リソースパック > 作り方



テクスチャパック作り方講座

このページは、テクスチャを自作したり、既存のテクスチャをカスタマイズしたい人のための解説ページです。

このページにおける注意事項

圧縮、解凍の方法などについては、それぞれ自分で調べてください。
グラフィックソフトの扱いについても同様です。

自分で調べられないようであれば、作成したリソースパックの配布はしない方が良いでしょう。
MODやリソースパックの使用が自己責任であるのと同様に、作成や配布をするのも自己責任です。
作成するために必要な基礎知識は、自分で調べましょう。

テクスチャについて

Minecraftのテクスチャは、ブロックやアイテムのテクスチャがフォルダにまとめられています。
標準では、各ブロックのパーツは16*16pxのサイズになっています。
高解像度のリソースパックの場合は32*32px、64*64px..と更に大きなサイズになります。

テクスチャ解像度について

解像度が高ければ高いほど細かい模様まで描く事ができ表現の幅が広がりますが、その分ゲームの動作が重くなります。
64*64以上の解像度の場合MOD「OptiFine」や「MCPatcher」などの導入が必要です。(※PC環境によってはどの解像度であっても必要となります)
中には一つのパック内に違う解像度のテクスチャが混在したテクスチャパックもありますが、統一するのが主流です。

  • 16*16px
標準のテクスチャ画像(バニラ、デフォルトとも呼ばれる)の解像度。
表現の幅はとても狭く、ドットの荒いレトロゲームのような雰囲気になります。
シンプルなテクスチャやフラットテクスチャを作るのには向いていますが、繊細に描き込まれたテクスチャや滑らかなテクスチャは作れません。
ただし動作が軽いのと、MODで追加されるアイテムやmobのテクスチャの解像度は大抵この解像度のためMODを入れても違和感が少ないという利点もあります。
低スペックのPCの場合この解像度のテクスチャ以外動作が重すぎて使えないという事もあるようです。

  • 32*32px
16*16より細かい模様を描けるようになりますが、ドット絵特有の味もある程度残っています。
ドット打ちでテクスチャを作る場合は16*16かこちらを選ぶと良いでしょう。

  • 64*64px
滑らかなテクスチャや描き込みの細かいテクスチャを作る事ができます。
16*16や32*32と違いかなり近づかないとドットの荒さは見えません。
ドットの目立たない滑らかな模様を描く場合や写真を取り込んでテクスチャを作る場合はこの解像度以上を選ぶと良いでしょう。

  • 128*128px ~
64*64でも表現しきれない高精度テクスチャ向けの解像度です。リアリティを追求する実写系テクスチャが多いです。
かなり重くなってしまうため快適にプレイできるPCのスペックは限られます。

標準(バニラ)のテクスチャを参照する方法

まず、.minecraft/versionsに「1.X.X」というフォルダが有ります。
その中の「1.X.X.jar」を7zip等で展開します。
中にassetsというフォルダがあり、それがテクスチャ等を格納する場所となります。

どこか好きな場所にコピーし、使用するとよいでしょう。

テクスチャの作成・編集


準備

リソースパックの中を覗くと、3つのファイル・フォルダがあります。
これらを、1つのフォルダに入れることで、リソースパックとして動作します。
※pack.mcmetaさえあれば、リソースパックとして認識されますが、このページではその他必要なのフォルダ・ファイルを記載します。
assets テクスチャ等を格納するファイル
pack.png リソースパックのアイコン
pack.mcmeta リソースパックの詳細を記載するファイル

  • assetsフォルダの準備
まず、7zip等で.minecraft/versions/1.x.x/1.x.x.jarを展開します。
その中に、assetsフォルダがあるので、それを適当なところにコピーします。
このフォルダは、なにか特別なことをしなくても、そのまま使用できます。

  • pack.pngの準備
まず、128px*128pxの画像 (png) ファイルを作成します。
この中に、自分好みの絵や写真を載せます。
これが、リソースパックのアイコンとなるので、わかりやすいものがいいでしょう。

  • pack.mcmeta
まず、packという名前のテキストファイルを作成します。
そして中に、以下の内容を書き込みます。

{
"pack": {
"pack_format": 1,
"description": "パック詳細(半角英数字)"
}
}
※「パック詳細(半角英数字)」の部分を消し、自分のリソースパックの説明を記載してください。

そして、拡張子をmcmetaにします。
これは、リソースパックと認識するために必須なので、Minecraftに認識されない場合は、まずここを確認するとよいでしょう。
※文字コードはSJISにしてください。
文字コードが指定できる、サクラエディタなどを使うといいでしょう。


これで準備が出来ました。
実は、すでにこれは1つのリソースパックとなっており、これらを1つのフォルダに同封し、resourcepacksフォルダに入れると、Minecraftに認識されます。

テクスチャ作成

新しくテクスチャを作成する場合、自分で作成する必要があります。
そのためのおすすめのグラフィックソフトの一例を紹介します。
※それぞれのソフトの使い方は、割愛します。

お勧めグラフィックソフト

一部のテクスチャ作成に便利なソフト
  • SkinEdit 本来スキン用だがゾンビや防具などスキンと同じモデリングを使用している部分のテクスチャも作れる
  • FraX シームレステクスチャをランダム生成 その1
  • Texture-inf シームレステクスチャをランダム生成 その2
  • Dot Anime Player アニメーションテクスチャの動作を簡単に確認可
  • EDGE リアルタイムプレビューを見ながらドット絵でアニメーションを描ける ただし256色まで
  • Detonation 爆発などエフェクトアニメーションを生成

既存のテクスチャを修正する場合も、新規作成時と同様に編集します。
1.4.x以前とは違い、テクスチャに画像がそれぞれ一枚の画像となるため、違う解像度をのテクスチャを混ぜることが簡単になりました。

配布

原作者等の承諾なしでミックスしたものを配布することはやめましょう。
リソースパックを配布するには、圧縮が必須となります。
ZIP形式に対応した圧縮ソフトを使用しましょう。

ただし、圧縮ソフトの設定によっては、リソースパックのフォルダをそのまま圧縮すると、リソースパック.zip/フォルダ/pack.mcmetaとなり、正しく読み込まれません。
そのため、shiftキーで3つのファイル・フォルダを一括で選択して、圧縮すると良いでしょう。

ミックス

原作者等の承諾なしでミックスしたものを配布することはやめましょう。
好きなテクスチャがあるのに、最新バージョンに対応していなかったり、テクスチャの雰囲気はいいのに、このアイテムがちょっと気に入らないなどという場合は、他のリソースパックとミックスするのがいいでしょう。

ミックスするには、2つ以上のリソースパックが必要なため、それぞれダウンロードし、解凍してください。
それらの中のassetsフォルダの中にある、テクスチャ等をコピーし、別のリソースパックの同じ階層に上書きするだけです。

また、1.7.2からは、バニラで簡易的なミックスができるようになりました。

この機能を利用し、アドオンを作成することができます。(新しいテクスチャが描けたけど、前のテクスチャも捨てがたいという場合等)

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    Wiki運営に関してはWiki運営掲示板、質問は質問掲示板、雑談等は非公式フォーラムにてお願いします。
  • 投稿の前に、一度コメントログや、バージョンアップ直後はパッチノートにも目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
名前:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ