる。
腐った肉
Rotten Flesh
2 0.4 ゾンビまたはゾンビピッグマンを倒すことで手に入る。
食べると80%の確率で食あたりを起こし、逆に満腹度を消費してしまう。
自然に治るまで(30秒)の満腹度消費は1.5なので、差し引きで少量回復する。
また、オオカミの餌にする分には何の問題もない。
クモの目
Spider Eye
1 1.6 スパイダー、ケイブスパイダー、ウィッチを倒すことで手に入る。
食べると僅かに満腹度が回復するが、必ず毒になり5秒間ダメージを受けるため
余程のことがない限り食べる機会はない。
青くなったジャガイモ
芽が出たじゃがいも
Poisonous Potato
1 0.6 ジャガイモを収穫するとき低確率で入手できる。
食べると僅かに満腹度が回復するが、60%の確率で毒になり5秒間ダメージを受ける。
+ ソートして見たい方はこちら

素材

※これら単体では回復できない
名前 画像 説明
小麦
Wheat
小麦の種を成長させ収穫すると入手できる。パン、ケーキ、クッキーの材料の一部になる。
村人がエメラルドへ交換してくれる素材の一つ。
カボチャ
Pumpkin
地上に稀に存在し、実から種を作成して栽培が可能。種は廃坑等のチェストに入っている事もある。
パンプキンパイの材料の一部になる。
村人がエメラルドへ交換してくれる素材の一つ。
キノコ
Mushrooms

地上、地下、ネザーのいたる所に生えている。キノコシチューの材料の一部になる。
カカオ豆
Cocoa beans
ジャングルに自生している。クッキーの材料の一部になる。
牛乳
Milk
バケツを牛に使うと入手できる。ケーキの材料の一部になる。
牛乳を持った状態で右クリックをすることで飲む事が出来る。
ただし、回復はせず、ポーションや食あたり等の状態異常の効果を消す効果をもつ。
使用後は空のバケツになる。

Egg
鶏から産み落とされる。ケーキ、パンプキンパイの材料の一部になる。
砂糖
Sugar
サトウキビを加工すると入手できる。ウィッチが落とすこともある。
ケーキ、パンプキンパイの材料の一部になる。
金塊
Gold Nugget
金インゴットを分解することで入手できる。ゾンビピッグマンから入手することもできる。
金のニンジンの材料の一部になる。
金インゴット
Gold Ingot
金塊9個から作成することができる。ゾンビピッグマンから入手することもできる。
金のリンゴの材料の一部になる。
村人がエメラルドへ交換してくれる素材の一つ。

レシピ



精錬


Tips

食あたり

生の鶏肉や腐った肉を食べると確率で状態異常「食あたり」を起こし、満腹度ゲージが緑色に変わって少しずつ消費されていく。
この時インベントリ画面を開くと左側に「空腹」の文字と共に、治るまでの時間(標準で30秒:満腹度は1.5消費)が表示される。
食あたり中に新たに食あたりになった場合は残り時間が30秒にリセットされる(30秒を超えることはない)。
つまり、腐った肉などは一度に沢山食べれば結果的に消費が少なくて済む。
また、牛乳を飲むことで即座に治すこともできる。

吐き気

フグを食べたときに起こる状態異常。
画面がネザーゲートに入った時のように激しく歪む。
そのため3D酔いに注意。(まあフグを食べる人はあまりいないだろうが)
牛乳で解毒するとなぜかネザーゲートのエフェクトが見えてから治る。


フグなどを食べた時に起こる状態異常。フグの場合1分間に渡ってライフが減り続ける。
下限値は0.5で毒で死ぬことはないが、解毒されるまで回復は打ち消される(ピースフルモードでも同様。)

隠し満腹度

満腹度には表からは見えない隠しパラメータがあり、満腹度はまず隠し満腹度から消費され、それが底をつくと通常の満腹度の消費が始まる。
食料にも隠し満腹度の回復量があり、通常回復量の少ない食料でも、食べた直後から再び満腹度が減り始めるまでには余裕ができる。
食あたりしているのに満腹度が減らない時があるのは、食あたりによる満腹度の減少も隠し満腹度から消費していくため。
満腹度ゲージが最大値になると新たに食べられないので、腐った肉などで隠し満腹度を回復する事は難しい(腐った肉の腹持ちが悪く感じられるのもこれが原因)。

隠し満腹度は、隠しと言っても完全に見えない訳ではなく、隠し満腹度が0になると満腹度ゲージが小刻みに震えるようになるので知ることが出来る。
また、隠し満腹度は通常の満腹度を越えることはない。
例えば満腹度が0の状態で金のリンゴ(最大で満腹度2、隠し満腹度4.8回復)を食べたとき、満腹度も隠し満腹度も共に2までしか回復しない。
空腹寸前では回復量の小さいスイカなどから食べてみたり、腐った肉も運良く食あたりにならなかったらそれ以上食べずに様子を見たりと、
昼間の地上など腹持ちが重要な時、夜間や地下で敵対Mobの危険がある時など、目的やHPと相談しながら食べ方を工夫してみよう。

満腹度を消耗するアクション

隠しパラメータとして「消耗レベル(Exhausion Level)」が存在する。
下記の表にある行動を行うごとに、消耗レベルが増加していく。
消耗レベルが4.0を越えるごとに、消耗レベルが4.0減少し、満腹度または隠し満腹度が0.5減少する。
行動 消耗レベルの増加
歩行、スニーク移動(1メートル当たり) 0.01
ダッシュ移動(1メートル当たり) 0.1
水中移動(1メートル当たり) 0.015
ジャンプ 0.2
ダッシュ中にジャンプ 0.8
ブロック破壊 0.025
攻撃 0.3
ダメージを受ける 0.3
空腹状態 1秒毎に0.5(15.0まで)
自然回復(HP0.5当たり) 3.0

食料の精錬

肉類、魚、ジャガイモなどの精錬可能な食料は極力精錬してから食べるのが基本。
なんといっても回復量が倍以上になるのが魅力で、鶏肉などは食あたりもしなくなる。

鶏・豚・牛は炎のダメージ又は炎上中に倒れた時に精錬後と同じ各種焼肉をドロップする。
炎上していれば倒した時のダメージが副次的なものでも構わない。これを利用して精錬の手間を省く事が出来る。
旅先にかまどを携帯してもいいが、火打石を使って地面を着火→攻撃、といった方法なら手間もかからずおすすめ。
ただし、火に飛び込む前の家畜が既に瀕死だった場合、焼肉にならず生の肉をドロップしてしまうので注意。
また、ドロップアイテムの焼失を避けるためにも着火したブロックはすぐに消火した方がよい。

参考として、火中にいる間のダメージは1回当たりハート0.5個。また、着火後は消火しない限り8回分のダメージがある。
従って、鶏はそのまま、牛や豚は素手で2~3発殴った後に、それぞれ着火するとよい。
他に、エンチャントの火属性(剣)・フレイム(弓)を使用するとより確実に焼肉にする事もできる。

食料の選択と確保

食料の確保は冒険の最優先課題。序盤は入手しやすいもので食い繋ぎ、以降は好みで量産体制を整えたい。

  • 肉類
携行食糧としては事実上最大回復量4(+6.4)であるステーキは多くのプレイヤーの垂涎の的。
他にも素材として要求頻度が高まった革、バケツを使えば牛乳とメリットも大きい。
基本的に牛の畜産が好調であれば他の食料は必要ないと言える性能だが、それだけに準備も手間もかかる。計画的に牧場を設営しよう。
尚、牛と豚はLooting(ドロップ増加)のエンチャントの付いた剣で処理する事で入手量を飛躍的に増大させる事ができる。
ステーキと並んで最高位の回復量を誇る焼き豚が狙い目。牛や豚は肉を1~3個ドロップするのが嬉しい。
難点は飼料となるニンジンの入手が難しく、畜産に漕ぎ着けるのに大きく運が絡む点。
近場に村がない場合、豚の畜産は後回しに考えた方が無難。
焼き鳥の回復量は3(+3.6)と十分な性能を持つ。
鶏を倒した際の肉のドロップ数が1固定であるため時間対生産量がかなり劣るものの、畜産で唯一飼料を用いずに数を殖やす事ができる利点があり、また同時に入手できる羽や卵も様々な用途がある。
時間効率より手間の少なさを取る場合に向いていると言える。究極的には焼き鳥への精錬・製造まで完全自動化する事も可能。
ver1.8より、死亡時に羊毛ブロックに加えて生の羊肉を1~2個ドロップするようになった。
これを精錬して作成できる焼いた羊肉は回復量3(+4.8)と優秀で、ステーキ類に次ぐ性能を持つ。
幼少期の羊は自発的に草ブロックを食べて成長を速めるため、他の家畜に比べ入手効率に優れる点も見逃せない。
ver1.8より追加されたウサギ肉を焼いたもの。回復量・腹持ちともパンや焼き魚と同様。
こちらもバイオームに多く生息するが、誘引にはニンジンが必要な点や繁殖にはタンポポ・ニンジンが必要な点、また死亡時に肉をドロップしないこともある点を考慮すると畜産食料としては向いていない。
魚・鮭
釣りで入手することのできる生魚。焼けばパンと同等の回復量だが、釣りと精錬の手間を考えると重要度は低い。
長所は釣竿と水辺があればどこでも釣れる点で、覚えておけばいざという時に重宝する。
また、水入りバケツから掘った地面に水を流しても釣れる(ver1.8実証)ため、理論上はどこでも釣りが可能。(雪山では水は凍ってしまうが、釣り中は凍らない。)
1マス分のくぼみに水を流しても釣れるが、テクスチャー上は水に釣り針が入らず、空中に浮いている(周囲のブロックから水が跳ねるため入ったことにはなっている。)
腐った肉
ゾンビを倒すと落とす例の肉。常用するには数を揃える必要があるため、ゾンビのスポナーが必要不可欠。
逆にスポナーさえ見つけられれば嫌というほど大量に手に入るため、使い捨てという意味で冒険のお供に有用。
ただ、短い間隔で消費するため、携行しても意外と簡単に底を付いてしまう事に注意。どちらかといえば近隣での活動に向く。

  • 農産物
小麦・パン
小麦から作成する代表的な食料であるパンは回復量2.5とそれほど高くないものの、種の入手・栽培共に簡単で量産体制を確立し易い。
小麦は食料以外にも牛や羊の畜産に大量に必要になるため、序盤から積極的に栽培しておきたい。
馬の飼料にもなり、地上を旅するときは敢えてパンを携帯し、馬が負傷したときの「傷薬」として兼用するのも良い。 ver1.8より、傷薬の役目は小麦となった。
以下、農産物由来の食料はいずれも骨(骨粉肥料)によって設営初期の規模拡大が容易な点が肉類に勝る。
ニンジン・ジャガイモ(ベイクドポテト)
収穫した農産物では珍しくそのまま食べる事ができる。
村に存在する畑やゾンビのレアドロップなど入手に運が絡むのが難点だが、一度入手できれば小麦と同様の体制で量産できる。
共通して優秀な点は産出量で、高い回復量ながら小麦の数倍の効率を誇る。特にベイクドポテトは精錬経験値も高めでメリットが大きい。
その特性から贅沢な使い捨てに向き、特に危険が予想される冒険のお供に最適。
尚、Fortune(幸運)の付いたツールで収穫すると更に量が増加する。耐久度も減少しないので利用価値は高い。
クッキー
通常のパンよりも費用対効果が高い(小麦×2+カカオ豆×1 → クッキー×8)が、腹持ちが異常に悪いのが難点。
カカオ豆はジャングルバイオームで自生するようになったため入手が簡単で、一度に大量に作れるのが利点。
長期携行食糧としては頼りないが、その生産性の高さから産地近隣での激しい運動を伴わない活動時に役立つ。
スイカ
ダンジョンのチェストや、ジャングルバイオームとその亜種に自生するスイカブロックからも入手できる。
回復量こそ微々たるものだが、農産物でありながら種を植え直す必要すらない自動化が魅力。
また、スイカブロックに圧縮すれば目減りを考慮しても約5倍の量を携行できる。分割や食事の煩雑さから地下探索には向かないが、地上の長旅のお供としては期待値で焼き鳥をも上回る総回復量が大いに役立つ。
リンゴ
オーク・ダークオークの葉からおよそ200分の1の確率でドロップする。
回復量は少なめだが、葉の自然消滅でもドロップする事から林業の副産物として入手できる。
入手割合は4本に1個程度と生産性は極めて薄いため、他の食料の量産体性が整うまでのつなぎに用いるとよい。
ビートルート(ビートルートスープ)
ダンジョンのチェストで種を入手したり、村の畑から入手が可能。
通常一つの株から一個しか手に入らないことや、そのまま食べても回復量が低いことなどから生食による常用には向かない。
ビートルートスープに加工すると焼き鳥やキノコシチューと同等の回復量となるが、産出量の低いビートルートを6個も使用、スタック不可、加工には作業台が必要と、
コスト、携行性、手軽さのどれにおいてもほかの食料と比べて見劣りする点が多い。あくまで趣味の食料として割り切るのがいいだろう。

  • その他
キノコシチュー
スタックできない欠点から、長距離の旅路で携行するには向かないが、材料の調達が容易でかつ十分な回復量を持つ。
また、湿地やメガタイガ、覆われた森のような広い農耕地が確保し辛い反面、キノコが群生している土地では、農業の収穫を待つよりはるかに食糧難を脱出しやすい。
ネザーで唯一安全に現地確保可能な食材でもある。
ウサギシチュー
キノコシチュー同様にスタック不可。回復量は食料中最高の5(+6)と相当なものだが、実は材料となるニンジン・ベイクドポテト・焼いたウサギ肉を別々に食べた場合は合計6.5(+9)となりウサギシチューを上回ってしまう。
必要材料が多い上に現地調達が難しいものばかりであり、携帯にも向かないため完全に趣味の食材と言える。
パンプキンパイ
いずれも単体では食料としては使用できなかったカボチャ・砂糖・卵から作られる特殊な食料。
回復量は4と高いものの、腹持ちを加味した総合的な回復量は焼き鳥と同程度(若干低い)。
食糧難対策にパンプキンパイを作成するケースはあまりないが、性能は良好なので趣味や気分転換に用いると良い。
卵(養鶏場)も必要になる事から焼き鳥と並行して生産できる。
ケーキ
合計回復量は高いが、回復は7回に分けて行われる上、ケーキ一切れの腹持ちはクッキー並しかない。
作成の手間がかかり、なおかつ携帯にも向いてない。設置できる食料なので、景観用など雰囲気のための嗜好品と言ってよい。


バイオーム別食料対策

序盤は食料確保が重要な課題の一つ。
鶏・豚・牛・羊・兎に恵まれていたとしても、家畜はそう頻繁にはスポーンしないため狩り尽くしてしまえば同じ事。
将来的に畜産を行うつもりなのか、農業に絞って行動するのか、予め方針を定めておくのが大事。

先ずは飢えを凌げるものを、そしてその間に継続的に備蓄できる環境を作りたい。
そのための最低限の食料すら見つからない雰囲気ならば、初期リスポーン地点を捨てて旅に出る事も視野に入れよう。

草原、サバンナバイオーム
家畜や小麦の種のどちらも確保し易く、付近に樹木と水源さえ見つかれば畜産・農林業のどちらも適する。
運悪く家畜がいない場合でも、小麦の種が余る程採取可能なので、それほど苦労せずにパン作成まで漕ぎ着けられるはず。
夜間に出没するスケルトンから骨粉を確保し、小麦を促成栽培するのもよい。
水源がなく、スケルトンに勝てる自信もないなら、地道に小麦の成熟を待つ方が無難。
雪原(寒冷タイガ)バイオーム
基本的に草原と変わらないが、水源は凍結してしまうため農耕地の状態に注意。水源の上にブロックを配置すれば防止できる。
草原に比べると雑草の数が少ないので種の収穫率は若干劣るが、注意深く探せば比較的あちこちで見つけられるはず。
山岳バイオーム
牛の出現率がやや高めなので、歩き回って探すとよい。
ただ、水源や樹木に乏しく、土地も狭いことから農耕には向かない。慣れるまではふもとに降りて暮らす方が楽な事もある。
高高度からの広い視野を生かして水辺や樹木のある場所の目星を付けるべし。
森林、タイガバイオーム
樹木が大量にあるため最初期から一通り道具を揃えられる。畜産・農林業・ドロップ狙いの戦闘のいずれの手段も可能。
樫の木からリンゴのドロップも期待できるし、小麦の生産も容易なので好きなように食料を探そう。
何らかの家畜がいるはずなので、しばらくは狩って肉を食べると良い。
ただし、物陰が多いことから、ドロップを狙って夜間戦闘をするのは少々リスクを伴う。
湿地・沼地バイオーム
あちこちにキノコがあり、樹木・水源共に過不足なく、空を遮るものも無いなどベジタリアンに最適な立地。
キノコを回収してキノコシチューを作成しつつ、農林業を行うだけでよい。基本的に食料で困窮はしないはず。
キノコは天井が低い暗室を作り、そこで2種のキノコの栽培を行おう。
砂漠バイオーム
家畜はおらず、農林業を行うための下地もない。直接食料になるのはモンスターの腐った肉などのドロップのみ。
砂漠の村がすぐ近くにあれば別だが、そうではない場合はうろうろせずさっさと別のバイオームに出た方がよい。
幸い、砂漠バイオームだけが孤立して孤島化することはほとんどないので、歩けば恵み豊かなバイオームに到達できるはず。
ジャングルバイオーム
高確率で何らかの家畜がおり、比較的水場に困らないため農林業にも適する。
問題は大量のツタや葉ブロックなど地形の高低差で、多少なりとも周辺の整備を行わないと移動も農林業も不便極まりない。
ただ、あまり派手に動き回っては満腹度を無駄に浪費するだけなので、落ち着いて行動しよう。
ジャングル特有の群生素材であるカカオ豆は早めに小麦の栽培を行ってクッキー化して増量したい。
また、全バイオーム中唯一スイカが自然生成されることがあるので、発見できれば儲けもの。
モンスターの湧きスペースが少ないことと、足場が悪いことから、ドロップ狙いの戦闘には向かない。
孤島(海洋バイオーム)
開始直後から海に落着した場合、とにかくどこかの陸地まで泳ぐしかない。
孤島も規模次第では同様に移動が不可欠。そもそも樹木のないような絶海では生きる事すらおぼつかない。
全てのバイオームの中でもっとも食糧難に陥りやすく、生存難易度は高い。
キノコ群生島
大量のキノコとムーシュルームが魅力的なバイオームだが、樹木がなければまったく恩恵に肖る事が出来ない。
付近に別の島がないのであれば、頼りないが生の牛肉を携えて旅に出よう。後々戻って来るための目印も忘れずに。
逆に運良く近隣で樹木を見つけた場合は一転して食料天国となる。
モンスターも湧かないので存分にキノコシチューとステーキを貪ろう。
メガタイガ
キノコ群生島の亜種で、キノコ群生島よりはるかに出現率が高い。
土壌のメインであるポドゾルは菌糸と似た属性を持ち、草ブロックのように伝播はしないものの、
明るい状態でもキノコを植えて増やすことができるため、キノコ栽培に最適の土地。
逆に通常の土ブロックの出現率がやや低くなっているため、広い農耕地の確保は難しい。
また、樹木がメインのバイオームなので、キノコ群生島と異なり移動する必要はなく、定住するのに向いている。
ただし赤キノコの群生率がやや低めなので、入手後はポドゾルで培養するとよい。
余談だが、ウサギの出現率が高い土地なので、どこかでニンジンとジャガイモを入手できれば、
ウサギシチューの増産が比較的やりやすい土地でもある(完全に趣味の領域だが)。
メサバイオーム
枯れ掛けの樹木と乏しい水源の他には命を潤してくれそうな物が存在しない。
種が入手しにくく、動物もスポーンしないので序盤に生存するのは難しい。
覆われた森バイオーム
森林バイオーム同様、樹木は大量に存在し、リンゴも入手できる。
また、このバイオームの目玉となっている巨大キノコは、プレイヤーに多大なる恩恵を与えてくれるはずだ。
ただ、真昼でもモンスターがスポーンするので注意が必要かもしれない。
小麦・ニンジン・ジャガイモの畑がランダムで付随し、初期に見つけられればそのまま借りて運営できる。
水源付きの農地なので、後は光源の確保や踏み荒らし対策をすれば万全。食糧難の心配は無いので好きなように拡張可能。
注意点としては、村には明かりがほとんどないので、そのままでは家屋の中にすらモンスターが湧く。
後々村人との取引を行うつもりなら畑はひとまず置いておき、堀、柵、ベッドの作成など、ゾンビ対策を優先しよう。
ネザー
遠征やポータル破壊による不慮の事故など、何らかの理由で長期滞在する場合、自生しているキノコが利用できる。
ネザーではネザーラックの上に植え直すだけで増殖させられる為、ガストなどが入り込めない隙間で栽培すると量産可能。
通常世界から資材を持ち込んで食料量産システムを構築する場合、いくつかの量産体制を平行して運営することで飢餓の克服が可能。
農業を行う場合、小麦と一緒に水の有無に左右されないカカオ栽培を行いクッキーを作ることで、少ない収穫小麦を有効活用できる。
また畜産業では、卵を孵化させることで飼料なしで増やせる鶏が候補に上がる。上記の小麦栽培で余った種も活用すると良い。

参考リンク



編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    Wiki運営に関してはWiki運営掲示板、質問は質問掲示板、雑談等は非公式フォーラムにてお願いします。
  • 投稿の前に、一度コメントログや、バージョンアップ直後はパッチノートにも目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
  • 腹持ちは回復量×係数で計算されるようです。係数は0.2, 0.6, 1.2, 1.6, 2.4の5段階。恐らくベイクドポテトの腹持ちの表記が変更前の3.0*1.2=3.6になっていると思われます。確認はしていませんが恐らく2.5*1.2=3.0に変更されていると考えられるので確認できる方お願いします。 - 名無しさん 2016-02-12 04:30:22
    • 親コメントの投稿者です。公式wikiを確認したところ間違いないようなので編集しました。併せてニンジンの腹持ちも修正しました。 - 名無しさん 2016-02-21 03:47:55
  • 私の主食は金ニンジンなので食料の選択の所に「鉱石を沢山掘る人はアリかもしれない」的な感じで追加してほしいです。金ニンジン以外と良いよ - 炭鉱夫 2016-02-17 16:58:38
  • モンスタースポナーの出現率は? - 豊 2016-02-19 22:15:26
    • その質問はこのページに編集にどう関係していますか? - 名無しさん 2016-02-20 00:17:16
      • 恐らくゾンビの腐った肉の収集効率を他の食料と比較する為だと思いますが、時間やコストなど全て考慮すると計算式が複雑すぎるので比較はしない方が良いでしょう。食料毎の回復量やスタック数は書いてあるので、後は個人の判断や好みで自由に選べば良いと思います。 - 名無しさん 2016-02-21 03:29:26
  • ケーキに使うバケツって消費されるんですか?ケーキには鉄資源が必要? - 名無しさん 2016-02-24 05:09:48
    • レシピについてはレシピページを参照してください。 - 名無しさん 2016-02-24 18:45:42
  • 1.9からのビートモス、村の畑で発見しました - 名無しさん 2016-03-06 23:26:03
  • 1.9で金のリンゴ上位の入手手段が変更されたので、書き換えさせて頂きました。 - chiino 2016-03-10 04:51:52
  • 1.9から隠し満腹度減った気がします 体感ですが - 名無しさん 2016-03-12 21:55:40
  • クマノミは何に使えるんですか - usen171 2016-03-20 21:15:58
    • すみませんさっきの続きです食べる以外に何かに使えるんですか? - usen171 2016-03-20 21:18:23
      • 吊り下げ編集。とりあえず書いてあるルールくらいは読みましょう。 - 名無しさん 2016-03-21 01:13:28
  • ver1.9からのビートルート,ビートルートスープの記載がないのですが - 名無しさん 2016-03-29 23:48:01
  • 焼いた羊肉でわなく「ラム肉」と言うだろう - 名無しさん 2016-04-11 18:18:32
    • 現実の名称を表記しているのではなく、Minecraft最新バージョンの名称を記載しております。 - 名無しさん 2016-04-11 21:12:01
    • 議論がなされておりますが、最新バージョンでの名称が変更したのではないのなら雑談となりますので、以下同様のコメントは削除させて頂きます。 - 名無しさん 2016-05-14 19:24:46
名前:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ