MOD解説 > IC+BC系コラボアドオン



目次

用語解説

◆IndustrialCraft²用語解説

別ページを参照。

◆BuildCraft用語解説&数値データ

+ (開くにはここをクリックしてください)



対応ver ・ ID使用範囲

MOD名 作者名 対応本体ver 対応ICver 対応BCver 使用BlockID 使用ItemID
Power Converters
BC-IC Crossover Mod
Transformers
kuukai's Cross Converter




MineFactory Reloaded


専用の解説ページがあるので詳しくはそちらを参考に。

IC2とBCの両方が導入されていなくても一応単独で動くので、厳密には拡張アドオンとは少し違うのだが、
IC2・BCの双方と深い関係を持ち、両MODの同時導入を強く意識した形になっている。

全自動○○の作成難易度は、下記のForestry For Minecraftと比べるとだいぶ易しめで、
釣りや牧畜なども全自動化でき、配線や配管、コスト管理やリソース管理もそこまで複雑&カツカツではない。




Forestry For Minecraft


専用の解説ページがあるので詳しくはそちらを参考に。

IC2とBCの両方が導入されていなくても一応単独で動くので、厳密には拡張アドオンとは少し違うのだが、
IC2・BCにより追加されるアイテムと非常に深い関係を持ち、
MODの機能を十二分に引き出すには、両者の導入が半ば不可欠になっている。

全自動○○の作成難易度は、上記のMineFactory Reloadedと比べるとだいぶ難しく、コスト管理も厳しい。
「便利な全自動化施設を追加するMOD」というよりは、
生半可な工場作成には飽きたプロの配管工に贈られる、上級者向け工場作成キットとしての側面が強い。




Power Converters (v2.2.0)で追加

【作者】 power crystals(1.6.2以降はsamrg472)
【対応】 Minecraft (1.5.2)(1.6.4)(1.7.10)
【前提mod】 PowerCrystalsCore 1.0.1(1.6.2以降は不要)
【配布場所(~1.5.2)】http://www.minecraftforum.net/topic/1629898-
【配布場所(1.6.2~)】http://www.minecraftforum.net/topic/1695968-
【配布場所(~1.7.10)http://jamesmckay.id.au:8080/job/Power%20Converters/lastSuccessfulBuild
【導入方法】 DLしたzipファイルをmodsフォルダ内に置くだけでOK

Power Convertersは作者の復帰に伴いIC2、BC/TE、RC、UE、FZの各種エネルギーを相互変換するmodとして新生した。 v2.x系列はv1.x系列とは互換性がない。
それに伴い、溶岩製造機等の一部のマシンは同作者のMineFactory Reloaded(2.1以降)に移された。
1.6.2以降対応版はIC2 experimentalのみ対応。 expでないIC2のケーブルを繋ぐとクラッシュし、MCEdit等で取り除かない限りそのワールドが実質使用不可能になります。

  • 全てのブロックは素手で楽に回収可能。
  • 出力装置は入力装置を単体でクラフトすることで作成可能。
名前 作り方 説明
エネルギーブリッジ
(Energy Bridge)
ダイヤモンド+金インゴット4+ガラス2+レッドストーンパウダー2
各種エネルギーを変換する中枢装置。このブロックに必要な入出力ブロックを接続して使用する。
汎用充電器
(Universal Charger)
#ref error : ファイルが見つかりません () チェスト+金インゴット4+鉄インゴット2+レッドストーンパウダー2
ブリッジからの出力モジュール。隣接するチェストなどの中にあるアイテムを充電する。認識するのはIC2とUEのアイテム。ちなみにプレイヤーが上に立つとインベントリ内の該当アイテムを充電してくれる。
BC MJ入力
(BC Consumer)
石エンジン+金インゴット4
BCのMJ用の入力モジュール。外部から入力されたMJをブリッジに送る。以下も同様。
BC MJ出力
(BC Producer)
#ref error : ファイルが見つかりません () BC MJ入力
BCのMJ用の出力モジュール。ブリッジに蓄えられたエネルギーをMJとして出力する。以下も同様。
FZ入力
(FZ Consumer)
#ref error : ファイルが見つかりません ()
FactorizationのCG用の入力モジュール。
FZ出力
(FZ Producer)
#ref error : ファイルが見つかりません () FZ入力
FactorizationのCG用の出力モジュール。
IC2 LV入力
(IC2 LV Consumer)
#ref error : ファイルが見つかりません () 低圧変換装置+金インゴット4
IC2の低圧用の入力モジュール。
IC2 LV出力
(IC2 LV Producer)
#ref error : ファイルが見つかりません () IC2 LV入力
IC2の低圧用の出力モジュール。
IC2 MV入力
(IC2 MV Consumer)
#ref error : ファイルが見つかりません () 中圧変換装置+金インゴット4
IC2の中圧用の入力モジュール。
IC2 MV出力
(IC2 MV Producer)
#ref error : ファイルが見つかりません () IC2 MV入力
IC2の中圧用の出力モジュール。
IC2 HV入力
(IC2 HV Consumer)
#ref error : ファイルが見つかりません () 高圧変換装置+金インゴット4
IC2の高圧用の入力モジュール。
IC2 HV出力
(IC2 HV Producer)
#ref error : ファイルが見つかりません () IC2 HV入力
IC2の高圧用の出力モジュール。
IC2 EV入力
(IC2 EV Consumer)
#ref error : ファイルが見つかりません () MFSユニット+金インゴット4
IC2の超高圧用の入力モジュール。
IC2 EV出力
(IC2 EV Producer)
#ref error : ファイルが見つかりません () IC2 EV入力
IC2の超高圧用の出力モジュール。
RC Steam入力
(Steam Consumer)
#ref error : ファイルが見つかりません () 商用蒸気エンジン+金インゴット4
RCの蒸気用の入力モジュール。
RC Steam出力
(Steam Producer)
#ref error : ファイルが見つかりません () RC Steam入力
RCの蒸気用の出力モジュール。
UE LV入力
(UE LV Consumer)
#ref error : ファイルが見つかりません () 蓄電器+金インゴット4
UEの低圧用の入力モジュール。
UE LV出力
(UE LV Producer)
#ref error : ファイルが見つかりません () UE LV入力
UEの低圧用の出力モジュール。
UE MV入力
(UE MV Consumer)
#ref error : ファイルが見つかりません () 蓄電器+金インゴット4
UEの中圧用の入力モジュール。
UE MV出力
(UE MV Producer)
#ref error : ファイルが見つかりません () UE MV入力
UEの中圧用の出力モジュール。
UE HV入力
(UE HV Consumer)
#ref error : ファイルが見つかりません () 蓄電器+金インゴット4
UEの高圧用の入力モジュール。
UE HV出力
(UE HV Producer)
#ref error : ファイルが見つかりません () UE HV入力
UEの高圧用の出力モジュール。

計算式

エネルギーの変換は以下の重み付けで計算される。(コンフィグで変更可能)
種別 単位 価値
BC/TE 1MJ 4375
IC2 1EU 1800
RC,Steam 1mB 875
UE 1W=1J 10
FZ 1CG 1458
例えば、100MJは100*(4375/1800)≒243のIC2電力に変換される。




Power Converters(v1.3.7)で追加

【作者】 power crystals
【対応】 Minecraft (1.4.7) +BC (3.2.0) +IC2 (1.112)
【配布場所】http://atomicstryker.net/powerconverters.html(別作者)
【導入方法】 DLしたzipファイルをmodsフォルダ内に置くだけでOK (Version 1.3.4 ではDLした zip には クライアント版, サーバー版, ソース フォルダ が入っていますので、そのままでは認識できません。 )

  • 全てのブロック(=設置式のマシン)は、レッドストーン入力されている間は変換作業を一時中断する性質を持つ。
  • 全てのブロック(=設置式のマシン)は、IC2のレンチで向き変更&撤去できないが、素手で楽に回収可能。
  • エナジーリンクから変換されたMJを引き出す場合、エネルギー用の木パイプ設置が必要。
  • 溶岩製造機と石油製造機は、他の多くのMODと違って液体搬出用の木パイプ設置が必要ない。
  • 水力発電機・改の濾過機能は、入力面と反対側の面にも液体パイプが設置されていなければ有効にならない。
  • 水力発電機・改、地熱発電機・改ともに、内部の見えない液体ゲージはバケツ4杯分の容量。
名前 作り方 説明
低圧用パワーコンバータ
(Engine Generator LV)
金インゴット4+レッドストーンパウダー2+木エンジン1
+低圧変換装置1+鉄の歯車1

エネルギー変換機。BC → IC片方向。低圧用(出力30EU/tick)
正確には変換機でなく、併設した原動機(エンジン)の力で発電を行う発電機。
上記のEnergy Coupler版との違いも含めて、これも下の方でまとめて解説。
中圧用パワーコンバータ
(Engine Generator MV)
金インゴット4+レッドストーンパウダー2+石エンジン1
+中圧変換装置1+金の歯車1

エネルギー変換機。BC → IC片方向。中圧用(出力120EU/tick)
高圧用パワーコンバータ
(Engine Generator HV)
金インゴット4+レッドストーンパウダー2+鉄エンジン1
+高圧変換装置1+ダイヤの歯車1

エネルギー変換機。BC → IC片方向。高圧用(出力510EU/tick)
エナジーリンク
(Energy Link)
合金板2+金の歯車2+レッドストーンパウダー3+銅のケーブル1
+エネルギー木パイプ1

エネルギー変換機。IC → BC片方向。出力制限なしの全圧対応。
上記のEnergy Coupler版との違いも含めて、これも下の方でまとめて解説。
溶岩製造機
(Lava Fabricator)
合金板4+金の歯車1+液体タンク2+石かまど1+物質製造機1
50000EUにつきバケツ1杯分の溶岩を、原材料なしに0から作り出す装置。
電力供給用のケーブルと、作った溶岩を運び出す液体用パイプの敷設が必要。
この際、木パイプとエンジンを併設しなくても自前で搬出してくれる。
また、電力供給は全圧対応、512EU/tickより上の電圧を流しても爆発しないが、
限界効率は250EU/tick、溶岩1個当たり最低10秒の作成時間が必要。
石油製造機
(Oil Fabricator)
合金板4+ダイヤの歯車1+液体タンク2+TNT1+物質製造機1
50000EUにつきバケツ1杯分の黒オイルを、原材料なしに0から作り出す装置。
精製物が黒オイルに変化した以外、基本性質は全て上記の溶岩製造機と同じ。
水力発電機・改
(Water Strainer)
液体タンク1+水力発電機1+液体用の鉄パイプ1
専用GUIを失い、セルやバケツでの水搬入は不可能になったが、
BCの液体パイプで直接水を搬入できるようになった、改良型の水力発電機。
出力レートは水1ブロックにつき12.5秒かけて500EU(2EU/tick)
ただし通常の発電機同様、ケーブル+供給先が存在しない時は稼動しない。
BCの石エンジン+ポンプと組み合わせれば、
石炭1個(4000EU)につき144ブロックの水(72000EU)が汲み出せる計算なので、
複数設置により秒間出力の低ささえカバーできれば、
太陽光発電にも負けない活躍ができる。もう要らない子だなんて言わせない。
搬入口の反対側にも搬出用の液体パイプが設置されている場合、
パイプ内の水だけ捕まえ、それ以外の液体はスルーして通す機能も持つ。
地熱発電機・改
(Geothermal
Generator Mk2)
液体タンク1+地熱発電機1
専用GUIを失い、セルやバケツでの溶岩搬入は不可能になったが、
液体用パイプで直接溶岩を搬入できるようになった、改良型の地熱発電機。
出力レートは溶岩1につき125秒かけて50000EU(20EU/tick)
BC側の鉄エンジン(溶岩)の作業効率に準拠した結果、
IC2本来の地熱発電機と比較して秒間出力は2倍、EU生産量は2.5倍と、
原子力発電も目じゃないくらいに大幅な強化が図られている。
ただし上記の「水力発電機・改」と違って、対象外液体の濾過機能は持たない。
現在IC2本来の地熱発電機がBCの液体用パイプで直接溶岩を搬入できるようになったため
設定を変更しない限り通常は作成できなくなった。
燃料補給棒
(Jetpack Fueller)
液体用の木パイプ1+ゴム1+木の棒1
IC2のジェットパック専用。
空になったジェットパックを装備欄またはインベントリに持っている状態で、
金オイル入りの液体タンク(BC)をこれで右クリックすると、
バケツ1杯分の金オイルを消費し、自動的にジェットパックが再充填される。
燃料の残ったジェットパックを1個でも持っている状態では無効。
燃料缶
(Filled Fuel Can)
空の燃料缶1+金オイル入りバケツ1
空になった燃料缶に、BCの金オイルを使って再び燃料を充填するレシピ。

Engine Generator

  • 「MJ→EU」の変換には、三種類ある「Engine Generator」を使用する。低圧=緑、中圧=黄、高圧=赤。
  • 「Energy Coupler」と違って「Engine Generator」は面固定がなく、どの面からも入力・出力が可能。
  • 低圧用は30EU/tick、中圧用は120EU/tick、高圧用は510EU/tickで出力電圧固定。
  • カプラと違って内部に隠れたEU一時蓄電枠を持ち、それを活用するのでエネルギーロストが発生しにくい。
  • 弱いMJ入力が成された場合、複数回ピストンで蓄電が規定電圧以上になるのを待ってから放出。
    • 例として、高圧用コンバータに石エンジン1機を併設した場合(52MJ=130EU)、
      約ピストン4回毎に電圧510/tickの電流1本出力。
  • 強いMJ入力が成された場合、1回のピストンで発生した電力を規定電圧/tick単位で複数本に分けて放出。
    • 例として、低圧用コンバータに鉄エンジン(金油)1機を併設した場合(130MJ=325EU)、
      ピストン1回毎に電圧30/tickの電流10~11本分けて、10~11tickかけて分割出力。
  • 低圧用のコンバータに鉄エンジン(金油)を3機以上隣接させるなど、非常に強いMJ入力が成された場合、
    次のピストンが来るまでに蓄電を分割放出しきれず、流石にエネルギーロストが発生する。

Energy Link

  • 「EU→MJ」の変換には、「Energy Link」を使用する。これ一つで全圧対応。
  • 1tick辺り(75EU→30MJ)の変換上限があり、ロストこそしないが1個ではそれ以上の出力は不可。
  • ただし30MJ/tick=600MJ/秒というのは破格に強力な出力であり、鉄エンジン(金油)の6機分に相当する。
    エネルギーパイプで分配した場合、リファイナリー26機を安定稼動(4機を最高効率稼動)させる。
  • 75EU/tick以上の入力をされた場合、たとえ出力先の機械が一つしかなくても、常時75EU/tick消費、
    秒間にして1500EU、分間にして90000EUの電力を食うので、
    むしろ機械1台に対してしか使わないような場合、128EU/tick以上の中~高電圧で入力するのはEUの無駄。
  • BatボックスやLV変電機と組み合わせ、電力消費レートを32EU/tickに抑えてすら、
    12.8MJ/tick=256MJ/秒に相当、リファイナリー11機を安定稼動(2機を最高効率稼動)させる。
  • なので単独の機械を動かす場合、火力発電機(5EU/tick)や地熱発電機(10EU/tick)からの直繋ぎで事足りる。


設置図・スクリーンショット

上段がパワーコンバータ、中段がエナジーカプラのEU対応面(丸1個)、下段がエナジーカプラのMJ対応面(丸3個)
それぞれ左から順に、低圧用(LV)、中圧用(MV)、高圧用(HV)


【PowerConverters】で追加される、溶岩製造機(上段)と石油製造機(下段)
どちらもバケツ1杯分=50000EUの変換レートで、どちらも作成された液体を搬出するための木パイプは必要ない。


【PowerConverters】で追加される、水力発電機・改(上段)と地熱発電機(下段)
どちらも内部にはバケツ4杯(5杯?)分の液体しか受け入れられず、それ以上の液体は入れずに押し返される。




BC-IC Crossover Mod(v2.0)で追加

【作者】 silentdeth
【対応】 Minecraft(1.4.6/1.4.7)+IndustrialCraft2(1.112)+BuildCraft(3.3.0)
【配布場所】 http://forum.industrial-craft.net/index.php?page=Thread&threadID=2444
【導入方法】 DLしたzipファイルをmodsフォルダ内に置くだけでOK

  • 電気エンジン4種は、BC2のレンチで向き変更可能、レッドストーン入力でon/off切り替え。
  • 石油化学発電機は、IC2のレンチでワンクリック撤去可能、レッドストーン入力で一時停止可能。
  • 物質⇒石油変換機は、向き変更もワンクリック撤去も出来ず、レッドストーン入力されていても作業を一時停止しない。
  • 石油化学発電機、物質⇒石油変換機ともに、発電or変換作業自体にはエネルギーを必要としない。
  • 物質⇒石油変換機から作成された黒オイルを取り出すには、別付けの液体用の木パイプ(+別エンジン)が必要。
名前 作り方 説明
小型電気エンジン
(Small Electric Engine)
スズインゴット1+石エンジン1+火力発電機1
電力(EU)で動くエンジン。低電圧(32EU/tick)以下にのみ対応。
最も低性能な電気エンジンだが、蓄熱が発生せず常時青、冷却が必要ない。
が、時間当たりの出力性能は鉄エンジン(溶岩)と同等であり、
単機で高度な機械を稼動させるには色々と出力不足な面が否めない。
中型電気エンジン
(Medium Electric Engine)
青銅インゴット1+鉄エンジン1+火力発電機1
電力(EU)で動くエンジン。中電圧(128EU/tick)以下にのみ対応。
通常の鉄エンジンと違い、エンジンカラーが赤色になっても爆発しないが、
赤くなるほどピストン速度が鈍化、作業効率が落ちる特性を持つ。
常時の廃熱発生により、常に青色で稼動させるためには冷却水搬入が必須。
青色状態では鉄エンジン(黒)の約2倍のピストン速度を誇るが、
ピストン1回当たりの出力が鉄エンジン(黒)の約1/2程度になっているため、
総合的な作業効率は鉄エンジン(黒)にほぼ等しくなっている。
大型電気エンジン
(Large Electric Engine)
アドバンスドマシン1+鉄エンジン1+火力発電機1+電子回路2
電力(EU)で動くエンジン。中電圧(128EU/tick)以下にのみ対応。
基本的な仕様は電気エンジン(中)と同じだが、
単位時間あたりの出力が鉄エンジン(金)の1.33倍になっている。
ただし、電力や冷却水の消費もそれに比例して増加。
工業用電気エンジン
(Industrial Electric Engine)
鉄エンジン3+アドバンスドマシン1+発展回路2+MFEトランスミッタ1
+火力発電機2

電力(EU)で動くエンジン。高電圧(512EU/tick)以下にのみ対応。
青色状態では鉄エンジン(金)の4倍以上の出力を誇り、
赤色状態でさえ電気エンジン(大)と同程度のピストン速度を維持する。
赤でも十分働くというか、むしろ青だと電力と冷却水の供給が追いつかないので、
下記ヒートシンクまたはいっそ冷却水なし、常時赤状態で動かした方が運用自体は安定する。
ブロンズ板
(Dense Bronze Plates)
ブロンズ4
ブロンズヒートシンク用中間素材。
ブロンズヒートシンク
(Bronze Heat Sink)
熱交換器1+ブロンズ板5
熱を持つエンジン(鉄エンジンや同MODの電気エンジン等)の冷却に使用。
ヒートシンクをエンジンに隣接させることで動作する。
またヒートシンクをヒートシンクで冷やすことも可能。
ブロンズヒートシンクは冷やす能力は3つの中で最低で
例として電気エンジン(中)の温度を保つのに横付け1つそのヒートシンクを冷やすヒートシンク2~3つが必要になる。
銅ヒートシンク
(Copper Heat Sink)
コア特化型熱交換器1+銅板8
Bronzeよりは性能は高い。電気エンジン(中)の温度を保つのに3個あれば十分。
冷却ヒートシンク
(Refrigerated Heat Sink)
銅ヒートシンク1+圧縮機1+60K冷却セル2
EUを消費してすさまじい冷却効果を発揮する。
入力は中圧(128EU)まで対応。
工業用電気エンジンを冷やすのですら48EUほどあれば十分足りる。
工業用電気エンジンを冷やすのなら水ではなくこちらで冷やした方が良い。
石油化学発電機
(Petrochemical Generator)
液体タンク2+ゴム2+木の蛇口2+火力発電機1
BCの「黒オイル」「金オイル」、FFMの「バイオエタノール」を燃料に稼動する火力発電機・改。
バケツでの搬入もできるが、やはり液体パイプを使うのが望ましい。
黒オイルだと1杯につき、出力16EU/tick、200秒かけて64,000EU。
バイオエタノールだと1杯につき、出力32EU/tick、200秒かけて128,000EU。
金オイルだと1杯につき、出力32EU/tick、400秒かけて256,000EU発電する。
物質⇒石油変換機
(Oil Materializer)
液体タンク2+ゴム2+木の蛇口2+全自動作業台
物質製造機(MassFabricator)で作成したUUマター3個を、黒オイル1杯分に変換する。(configでレート設定可)
変換作業自体は無消費だが、オイル吸い出しには木パイプ+エンジンが必要。
普通にマターを作ると100万EU消費、黒オイル1杯で5万EU発電可能なので、変換効率は悪い。
スクラップ加速でマターを作り、リファイナリで金オイルに精製して発電すれば…


BC-IC Crossover Modで追加される電気エンジン4種

  • 電力(EU)を燃料にして動くエンジンで、内部レートは1MJ = 8EU。(コンフィグで変更可能)
  • 蓄熱が限界を超えても爆発しないが、赤熱化するほどピストン速度が落ち、作業効率が低下する。
  • BuildCraftの鉄エンジン同様、動作中は常に廃熱が溜まり、自然放出が間に合わない。
  • 冷却水が搬入されていると、緑化の一歩手前から水を消費し始め、青色状態を維持しようとする。
  • 例外は「小型電気エンジン」。常時稼動でも常に青色で、冷却水も必要ない。

小型電気エンジンの常時稼動を保つには、8EU/tick以上の電力供給が必要。
中型電気エンジンの青色+常時稼動を保つには、冷却水+24EU/tick以上の電力供給が必要。
大型電気エンジンの青色+常時稼動を保つには、冷却水+64EU/tick以上の電力供給が必要。
工業用電気エンジンの青色+常時稼動を保つには、冷却水+200EU/tick以上の電力供給が必要。

小型電気エンジンの秒間出力は、鉄エンジン(溶岩)と同程度。
中型電気エンジン青色の秒間出力は、鉄エンジン(黒油)とほぼ同程度。
大型電気エンジン青色の秒間出力は、鉄エンジン(金油)のおよそ1.33倍に相当。
工業用電気エンジン青色の秒間出力は、鉄エンジン(金油)のおよそ4倍に相当。

爆発しない事もあり、工業用電気エンジンは赤色で動かしてしまっても別に問題ないほどの高出力を誇る。
むしろ冷却しようとするとポンプ1台では間に合わないほどの速度で水を消費する。

具体的な性能は上記の数値データ欄を参照。




Transformers(v1.7b)で追加

【作者】 Mad Scientist
【対応】 Minecraft(1.4.6/1.4.7)+IndustrialCraft(1.112)+BuildCraft(3.3.0)
【配布場所】 http://forum.industrial-craft.net/index.php?page=Thread&threadID=5789
【導入方法】 DLしたzipファイルをmodsフォルダ内に置くだけでOK

※IC×BCコラボアドオンForestryForMinecraftとBLOCK IDが被っているため(200と201)競合を起こす。両方入れたい場合はどちらかのconfigで変える必要がある
v1.7からBlockIDが変更され、695と696になった。

  • 各種エンジンカラーは、緑で固定。
  • デフォルトの変換レートは MJ:EU = 2:5
  • 木炭1個にて、石エンジンが1600MJ、火力発電機が4000EUの関係をベースとしている

名前 作り方 説明
変換機
低圧用変換機
(LV Pneumatic Generator)
鉄インゴットx6、電子回路、鉄の歯車、火力発電機
エネルギー変換機。BC → IC片方向。低圧用。
最大で 12.8 MJ/t を消費して 32 EU/t を出力する。
中圧用変換機
(MV Pneumatic Generator)
青銅インゴットx4、金の歯車x2、火力発電機x2、電子回路
エネルギー変換機。BC → IC片方向。中圧用。
最大で 51.2 MJ/t を消費して 128 EU/t を出力する。
高圧用変換機
(HV Pneumatic Generator)
精錬鉄x4、金の歯車、ダイアの歯車、火力発電機x2、発展回路
エネルギー変換機。BC → IC片方向。高圧用。
最大で 204.8 MJ/t を消費して 512 EU/t を出力する。
超高圧用変換機
(EV Pneumatic Generator)
発展回路x4、ダイアの歯車x2、地熱発電機x2、アドバンスドマシン。
エネルギー変換機。BC → IC片方向。超高圧用。
最大で 819.2 MJ/t を消費して 2048 EU/t を出力する。
電気エンジン
低速電気エンジン
(Slow Electric Engine)
充電式電池、石エンジン、電子回路
電力(EU)で動くエンジン。
低圧(32EU/t)まで受けられる
2.5EU/tを消費して1MJ/tを出力する
32EU/tより大きい電力(中圧以上)を入力すると爆発する
中速電気エンジン
(Regular Electric Engine)
充電式電池、鉄エンジン、電子回路
電力(EU)で動くエンジン。
中圧(128EU/t)まで受けられる。
12.5EU/tを消費して5MJ/tを出力する
128EU/tより大きい電力(高圧以上)を入力すると爆発する
高速電気エンジン
(Fast Electric Engine)
充電式電池x3、鉄エンジンx2、合金版x2、電子回路x2
電力(EU)で動くエンジン。
高圧(512EU/t)まで受けられる。
25EU/tを消費して10MJ/tを出力する。
鉄エンジン(金油)2基分の出力に相当するため、
リファイナリーやクァリー、ポンプが最大速度で動作する。
512EU/tより大きい電力(超高圧以上)を入力すると爆発する
可変速電気エンジン
(Adjustable Electric Engine)
ラポトロンクリスタルx2、発展回路、鉄エンジンx3、アドバンスドブロックx2、高圧変換機
電力(EU)で動くエンジン。超高圧(2048EU/t)まで受けられる。
インターフェイスで変換レートを変更でき、高いほどピストン速度も速い。
最大は2047.5EU→819MJ、最小は2.5EU→1MJ。
2048EU/tより大きい電力(超々高圧以上)を入力すると爆発する
その他
HV木の伝導パイプ
(HV Wooden Conductive Pipe)
木エネルギーパイプ、発展回路
放出できるMJの上限のない木パイプ。



kuukai's Cross Converter(v1.4.5_0)

【作者】 kuukai
【対応】 Minecraft(1.4.5)+IndustrialCraft(1.109)+BuildCraft(3.2.0)
【配布場所】 http://s6.ql.bz/~kuukai/minecraft/
【導入方法】 DLしたzipファイルをmodsフォルダ内に置くだけでOK

  • BlockID 1個使用。
  • 双方とも、10000EUを保持できるストレージを持っている。
  • エネルギーの変換レートは1MJ<->2.5EUで固定。
  • ConvertSwitchをDisableに、もしくはレッドストーン入力されている場合は変換を行わない。
名前 作り方 説明
MJ->EU変換機
(Power Converter (BP->EU))
レッドストーンx4+充電式電池(空)x1+高圧用の4倍絶縁ケーブルx1
+アドバンスドマシンx1+エネルギー用木パイプx1+金の歯車x1

エネルギー変換機、BC → IC片方向。
インターフェイス画面を開く事により、変換量を調整できる。
EU->MJ変換機
(Power Converter (EU->BP))
ラピスラズリx4+充電式電池(空)x1+高圧用の4倍絶縁ケーブルx1
+アドバンスドマシンx1+エネルギー用金パイプx1+金の歯車x1

エネルギー変換機、IC → BC片方向。
インターフェイス画面を開く事により、変換量を調整できる。
高圧など、過大なEUを入力しても爆発しない。


Liquid UU-Matterで追加

【作者】 Narc、FunnyMan3595
【対応】 Minecraft(1.4.7)+MinecraftForge(6.6.0.499)+IndustrialCraft²(1.112.192-lf)+BuildCraft(3.4)
【オプション】ForestryForMinecraft(1.7.0.5)+NotEnoughItems(1.4.5.1)+Railcraft(6.14)+Thermal Expansion(2.1.7.3)
【配布場所】 http://forum.industrial-craft.net/index.php?page=Thread&threadID=8269
【導入方法】 DLしたzipファイルをmodsフォルダ内に置く

IndustrialCraft²のUUマターを液体にしてその液体を使うことで高速精錬や液体を複製することができる。

名前 画像・作り方 説明
液体UUマター
(Liquid UU-matter)
FFMの圧搾機、充填機、TEの液体転置機を使うことによりマターの固体⇔液体の変換ができる。
また、タンクにマターを直接右クリックすることで液体にすることが出来る。
レートはマター一つに対して液体マター1,000mB。
液体を充填出来るのはFFMの缶だけで、IC2の空のセルを使うと液体→固体になる。
加速器
(Accelerator)
発展回路:1+タンク:1+漏斗:1+木パイプ:1+(液体)焼石パイプ:1
黒い穴が空いている面にIC2の電気炉を置くことにより加速器でマターを消費して高速精錬が行えるようになる。
電気炉への電力の供給は不要、1つ精錬するのに5mBの液体マターが必要。
加速器へはBCの液体パイプやTEの液体導管を使った液体マターの搬入、BCのパイプを使った精錬物の搬出入が行える。
他の機械については要検証。

液体マターを使った液体の複製

リファイナリーで液体マターと対応する液体を精錬することで、液体を増やすことが出来る。

複製元液体 比率 + 液体マター 比率 生成液体 比率 備考
溶岩 1 + 液体マター 5 溶岩 31
黒オイル 1 + 液体マター 3 黒オイル 2 【BuildCraft】
金オイル 1 + 液体マター 5 金オイル 2 【BuildCraft】
冷却水(Coolant) 1 + 液体マター 1 冷却水(Coolant) 3 【IndustrialCraft²】
バイオ燃料 3 + 液体マター 3 バイオ燃料 13 【ForestryForMinecraft導入時のみ】
バイオエタノール 1 + 液体マター 5 バイオエタノール 4 【ForestryForMinecraft導入時のみ】
ジュース 1 + 液体マター 3 ジュース 9 【ForestryForMinecraft導入時のみ】
液体蜂蜜 1 + 液体マター 3 液体蜂蜜 9 【ForestryForMinecraft導入時のみ】
種オイル 1 + 液体マター 5 種オイル 21 【ForestryForMinecraft導入時のみ】
削氷 1 + 液体マター 1 削氷 2 【ForestryForMinecraft導入時のみ】
クレオソート油 1 + 液体マター 5 クレオソート油 31 【Railcraft導入時のみ】




編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず 前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で 報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
+ 上記の内容を守れる方のみご利用ください。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ