MOD解説 > Thaumcraft4

現在のこのページの情報は、Thaumcraft 4.1.0c (for MC 1.6.4)時のものです。

MOD名 Thaumcraft4
製作者 azanor
配布場所 http://www.minecraftforum.net/topic/2011841-
前提MOD 【Minecraft Forge】
使用BlockID (x個)
使用ItemID (x個)
使用BiomeID (3個)
※表示されていないIDは未使用


目次

ページ一覧
MOD解説/Thaumcraft4(このページ)
MOD解説/Thaumcraft4/研究

Thaumcraft4について

いわゆる"工業化MOD"と双璧をなす"魔術MOD"の一つで、1.5.2までのThaumcraft3の後継作。
プレイヤーは魔法の元素〈相〉や魔法のエネルギー〈Vis〉を用いて様々な便利アイテムを利用できる。
最初から全ての要素が開放されておらず、〈研究〉というプロセスを経る必要があるが、
そうやって手探りで進めていくことができるという点もこのMODの魅力の一つであると言える。

TC3とは全く異なるシステムであり、TC3のコンフィグファイルが残っているとクラッシュするので注意
+  TC3との違い

新規鉱石などの自然生成物を追加するので、既存ワールドに追加するときは遠出しなければならないが、
configファイルのオプションで既存ワールド部分にそれらを再生成させることができる。
+ ...

用語解説

基本的にはソーモノミコンからの抄訳(一部改変)。
相/Aspect
全てのアイテム、オブジェクトおよび生物は 〈相/Aspect〉 として知られる多様で不思議な元素と結びついている。
相は物質の組成や魔法要素の傾向を説明するものである。
単純な石などには〈Saxom〉の相だけだろうが、樹木や生物といった複雑な品目には多種多様の相が多量に含まれている。
これまでに50近くの相が発見されている。
更に相には2つのタイプがある。 〈根源相/Primal Aspect〉 〈合成相/Compound Aspect〉 である。
そのアイテムが所持する相を確認するには、マウスオーバーしてスニーク(Shift)キーを押すことでそのアイテムがどの相をどれだけ持っているかを見ることができる。
ただし相が確認できるのは一度でもソーモメーターで調査完了したもののみである。
相は何らかの手段で物質から単離してクラフト材料としても研究主題としても非常に有用な〈Vis〉を精製できる。
Visはよく杖と結び付けられ、魔法の液体として蓄えられる。液体として蓄えられたVisは〈エッセンス/Essentia〉として知られている。

根源相/Primal Aspect
根源相は全ての相の根底となる相で、6種類しか存在しない。
  • Aer(空気)
  • Terra(大地)
  • Ignis(火)
  • Aqua(水)
  • Ordo(秩序)
  • Perditio(無秩序)

合成相/Compound Aspect
合成相は2つの相を混ぜあわせて作られる。
最も単純な合成相は根源相2種を組み合わせて作られるものであるが、単純な相の延長線上に非常に複雑な合成相が作られる。
そのような相の合成の最も簡単な例をあげると、〈Victus〉(生命)の相は〈Terra〉と〈Aqua〉の相の組み合わせである。
現在保有している相の数および発見した合成相のレシピはソーモノミコンの〈Aspect of Magic〉のページで確認できる。
また、〈Aspect of Magic〉の相の一覧のアイコンにカーソルをあわせると、
調査済みのアイテムの中でその相を含むもののアイコンが一覧となってポップアップされる。
+  相の一覧(ネタバレ)

オーラ/Aura
オーラは世界中に遍在する魔法の力場であり、その起源はよく分かっていない。
一部では生物の生命力の蓄積だと信じられており、
また別の主張では他の場所から滲み出てくるエネルギーの一側面だとされている。
オーラはしばしば オーラ節/Aura Node と呼ばれる神秘的なエネルギーが集中したこぶの周辺でよく発見されることから、後者の説がよりもっともらしい。
それぞれのオーラ節ではそれが含むことのできるエネルギーの基準量が決まっていおり、
このエネルギーは1つ以上の〈相〉に属性付けられている。
魔導師はその目的のために、オーラ節内のこの相を吸い出すことができる。
最も簡単な方法は杖を用いることである。
このように獲得されたエネルギーは〈Vis〉として知られている。

オーラ節/Aura Node
オーラ節は肉眼では見ることが困難だが、それの在る場所からしばしば幽かな光が漏れ出す。
〈ソーモメーター/Thaumometer〉はそのレンズを通してオーラ節を可視化するため、発見を比較的容易にしてくれる。
重要:オーラ節から相を吸収する時は注意しなければならない。
僅かな確率で、吸いとった相がそのオーラ節から完全に吸い取られ切ってしまうことがある。
オーラ節から全ての相が吸い取られきった場合、そのオーラ節は完全に消滅してしまう。
幸い、ほとんどのオーラ節では時間経過で相を補充し、
適切に整備されていれば賢明なる魔導師の欲するがままにVisを供給するだろう。
TC3と違って素手で簡単に壊せてしまうので注意。
また、トーテムやシルバーウッドなどブロックの中に存在することもあるが、
そのブロックを壊すと一緒に壊れてしまう。
オーラ節をソーモメーターで調査した時に出る数字はあくまでそのオーラ節で取得できるVisであり、そのまま研究ポイントになるわけではない(1/10?要検証)
+  オーラ節の種類

更新情報

Thaumcraft ver 4.1.0c
※ネタバレ回避のため全て過去の更新情報に格納。

Thaumcraft ver 4.1.0b
  • インゴットだけ追加して鉱石を追加しないMODのレシピチェック時のクラッシュを修正
  • 結晶片をForge鉱石辞書に追加

Thaumcraft ver 4.1.0a
※ネタバレ回避のため全て過去の更新情報に格納。

Thaumcraft ver 4.1.0
API関連は省略。
※APIに大幅な変更が加えられたため、アドオンとの互換性が失われている。
  • 【調査】アイテム1つに含まれる相の数値を各相上限8までに制限。(他MODの追加アイテムが異常に大量の相を含むのを防ぐため)
  • 【調査】新しい相を発見した時の研究ポイントボーナスを2倍ではなく+2ptに。
  • 【調査】アイテム1つから抽出できる相も各相ごとに8単位までに制限。長期的に見ると、クラフトによって作られた複雑なアイテムよりもよりシンプルな素材アイテムを使用したほうが多くのエッセンシアが得られる。
  • 【調査】この制限はコンフィグで取り払える。
  • 【研究】研究のミニゲームが変更された。
  • 【研究】〈失われた/Lost〉研究(断片から手に入れるもの)の見直し。
  • 【研究】隠し/失われた研究の適用を拡大。失われた研究はソーモノミコン上では隠されており、調査時に得られる研究ノートからのみ入手することができる。
  • 【研究】〈失われた/Lost〉研究ノートが断片から入手できるのは変わらないが、将来的には仕様変更の予定がある。
  • 【研究】研究方法についてのソーモノミコン上の項目を更新。
  • 【研究】研究関連の諸々を新システムに併せて微修正。
  • チートコマンド/thaumcraft(/thaum, /tcでも可)を追加。プレイヤーの研究を解放したり研究ポイントを与えたりできる。
  • オーラ節のあるチャンクが読み込まれていなくても回復するように。
  • 幾つかのアイテムの相を変更。
  • 野生のマナビーンが非常にゆっくりと成長するように。
  • Vazkii氏の助けで一部のテクスチャにアンチエイリアスとブラーを適用。
  • "time zones - how do they work? -- Pahimar"
  • 〈格子/Item Grate〉がオープン状態なら強制的に上から下へアイテムを移動させるように。
  • 怒れるゾンビの通常バイオームへのスポーン率を削減
  • TC4の要素を早く始められるようにソーモメーターのレシピをより簡単に変更。
  • 複数のプレイヤーが研究を同時に行おうとした時に発生したクラッシュを修正。
  • 魔導スライムのスポーンや分裂方法についてバランス修正
  • パフォーマンス向上のための数々の微修正。
  • 多くのワールド生成物が地上世界にのみ生成されるように。
  • 染み込んだ鉱石及び琥珀鉱石にシルクタッチが有効に。
  • ワールド生成物を個別にオン・オフできるコンフィグ項目を追加。
  • 追加要素やバグ修正などの細かい修正。
  • 新規要素

+  過去の更新情報(ネタバレなし)
+  過去の更新情報(ネタバレ)

既知の不具合

Thaumcraft4の導入方法

◆シングルプレイ
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. 指定されているフォルダの中に、ダウンロードした Thaumcraft4 を zipファイルのまま コピー&貼り付けする。
  2. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。

◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
編集中です。配布サイトを見て最新情報を確認してください。
+ ...

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
編集中です。配布サイトを見て最新情報を確認してください。
+ ...

対応環境

Thaumcraft ver 4.0.5
  • ◆Minecraft 1.6.4
  • Minecraft Forge 9.11.1.953 ~

Thaumcraft ver 4.0.3a
  • ◆Minecraft 1.6.2/1.6.4
  • Minecraft Forge x.x.x.xxx ~

+  過去の対応環境

追加ブロック・アイテム・レシピ一覧

研究によって作成できるアイテムについてはMOD解説/Thaumcraft4/研究を参照。
名前 作り方or画像 説明
基本アイテム
染み込んだ石
Infused Stone

オーラの染み込んだ石。地表から5ブロック以上下に生成される。
根源相に対応した6種があり、つるはしで壊すことで対応する結晶片が得られる。
地表から5ブロック以上下に、最大6ブロック分の鉱脈が1チャンクあたり8つまで生成される。
バイオームによって種類が偏る。
結晶片
Crystal Shard
結晶株
Crystal Cluster
各種結晶片6 不定形レシピ
各根源相に対応した純粋株と1つずつ混ざった混成株がある。
特別な能力は持たないが、明るさレベル6の光源になる。
破壊すると元の結晶片6つに壊れる。
辰砂鉱石
Cinnabar Ore
地下に生成される赤みがかった鉱石。精錬すると水銀になる。
鉄以上のつるはしで回収可能。
Y=51以下に1チャンクあたり15個生成される。鉱脈は形成せず単一で現れる。
琥珀鉱石
Amber Bearing Stone
地下に生成される琥珀を含んだ石。
鉄以上のつるはしで壊すと琥珀を1個ドロップする。
地表から5~25ブロックの範囲の比較的浅い層に、1チャンクあたり15個生成される。鉱脈は形成せず単一で現れる。
琥珀ブロック
Amber Block
琥珀レンガ
Amber Brick
琥珀4 : 琥珀ブロック / 琥珀ブロック1 : 琥珀4
琥珀ブロック4 : 琥珀レンガ4 / 琥珀レンガ1 : 琥珀4

琥珀からできる装飾・貯蔵用のブロック。いずれも琥珀に戻すことができる。
またわずかに透過性を持ち、うっすらと向こう側の景色が見える。
グレートウッド
Greatwood
地上に点在する非常に大きな木。森やそれに類するバイオームで20チャンクに1本くらいの割合で見つかる。
魔力を吸収する性質があり、魔法具の材料として重宝する。
まれに蜘蛛の巣の張ったグレートウッドの木があり、その根本にはケイブスパイダーのスポーンブロックが埋まっている。
スポーンブロックの下にはチェストがある。
シルバーウッド
Silverwood
非常に稀に見つかる強い魔力を帯びた木。
〈魔法の森/Magical Forest〉バイオーム、およびそれに類するバイオームでのみ30チャンクに1本くらいの割合で発見できる。
内部にオーラ節を持っていることが多い。オーラ節を持っているブロックを壊すとオーラ節も壊れてしまう。
葉を壊せば苗木が手に入る。
シマーリーフ
Shimmerleaf
シルバーウッドの木のそばに生える輝く奇妙な花。
ハサミ以外で壊すと水銀をドロップする。
シンダーパール
Cinderpearl
砂漠およびそれに類するバイオームで見つかる、火の元素を帯びた花。
ハサミ以外で壊すとブレイズパウダーをドロップする。
マナビーン
Mana Bean
魔法の森バイオームでのみ生長する、カカオ豆に似た緑色の光る実。
魔法の森バイオームでTC4の追加樹木とバニラの木にカカオ豆のように植えることができ、最大まで成長すると2つまでドロップする。
食べることができる。食べるとランダムな状態異常効果が得られる(他MODで追加されたものも含む)。
ランダムな相を帯びており、食べた時にその相の研究ポイントを1pt得られることがある。
筆記具
Scribing Tools
ガラス瓶/薬瓶+羽根+イカ墨 不定形レシピ
2つ並んだテーブルに使用して〈研究テーブル/Research Table〉を作るためのアイテム。
研究で耐久値を消費するが、イカ墨(黒の染料)とクラフトすることで耐久値を回復できる。
知識の断片
Knowlegde Fragment
知識の断片9 → 研究ノート
ダンジョンのチェストや村人との取引などから稀に手に入る。
右クリックで使用すると、各根源相の研究ポイントが微量得られる。
9個をクラフトすると研究ノートが作れる。
この研究ノートは〈相〉からの研究では得られない研究のものである。
ただし、必ずしも"正しい"研究に至るとは限らず、誤った研究のノートを研究しようとすると断片へと戻ってしまう。
この失敗が起こるということは、その段階で研究すべきものがもう存在しないことを意味している。
魔法学関連
鉄の石突
Iron Cap
鉄塊5
中間素材
鉄留めの木杖
Iron Capped Wooden Wand
鉄の石突2+木の棒
基本の魔法の杖。使い方は詳細解説を参照。
基本の杖なので容量も小さく使い勝手が悪い。
研究でより強力な杖を手に入れたい。
錬金術関連
薬瓶
Glass Phial
ガラスブロック3+粘土玉 : 8個
液体化された相を汲むことできる容器。使い捨て。
相の液体化には研究が必要。
魔法具関連
ソーモメーター
Thaumometer

結晶片(組み合わせ自由)2+金インゴット2+ガラスブロック
研究用アイテムその1。最重要アイテム。
使用法についてはチュートリアル/研究/(1) 探索を参照。
またこれを通して見るとオーラ節が目視できる。
テーブル
Table
木の半ブロック3+木材2
そのままインテリアとしてもいいが、
〈研究テーブル/Research Table〉や〈神秘の作業台/Arcane Workbench〉のベースになる。
格子
Grate
トラップドア+鉄格子
ドロップアイテムはすり抜けるが、モブやオブジェクトはすり抜けられないフィルター用ブロック。
右クリックやレッドストーン信号入力で開閉状態を操作できる。
その他
黒曜石のトーテム
Obsidian Totem
世界に点在するトーテムの柱。
誰が何の目的でどうやって建てたのか、全くの謎に包まれている。
自分で作ることはできない。
一番上のトーテムの中にはオーラ節が組み込まれている。ただしブロックを破壊すると一緒にオーラ節も破壊される。
黒曜石タイル
Obsidian Tile
黒曜石4 : 4個
黒曜石で作れる装飾用のブロック。
汚染された粘着物
Tainted Goo
汚染モブがドロップするアイテム。
持っているだけでたまに〈フラックス汚染/Flux Taint〉を受ける。その時このアイテムは消滅する。
現状、ソーモメーターで調査する以外に用途がない。
汚染触手
Taint Tendrill
ゾンビの脳
Zombie Brain
目の赤い〈怒れるゾンビ/Angry Zombie〉がドロップする脳みそ。
天上のエッセンス
Ethereal Essence
オーラ節を破壊するとドロップする。
サリス・ムンドゥス
Salis Mundus
- 準備中 - 【神秘の作業台で作製】結晶片+天上のエッセンス+5+5+5+5
【神秘の作業台で作製】結晶片+マナビーン2+5+5+5+5
直訳すれば『現世の塩』。別名〈魔導師の塩/Thaumaturge's Salt〉。
今後様々な魔法アイテムや儀式で使用していくことになる試料。
根源の魔除け
Primal Charm
- 準備中 - 【神秘の作業台で作製】各種結晶片各1+サリス・ムンドゥス+金2+25+25+25+25+25+25
これを持っていると、稀に大気中からオーラをチャネルして相オーブとして排出する。
神秘の石ブロック
Arcane Stone Block
- 準備中 - 【神秘の作業台で作製】石8+結晶片++: 9個
何か神秘的な構造物に使うもののようだが、最初の段階では単に建材ブロックでしかない。
神秘の石レンガ
Arcane Stone Brick
神秘の石ブロック4 : 4個
同上。

追加MOB一覧

名前 画像 説明
怒れるゾンビ
Angry Zombie
旧〈賢いゾンビ/Brainy Zombie〉。
ほんの少しだけ通常ゾンビよりも強く、倒すと〈ゾンビの脳/Zombie Brain〉をドロップする。
ジャイアントバージョンも存在するが、バニラのジャイアントと比べるとかなり小さい。
ファイアーバット
Firebat
ネザーに出現する燃えるコウモリ。
地上のコウモリとは違い攻撃的で、プレイヤーに火をつけてくる。
自爆特攻したり、倒された際に自爆したりすることもある。
倒すと火薬をドロップする。
こいつが存在するだけでネザーの難易度が跳ね上がる。
ペック
Pech
普段は中立的でプレイヤーから逃げるが、怒らせると敵対し攻撃してくる。
手にランダムな武器を持っており、怒るとそれで攻撃してくる。
欲張りであり、ドロップアイテムを見つけると拾って背中の箱にしまう。
倒すと所持していたアイテムをドロップする。
また、特殊な方法で村人のように取引ができる。詳細は後述。
3種類存在し、それぞれ取引アイテムが異なる。
汚染モブ関連
汚染モブ 汚染されたモブ。汚染によってモブが死ぬと、汚染モブとして復活する。
積極的に非汚染モブを攻撃する。
羊が食べた草ブロックは汚染される。
汚染クリーパー
Tainted Creeper
汚染されたクリーパー。自爆した周囲は汚染される。
魔導スライム
Thaumic Slime
汚染されたスライム。また汚染によってモブが死んだときにもスポーンする。
〈液体フラックス/Flux Goo〉からスポーンし、また液体フラックスに触れると成長する。
魔導スライム同士は合体して大きくなる。
倒すと〈汚染された粘着物〉をドロップする。
触手/Tentacle 汚染地域に生える触手。
ブロックに直接生えており移動することはないが、プレイヤーの足下に無数の触手を生やして攻撃してくる。
ハート25個もの体力を誇る。
攻撃を受けると汚染状態になる。
触手(小)
Taint Tendril
触手(大)の攻撃手段。ハート4個分の体力であり、勝手に死ぬ。
汚染胞
Tainted Spore
汚染エリアにスポーンする卵胞。
攻撃するか接触するかするとはじけて、多量の〈汚れた這うもの〉をスポーンする。
時間経過で成長し、未成長の場合は何もスポーンしないが、最大サイズまで育つと最大8匹までスポーンさせる。
汚れた這うもの
Tainted Crawler
汚染胞がはじけた時にスポーンする非常に小さなクモに似たモンスター
一匹一匹は大したことはないが一度に多量にスポーンするので厄介。
汚染群胞
Tainted Spore Swarmer
〈凝り固まった汚染/Crusted Taint〉と置換される形でスポーンする、汚染群を生み出す存在。
一見ブロックのようだが、接触判定がなく、攻撃するとダメージを受けるのがわかる。
ハート38.5個分もの体力があり非常に倒すのに時間がかかる。
これ自身は攻撃手段を持たないが、近づくと〈汚染群〉が中からスポーンして来る。
倒すと汚染ブロックに戻る。
汚染群
Tainted Swarm
〈汚染群胞〉からスポーンするモンスター。
当たり判定が非常に小さく、飛行能力持ちでかつハート15個分の体力と非常に恐ろしい敵。
更に攻撃には弱体化の付加効果まで付いてくる。
汚染モブ類は特に断りのない限り〈汚染された粘着物/Tainted Goo〉か〈汚染触手/Taint Tendril〉を最大2個まで半々の確率でドロップする。

◆ペックの取引
ペックは背負っている箱にたくさんのアイテムを蓄えているが、普通に倒してしまうとそのアイテムは手に入らない。
しかし、村人とも違う特殊な"取引"を行うことで、貴重なアイテムを手に入れることができる。
ペックとの取引で使用する通貨はを含むアイテムである。

ペックに以下のアイテムを投げ与えると、ペックが友好的になることがある。
  • マナビーン : 10%
  • 金インゴット : 20%
  • 金リンゴ : 20%
  • エンダーパール : 30%
  • ダイヤモンド : 40%
  • エメラルド : 50%

ペックが友好的になると、村人同様に右クリックで取引画面を開くことができる。
右側のスロットに上記アイテムおよびを含むアイテムを置くと、中央にサイコロの形のボタンが現れる。
サイコロのボタンを押すと取引が行われる。
ペックとの取引はある意味でギャンブルであり、何が得られるか分からず、また何も得られないこともある。
何度か取引を重ねるとペックは中立に戻ってしまうが、また同じように手懐けることができる。
またこの時、サイコロのボタンを連打していると中立に戻った時にGUIが閉じ、ペックに攻撃を加えてしまうことがあるので注意。
ペックに攻撃を加えると敵対するが、辛抱強く待てば中立に戻る。敵対中は貢物を受け取ってくれない。

ペックには3種類がおり、それぞれ取引で得られるものが違う。
取引品一覧表(ネタバレ)
+  ペックの略奪者/Pech Forager
+  ペックの魔法使い/Pech Mage
+  ペックのストーカー/Pech Stalker
またこれらとは別にペックが拾い集めていたアイテムが得られることもある。

ペックを倒すと、取引で消費したアイテムは戻ってこないが、ペックを手懐けるために与えたアイテムは戻ってくる。

その他の追加要素

追加バイオーム

魔法の森/Magical Forest
※画像は4.0.1以前のもの
スクリーンショット
シルバーウッドが生える森。シルバーウッドの唯一入手できるバイオームである。
他にオークや白樺の木がはえる。
草ブロックやオークの葉が目に映える明るい緑色をしている。
バイオーム辞書にはMAGICAL、FORESTとして登録されている。

汚染された地/Tainted Land
スクリーンショット
TC2の汚染が復活した。バイオーム扱い。
汚染ブロックは紫色に変化していき、最終段階まで進むと〈汚染された土壌/Tainted Soil〉や〈凝り固まった汚染/Crusted Taint〉に変化する。
ブロックの汚染は隣接ブロックへと感染していくが、バイオームを超えて感染することはない。
ただし、汚染されたブロックは隣接マスのバイオームを〈汚染された地〉へと書き換えることがあるので、
結果的にバイオーム自体が放っておくと領域を拡大していく。
汚染バイオームにいると〈フラックス汚染/Flux Taint〉に罹り、毒のようなダメージを受ける。
バイオーム辞書にはMAGICAL、WASTELANDとして登録されている。

超自然/Eerie
他のバイオームと生成則がかなり異なる非常に狭い領域のバイオーム。
自然生成はされず、何らかの影響によって既存バイオームが座標単位で書き換えられてこのバイオームへと変わる。
沼地のように草の色が暗くなる。
バイオーム辞書にはMAGICAL、PLAINSとして登録されている。

+  相-バイオーム対応表

追加構造物

村の建物以外の構造物はバニラ/TC4の区別なく、オーラ節が組み込まれている。
魔法使いの塔/Wizard Tower
村に生成される建物。丸石で構築された塔。
スクリーンショット 村人
中には魔術アイテムを含むチェストが設置されている。
また、同時に紫の服を着た魔法使いタイプの村人が生成され、魔法のアイテム関連の取引ができる。
+  魔法使いの村人との交易内容(研究ネタバレあり)

塚/Barrow Hill
TC4導入後に生成される構造物(ダンジョン)。平地や雪原バイオームなどに生成される。
スクリーンショット
バニラの構造物と同様、スーパーフラットや「構造物を生成する」をオフにすると生成されない。
オーラ節が内部に組み込まれている。
全体が土に覆われた小山のような外見で発見しにくい。
しかし、塚に内蔵された邪悪節の影響で〈超自然/Eerie〉バイオームへと変化するので、
時間経過で草の色が変化するため、TC3の頃よりは見つけやすくなった。
入り口と思しき箇所は鉄格子で塞がれており、中は丸石などで構成されてた地下3層の構造をしている。
2層目にはスポーンブロック2個(ゾンビ、スケルトン)があり、3層目には報酬チェストがある

環状列石/Hilltop Stones
黒曜石、黒曜石タイル、黒曜石のトーテム等で構成された比較的小さめの構造物。Hilltopの名が示すように丘の上に生成される。
スクリーンショット
中央にチェストが祀られており、その下にはウィスプのスポーンブロックが隠されている。
例によって強大なオーラ節が設置されている。
これ以外にも単品でトーテムの柱が立っていることもあり、そちらには比較的小さなオーラ節がついている。

追加されるエンチャント

最初から全てのエンチャントが解放済みだが、一部は研究後のネタバレを含む。 *1
+ ...

追加される状態異常

フラックス汚染/Flux Taint
汚染エリアに滞在したり、汚染アイテムを持っていたりするとたまに罹る状態異常。
毒のように継続ダメージ。
この効果で死んだモブは汚染モブとして復活する。

チュートリアル

簡易チャート

  1. 魔法の杖およびソーモノミコンを作っておく
  2. 地下を採掘し6種の結晶片を全て集める
  3. 集めた結晶片でソーモメーターを作る
  4. 【探索&調査】を繰り返す
    1. ソーモメーターで各相の研究ポイントを集める
    2. 相を合成し合成相を発見する
  5. 充分に研究ポイントを集めたら〈研究/Research〉して新しいアイテムを発見していく
探索のついでにオーラ節を探して杖に相をチャージしておくと後で色々と捗る。

ソーモノミコン/Thaumonomicon

TC4のゲーム内マニュアル。最重要アイテムの一つ。
本棚に魔法の杖を振って作成する、TC4の追加要素や研究成果が確認できる本。
研究の成果は〈発見/Discovery〉となって得られ、〈発見〉を手に持って右クリックすると消滅し、
研究成果のページがこのソーモノミコンに記録される。
なお内容はプレイヤーに関連付けられており、万が一紛失しても再作成すれば同じ内容の物が作れる。

研究


魔法の杖/Casting Wand

魔法系のクラフトやるつぼなどの動作など、非常に多岐にわたる用途を持つ杖。

魔法の杖はVisと呼ばれる魔法のエネルギーを保持することができ、それを消費してさまざまな魔法を発動する。
杖にVisを溜めるには、オーラ節をホールド右クリックしてオーラ節からVisを吸い取る必要がある。

手に持つと画面左上にその杖に蓄えられた各種Visの量を示すゲージが表示され、スニーク(Shift)キーで各Visの正確な量が確認できる。

杖は〈杖身/Rod〉と2つの〈石突/Cap〉によって構成される。
研究が進めば、違った素材の杖や石突を用いてより強力な杖を使えるようになるだろう。
基本の〈鉄留めの木杖/Iron Capped Wooden Wand〉のみ普通の作業台で作成できる。
それ以外の全ての杖は〈神秘の作業台/Arcane Workbench〉でVisを消費して作ることになる。

また、モブを倒すと経験値オーブに似た〈相オーブ/Aspect Orb〉をドロップする。
この相オーブを回収すると杖の対応するVisがチャージされる。
ドロップする相の種類はそのモブの持っている相に依存する。

るつぼ/Crucible

バニラの大釜に魔法の杖を振ることで〈るつぼ/Crucible〉へと変化する。
アイテムを相レベルまで溶解させて再構成させるという、錬金術的なアイテム錬成を行う装置。
使用には下に火や溶岩など熱源となるブロックを設置し、るつぼに入れた水を沸騰させなければならない。
最初の段階では作成可能なレシピは存在せず、研究によって開放しなければならない。
使用方法は以下のステップを経る。
  1. 水を入れて沸騰させる。
  2. 必要な〈相〉を含むアイテムを投げ入れ溶かし込む。
  3. 最後に触媒となるキーアイテムを投入して錬成させる。
最後のステップの時に、ステップ2で投入した相が不足していた場合は錬成が行われず
キーアイテム自身も相として溶け込んでしまうので注意。
またTC3とは異なり、1回の錬成でも水が完全には消費されず、水が残っている限り余った相を次の錬成に持ち越せる。
水が減ってきたら継ぎ足せばいい。
ただし溶け込んだ相は時間経過で根源相レベルまで分解されてしまうため、錬成は遅滞なく行わねばならない。
またあまりにも長時間、相を溶け込んだままにすると煮詰まってしまい、
液体フラックスが吹きこぼれたりフラックスガスが沸き立ったりする。
杖でるつぼをスニーク(Shift)+右クリックすれば中の相を全て大気中へ放出できるが、その時にフラックスが発生することがある。
中に相が溶け込んでいる状態でるつぼを壊しても同様にフラックスが発生する。

神秘の作業台/Arcane Workbench

〈テーブル/Table〉に魔法の杖を振ることで〈神秘の作業台/Arcane Workbench〉へと変化する。
アイテムとVisを用いて独自のクラフトをするための装置。
右上のスロットに魔法の杖を置くことで、その杖に蓄えられたVisを供給することができる。

詳細解説

汚染について

汚染が広がることでのデメリットは幾つか挙げられる。
  • 状態異常〈フラックス汚染/Flux Taint〉を引き起こし、直接に生命が脅かされる
  • 土系、植物系ブロックが汚染されるため、農業が不可能になる
  • モブが汚染されるため、畜産、交易が不可能になる
  • 明るさに関わらず汚染モブがスポーンするため、常に襲撃の危機に晒される
このように大きなデメリットがあるため、汚染はできる限り避けるべきである。

TC4の汚染は2種類に分けて考えられる。
ひとつ目はブロックが汚染ブロックへと置換される”ブロック汚染”、
もうひとつはバイオームが汚染バイオームへと書き換えられる”バイオーム汚染”である。

ブロック汚染
“ブロック汚染”が起こるのは汚染バイオームの中だけである。
まず、汚染バイオームでは空気に面しているブロックに汚染ツタが発生する。
汚染ツタは時間経過で繁茂していくが、汚染バイオームの外までは伸びない。
汚染ツタの生えたブロックはやがて”ブロック汚染”され、汚染ブロックへと変化する。
土系のブロックは〈汚染された土壌/Tainted Soil〉に変化し、
木ブロックやサボテンなどの植物系ブロックは〈凝り固まった汚染/Crusted Taint〉に変化する。
従って、空気に面していないブロックは”ブロック汚染”を起こさない。
また、石系のブロックや人工物などはいくら汚染ツタに覆われても”ブロック汚染”されない。
またブロック汚染は汚染クリーパーの自爆に巻き込まれたり、
汚染羊が草を食べたりすることで汚染バイオームの外でも起こり得る。
このような理由で汚染ブロックが汚染バイオームの外に設置されたり、
汚染ブロックのある場所が違うバイオームへ書き換えられたりして、
汚染バイオームの外に汚染ブロックが存在することがある。
その場合、〈凝り固まった汚染/Crusted Taint〉は時間経過で崩壊し〈液体フラックス/Flux Goo〉になる。
フラックスは後述の通り汚染の原因となるため、除染後の再汚染や汚染のアウトブレイクに注意したい。
〈汚染された土壌/Tainted Soil〉の場合は時間経過で元の土ブロックへと戻るだけでそのような心配はない。
ただし、土ブロックに戻る前に下記”バイオーム汚染”が引き起こされることもあり、
その場合はそこを起点として汚染が広がってしまうので油断はできない。

バイオーム汚染
“バイオーム汚染”は通常のバイオームが〈汚染された/Tainded〉バイオームへと書き換えられる現象である。
これはいくつかの邪悪なブロックによって引き起こされる。
  1. 汚染されたオーラ節〈汚染節/Tainted Node〉は、一定範囲内を汚染する。
  2. 汚染ブロックもしくは汚染ツタの2つに隣接したブロックの座標は汚染される。
  3. フラックスは、一定範囲内を汚染する。

“ブロック汚染”は汚染バイオームの中でしか起こらないが、
”バイオーム汚染”によって汚染バイオームが広がることで、結果として汚染が広がることになる。
そういう意味でもブロック汚染よりもバイオーム汚染の方が深刻と言えるが、
幸いにしてバイオーム汚染が起こる頻度は(汚染節などによるものを除いて)非常に低い。

◆フラックス
フラックスはTC3と異なりブロックとして存在し、液体の〈液体フラックス/Flux Goo〉と気体の〈フラックスガス/Flux Gas〉の2種類が存在する。
いずれも、魔法の装置を使用する事で発生する。魔法の装置を使用する以上、フラックスが発生する確率をゼロにはできないが、
上手に使用することでその発生率を抑える事はできる。

〈液体フラックス/Flux Goo〉は、普通の液体と異なり、薄く広がる性質を持つ。
放置すると1ブロック分を消費して〈魔導スライム/Thaumic Slime〉がスポーンする。
魔導スライムは液体フラックスに触れると成長するため、多量に液体フラックスが溜まっている状況は特に避けるべきである。
下手に倒して分裂させてしまうと、分裂したスライムが液体フラックスに触れることで瞬時に成長し、
半無限に巨大スライムが増殖して収集がつかなくなる。
液体フラックスは汚染ブロック〈凝り固まった汚染/Crusted Taint〉がバイオーム外で崩壊することでも発生する。

〈フラックスガス/Flux Gas〉は気体のフラックスであり、上へ上へと立ち上る性質を持つ。液体フラックスから稀に立ち上ることもある。
接触すると〈吐き気〉を催す。

フラックスは前述のとおりに”バイオーム汚染”を引き起こす。
拠点で汚染が発生すると非常に困るため、発生してしまったら可能な限り迅速に処理したい。
ブロックで埋め立てることが最も手っ取り早く処理する方法である。

◆汚染に対抗する
ブロック汚染は汚染バイオーム内でしか発生しないため、汚染を防ぐ場合バイオーム汚染を防ぐことが至上命題となる。
最も基本的な対処法は、汚染地域に近寄らないことである。汚染チャンクが読み込まれていなければ汚染は広がらない。
何らかの理由によって汚染地域に近寄らなければならない時は、なるべく早く立ち去りたい。
また、新たな汚染を起こさないことも重要である。
魔法の装置を使用する時はフラックスを発生させないように努め、またフラックスが発生してしまった時は迅速に処理したい。
一度汚染が広がってしまった汚染を除去するのは骨が折れる。

また研究やアドオンに頼らずに汚染を封じ込めるには、限界高度まで埋め立てた厚い壁を築くのがよい。
上述の通り空気ブロックが無ければ汚染ツタは繁茂しないため、ブロック汚染を封じ込めることができる。
厚さ3ブロックほどの石壁を築けば、汚染はほぼ封じ込められる。
逆に岩盤まで掘り抜く方法では封じ込めできない。
岩盤ブロックは汚染されないが、岩盤ブロックの上に汚染ツタが伸びることはできるため、それを通じて汚染が広がってしまう。

研究を進めれば除染する方法が見つかるかもしれない。
それでも、一度広がってしまった汚染を完全に除去するには多大な労力を要する。
一番の汚染への対抗策は”予防”であり、くれぐれも拠点が汚染される事のないように注意したい。

アドオン

Thaumcraft4のAPIは説明が丁寧で作成側にも理解しやすいらしく、アドオンや連携要素を含むMODが多い。
それぞれの詳細情報はMOD解説/ThaumCraft4/アドオン参照。

※4.0.5から4.1.0へアップデートされた際にAPIの仕様も変更されており、合わないバージョンでプレイすると不具合が起きる可能性がある。

Configファイルでの設定変更

MOD導入後に生成されるコンフィグファイルの中身を書き変えることで、設定を変更できる。
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意
+  一部ネタバレ要素を含むので折りたたんであります

コマンド

/thaumcraft
でTC4固有のコマンドを使用できる。「/thaumcraft」以外にも「/thaum」「/tc」でも良い。
/thaumcraft research list
以下のコマンドで指定する研究項目名をチャットにリストアップする。
/thaumcraft research [プレイヤー名] all
研究を全て開放する。
/thaumcraft research [プレイヤー名] reset
研究を初期状態にリセットする。
/thaumcraft research [プレイヤー名] [研究項目]
指定した研究を開放する。
/thaumcraft aspect [プレイヤー名] [相の名前] [量]
プレイヤーに指定量の研究ポイントを与える。



他のMODとの競合情報

BlockID **~** 、ItemID **~** にアイテムを追加する他MODを入れていると競合する。
その場合はコンフィグファイルからどちらかのMOD側のIDを変えることで回避できる。
(メモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き変える)
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意

前提に使用する【Minecraft Forge】も非常に競合の原因になりやすいMODである。
また、単純な競合の他に、【Minecraft Forge】本体との互換性問題もある。詳しくは「MOD解説/MinecraftForge」のページも参照の事。

Not Enough Itemsのツールチップ(カーソル先のアイテム名を表示する機能)をオンにしているとシマーリーフなどの植物が消滅したりするバグがあるので併用するならツールチップ機能は切ること。

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず 前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で 報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/Thaumcraft4
+  上記の内容を守れる方のみご利用ください。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム



アイテムデータ



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他





カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ