MOD解説 > RedPower

現在のこのページ&アイテムページの情報は、RedPower (v2.0 pre5b)時のものからRedPower (v2.0 pre6)へと移行中です。注意してください

MOD名 RedPower(Core,Digital,Mechanical,Compat)
製作者 Eloraam
配布場所 公式フォーラムhttp://www.minecraftforum.net/topic/365357-
作者ブログhttp://www.eloraam.com/
前提MOD 【MinecraftForge】
使用Block ID ◆pre5b2136-152 (17個)
◆pre6241-246 750-754 756-768
使用Item ID ◆pre5b21256-1326,1328 (72個)
◆pre69257-9337 9339-9343
使用Sprite ID ◆pre5b20個
◆pre6
使用class ◆pre5b2なし (前提MODでの使用分は除く)
◆pre6


目次

このMODについて

(pre5b2まで)
Eloraam氏の作成による、主にレッドストーン回路に関する要素を大幅に補強・追加するMOD(旧Integrated Redstone)
基幹となる「Core」および、回路系の要素を追加する「Logic」「Wiring」、
Coreのシステムを流用してはいるが回路自体には直接関係のない「Lighting」「World」「Machine」「Control」の、全7MODで構成される。

【Minecraft Forge】を前提MODに起用しているので、Forgeと競合を起こすMODとは共存できないが、
Forgeの機能により極限までリソース消費が節約されているため、
7つ全てを導入したとしてもBlockIDは17、ItemIDは40弱しか使用せず、SpriteID・TerrainIDに至っては一切消費しない。
(レッドストーン回路に全く関係ないWorldとMachineを除けば、なんとBlockID消費は6、ItemID消費は8のみ)

なお、ver1.6になるまで本MODの最新版はリリースされないとのこと。

◆pre5b2→pre6での変更点
BlockID、ItemIDに大幅な変更があったので注意
  • モジュールの刷新
  • Minecraft 1.4.6へ対応
  • 【Core】 - モジュール変更なし
    • エメラルドの名称変更(→Green Sapphire)
    • 鎌で木の葉を範囲一括破壊するように(素手で壊した時と同様に苗木が手に入る)
    • 持ち運びできる追加インベントリ 麻袋 (Canvas Bag)の追加
    • 種専用の 種袋 (Seed Bag)の追加
    • プロジェクトテーブルでレシピを保存できる 図面 (Plan)の追加
  • 【Digital】 - 旧【Logic】【Wiring】【Lighting】の統合
    • 反転ランプ (Inverted Lamp)の追加。ランプのOn/Offが反転したバージョン。
  • 【Mechanical】 - 旧【World】【Machine】【Control】の統合
    • 風車 - 動力発電機 (Kinetic Generator)、 風力タービン (Wooden Wind Turbine、垂直型)、 風車 (Windmill、水平型)の追加
    • エネルギー損失の小さい 高圧青電力ワイヤー (10kV Wire)の追加
    • 通常ケーブルと高圧ケーブルを繋ぐ 青電力変圧器 (Blulectric Transformer)の追加
    • チューブ内蔵型フレーム、 チューブフレーム (Tube Frame)および レッドストーンチューブフレーム (Redstone Tube Frame)の追加
    • コンピュータ制御の高度分類器 ソートロン (Sortron)の追加
    • 優先度などによって高度なチューブネットワークを汲める高度配送器 マネージャ (Manager)の追加
    • 分類器の新モードの追加(シーケンス配送モード、全自動配送モード)
    • 玄武岩の新バリエーション追加(装飾用)
    • コンピュータのOSの更新(主にソートロン関係)
    • Forge liquid APIによって液体パイプが全ての液体に対応
    • ツールを充電する チャージングベンチ (Charging Bench)の追加
    • チューブフレーム用に穴空きカバーがフレームに装着可能に
    • フレームの移動速度が上がった
    • フレーム上のプレイヤーがフレームの移動と一緒に移動するように修正
    • エンチャント ヴォーパル (Vorpal)の追加(一定確率で即死させ、頭ブロックをドロップ)
  • 【Compat】 - 新モジュール
    • BuildCraft等と提携する 青電力エンジン (Blulectric Engine)の追加(最大出力30MJ/t)

+ 以前のバージョン

◆v2.0 pre6から
MOD名 Block ID Item ID 説明
RedPower Core 750-752 9257-9268 基幹MOD。残りのRedPower系MOD全てに前提MODとして導入が必要。
RedPower Digital 756-759 9269 前提に【Core】が必要。
pre5b2までの【Logic】【Wiring】【Lighting】を統合したもの。
改良型レッドストーンパウダーとも言うべき、各種ワイヤー&ケーブル、
1ブロックでAND・OR・NOT・ラッチ・タイマー・クロック回路etc.の役割を果たす多種多様な集積回路、
およびそれの作成の為の部品、全16色のLED照明ブロック等を追加する。
さらに、凝った建築の際のインテリア要素としても非常に優秀な、各ブロックのパネル・方柱・マイクロキューブも作成できる。
RedPower Mechanical 241-246 760-766 768 9270-9337 9339-9342 前提に【Core】が必要。
pre5b2までの【World】【Machine】【Control】を統合したもの。
MinecraftForgeを前提に使用する他MODのサポートも目的に作られたMOD。
新地形や、新建材、新資源などの環境要素を追加し、幾つかの機械装置&アイテム搬送用のチューブが作成可能になる。
こちらはIC2、BC2といったForge系の大型MODをサポートする目的が強いのか、
それらのMODで届かない痒い所を補うような装置の追加が多い。
RedPower Compat 753-754 767-768 9343 前提に【Core】が必要。
他MODとのコラボ関連のアイテムを追加するMOD
現在は青電力エンジンとその中間素材のみ。

+ 以前のバージョン




RedPowerの導入方法

  1. MinecraftForgeをダウンロード。
  2. Eloraam氏の開発Blogの、上部メニューの"RP2 Download"から行けるページで最新のプレリリース版をダウンロードする。
    (全部で4つあるMODの内、Core+残り3つの内必要なものをダウンロードする事)
    (b1.7.3用のものが欲しい場合は、Forum内にまだリンクが残されているので、そちらの方からダウンロード)
  3. データを入れるminecraft.jarファイル((ユーザ名)\AppData\Roaming\.minecraft\bin)を探す。
    Appdataはファイル名を指定して実行(デスクトップでWindowsキー+R)で%appdata%と打てば見つかる。
  4. まだしていないのなら、.jarファイルを開く為の7zをダウンロード&インストール。
  5. 7zで3.で見つけたminecraft.jarを7zで展開。
  6. META-INFフォルダがあるなら、minecraft.jarの中のMETA-INFフォルダを削除。
  7. Minecraft Forgeのファイルを展開。中身全部をminecraft.jarの中にドラッグ。書庫に入れていいか聞かれるのでOKを選択。
  8. 展開していたminecraft.jarを閉じ、一つ上の階層である「(ユーザ名)\AppData\Roaming\.minecraft」に移動。
  9. 「.minecraft」フォルダ内に「mods」フォルダがあるか確認。無い場合は自分で新規フォルダ作成する。
  10. 「mods」フォルダの中に、先ほどダウンロードしたRed Powerの各MODをzip圧縮状態のままコピー&貼り付けする。
  11. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。

◆BlockIDの競合を自動回避する機能について
RedPower2ではBlockIDが他MODと競合した際に自動でBlockIDを変更する機能が付属しています。
この為、競合したBlockIDを自動で変更するMOD(ID Resolver等)と非常に相性が悪いです。
RedPower2のBlockIDの自動変更機能は「Redpowerのcfgフォルダが生成されていない」場合だけ有効になります。
RedPower2より後にMODを導入してBlockIDが競合した場合、手動でRedPowerのcfgを変更する必要があります。

またcfgファイルを削除する事で再びBlockIDの自動変更機能が有効になりますが、 既存ワールドにある設置物・アイテム等が消失、変化する可能性があります。

◆cfgファイルの編集について
cfgファイルの注意事項として、RedPowerのconfigファイルで使用されている「改行」は、Windowsで通常使用されている「改行」とは異なります。
このため、「メモ帳」等の一部のソフトウェアでは正しく改行が見えず、この状態で編集を行うと改行を消してしまい
予期せぬエラーが起きることがあります。
「ワードパッド」や「サクラエディタ」等を使用すると正しく表示できますので、それらを使用して編集してください。


対応テクスチャパック一覧

配布場所 作者 サイズ 備考
Faithful 32x32 Pack Vattic 32x32 テクスチャパック本体をDL後、更にRedPower用の拡張分をDLし、それらを統合する必要がある。

※Wiringで追加される1/2ブロック、1/4ブロック、1/8ブロックに関しては、
既存ブロックのテクスチャをそのまま流用しているので、テクスチャパックでのグラフィック変更がそのまま反映される。




追加ブロック・アイテム・レシピ一覧









World導入により追加される地形・資源

◆熱帯雨林(巨大樹林帯)
通常の木とは比べ物にならないくらい巨大な、ゴムの木(Rubber Wood)が繁茂する熱帯雨林。

ラピスラズリに頼らず青の染料が作り出せる、インディゴフラワー(Indigo Flower)は主にこのバイオーム内に生えている。
広範囲に枝を伸ばして高い位置に形成される樹冠は、景観としてはなかなか圧倒されるが、
整地の面からはとんでもなく邪魔、切り倒して完全に取り除くにしても、
デフォルトのマインクラフトで稀に生成される巨大樹と比較してさえ、比べ物にならない時間と労力が要求される。
CutAllを導入すると楽になる。
…でもIndustrialCraft2も同時導入しているなら、途端に宝の山に、早替わり?

幹の太さからして3x3。
普通の樹木と並べて見ると、普通の木がまるで観葉植物のようだ。


◆火山帯(楯状火山&成層火山)
同じ火山バイオームでも生成タイプが二種類あり、そのどちらも噴火口+それ以外の玄武岩(Basalt)のみで構成される。
噴火口は火山1つにつき、その中央に縦横1x1のサイズで形成され、地表には1ブロック分だけ溶岩源が突き出している形を取る。
外側から見た感じでは貧相に見えるが、地表の噴火口の真下には溶岩源で満たされた深い縦穴があり、
更にその真下、地下の非常に深いところには、巨大な溶岩溜まりが形成されている(地下で鉱石採掘時には要注意)

まず紹介するのは楯状タイプの火山。

ハワイのキラウェア火山のように、平べったい地形になっている。
溶岩が段差なしだと4マス先までしか流れない関係で、火口付近が貧相なことになっているが、玄武岩採取はしやすい。
沼地バイオーム(Swampland)や海洋バイオーム(Ocean)など、水辺の近くに形成されやすい。

一方こちらは山岳バイオーム(Extreme Hills)の近くに形成されやすい成層火山。

まさに火山!という火山だが、急な段差を流れ落ちる溶岩流のせいで非常に近寄りがたくなっている。
これでも溶岩源は火口の1つだけなので、それを塞いでしまえば溶岩流は止められるのだが、
その為に頂上まで登山するのも命がけ、玄武岩採取をするにも不便極まりない。



テクニック&Tips



IndustrialCraft2と鉱石を共有する

  • IC2と鉱石の重複を防止する
  • IC2のスキャナと掘削機にRedPowerの鉱石を探知させる




他のMODとの競合情報

(pre5b2まで)
Block ID は 136-151を使用、ItemIDは1256-1326を使用。
導入してから起動すると、「.minecraft」フォルダ内に「redpower」フォルダが生成され、その中のconfigファイルが作られる。
メモ帳で開くなりし、中のID番号の数値を変更すれば、プレイヤーが任意でID競合を回避できる。

RedPower自体は既存classを一切書き換えないが、前提MODの【Minecraft Forge】が既存classを大量に書き換える。
なので【Minecraft Forge】と競合を起こすMODとは競合を起こすが、起こさないMODとはほとんど起こさない。





編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず 前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で 報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
+ 上記の内容を守れる方のみご利用ください。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ