動作報告

どのようなスペックでどのように動作するのかを報告しましょう。


基本的にはデフォルトの、MODを導入していないMinecraftにおいての動作のまとめです。
MODを導入したり、高解像度テクスチャを使用する場合、これよりも更に高いスペックが必要となる場合があります。

推奨スペックまとめ

重要なのはCPU、GPU(グラフィックボード)、RAM(メモリ)の3つ。
どれか1つが高性能よりも、三つのバランスが取れている方がフレームレートは上がる。
逆に、1つの性能が劣っていると他の2つの足を引っ張ってしまう。
購入したPCが特にゲーム用を謳っていない場合、大抵足を引っ張っているのはGPU。
タワー型であれば通常GPUの換装が可能だが、ノートPCや一体型PCは基盤に直付け若しくはCPU内蔵GPUで増設スペースもなく換装できない。
タブレットPCもWindows8搭載機以降であればフルバージョンの起動は可能(最低設定で何とか動く程度)。
iOSやAndroid向けにはPocket Editionが用意されている。
プレイ可能か判別が難しい場合、購入前に体験版の利用を勧めます。

マインクラフト動作環境(2015/12/04現在)
※最新の公式推奨スペックについてはこちらのページにて公開されています。
必要スペック 推奨スペック
CPU Intel Pentium D または Athlon 64(K8) 2.6GHz Intel Core i3 または Athlon Ⅱ(K10) 2.8GHz
RAM 2GB 4GB
GPU 統合型グラフィック(オンボード) Intel HD Graphics または AMD (ATIブランドを含む) Radeon HD Graphics (OpenGL 2.1) チップセット内蔵(統合型グラフィック)は推奨スペックに含まれません
単体グラフィック(ビデオカード) Nvidia GeForce 9600 GT または AMD Radeon HD 2400(OpenGL3.1) GeForce 2xx Series または AMD Radeon HD 5xxx Series (OpenGL3.3)
HDD 最低200MBの空き容量 1GBの空き容量
Java Java 6 Release 45 Java 8の最新版

  • Ver.1.6以降についてです。それ以前のバージョンはアップデートが必要です。
  • OSに不適切なバージョンのJavaを使用すると問題が発生します。

CPU
Intel Core i3/i5/i7, AMD A/FXならデスクトップ、ノートどちらでも問題ない。
Intel Pentium/Celeron(Sandy Bridge以降)はデスクトップの場合ほぼ問題ない。
ただしミドルクラス以上(GTX 750 Ti以上)のGPUを搭載するのであれば、Core i5以上でなければCPUが足を引っ張ることになる。
Intel Core 2, AMD A以前の場合、デュアルコアで2.5GHz以上あればまだしも、それ未満やノートPCではまともに動かない。

Ver.1.7以前のマインクラフトは1コアしか利用できない。
Ver.1.8以降にアップデートするか、軽量化MODのOptifineを導入することでマルチコア対応となるが、それでも最大4コアに限られる。
このためAMD FXやIntel Core i7の上位クラスなど4コア超の製品は多コアによるアドバンテージが得られない。
物理4コアのCore i7はHyperThreading(HT)によって論理8コアで動作しているが、シングルスレッド性能を低下させるためHTをオフにするのが適当である。

GPU
2016年4月現在、GeForce GTX 750 Ti、Radeon R7 360、Intel HD Graphics 530辺りが最適。
5年以上前のPCのチップセット内蔵GPUでは描画能力不足で、ShortやTinyでさえまともにプレイできない事も。(CPUも性能不足の可能性が高い)
一方で、ビデオカードを搭載しているPCの場合、かなり古いモデルでもそこそこ動く。
インテルの場合HD2500辺りからプレイ可能。AMDはA4辺りから可能。
影MOD(standard)導入のうえでウィンドウサイズ1920×1080かつ描画距離16chunk+最大設定の場合、GTX960が快適プレイの最低ラインになる。
ウィンドウサイズや設定を大幅に落とせばGTX 750 Tiでも影MODを起動できる。
※Optifineが影MOD(シェーダーパック)に対応したため、Optifineで設定を落とすという方法もある。
詳しくはページ下の『増設』を参照すること。
※マイクラはSLIやデュアルグラフィックスに非対応。
※サーバー運営にGPUは無関係であるため、サーバー用PCにビデオカードを載せる必要はない。

一般的な3DゲームがDirectXで動作するなか、マインクラフトはOpenGLで動作する特殊なゲームである。
GeForce/RadeonがDirectXに特化したGPUであるのに対し、Quadro/FireProはOpenGL特化の(本来は3Dモデリング業務向け)製品であるため、
Minecraftにおいては顕著な高性能を見せるという。
実売5万円強のQuadro K2200が7万円弱のGeForce GTX 980を凌ぐという話もあるが、
上記の通り業務向けパーツ故にコンシューマー向け市場にはあまり流通しておらず、情報があまりに乏しいのが現状である。
マインクラフト"専用"の超高性能PCを組もうという奇特な人がいれば、Quadro/FireProシリーズは検討に値するだろう。
ただし購入に踏み切る場合、その特性よりパーツ単品ではなく、PCメーカーから組まれたPCを直接購入するケースが多いだろう。

RAM
Minecraft単体の動作のみの場合、4GBあれば十分足りる。
ただし4GBでは、同時に動画撮影やSkype、ブラウザやその他の常駐ソフト多数という場合、4GBでは枯渇もありえるので注意する事。
サーバーをオープンしたり、ブラウザやスカイプ等をするならOSの安定動作を見据えて8GBはほしいところ。
描画距離を32chunkまで上げる場合は2GBの割り当てが必須となるため8GB以上が望ましい。
ただしメモリを4GBより多く搭載する場合、OSは64ビット版でなければならない。

増設

以下はデスクトップPCでの、GPUの増設に関して説明する。(ノートPCの場合は型番から20程度減算し当てはめれば大体の性能が分かる。)
※同じGPUでも商品によって長さの寸法や規格が違う為、必ず自分のPCの仕様を事前に調べてから購入すること。
※増設は自己責任。必ず知識と技術を有する者が行うこと。

Intel HD Graphics
IntelのCPUに統合されたプロセッサ内蔵GPU(=iGPU)。
2011年に発表された第二世代Core(Sandy Bridge)から世代ごとにその性能を伸ばしている。
世代 iGPU名称 EU数 最高クロック(MHz) FLOPS/EU GFLOPS
第6世代
Skylake
Iris Pro 580 72 - 16 -
HD 530 24 1150 16 442
第5世代
Broadwell
Iris Pro 6200 48 1150 16 883
HD 5500 24 950 16 365
第4世代
Haswell
Iris Pro 5200 40 1300 16 832
HD 4600 20 1250 16 400
HD Graphics 10 1150 16 184
第3世代
Ivy Bridge
HD 4000 16 1300 16 333
HD 2500 6 1150 16 110
HD Graphics 6 1050 16 101
第2世代
Sandy Bridge
HD 3000 12 1350 8 130
HD Graphics 6 1100 8 53
第1世代
Nehalem
HD Graphics 12 900 4 43
表中のFLOPSはGPUの演算能力を示す。
FLOPS数で有利なHD3000よりも、世代を重ねたHD2500の方が快適であったりもするが、概ね指標になる。
第二世代はカクカクでゲームプレイに向かない。
HD 530ならGeForce GT 730と同等の性能があり、描画距離16chunk、その他最大設定で快適にプレイ可能。
Minecraftを楽しむぶんには問題ないが、大規模MOD導入にはあまりに非力だ。
またモバイル用CPUでは電力的な制限から通常より性能が低めである。

これらはドライバ更新によって性能向上がみられることがある。
Intelは更新をあまり重要と考えていないため、ユーザー自ら手動で行う必要がある(※Macには導入できない)。
以下のリンクを参照
グラフィックス用インテル・ドライバー・アップデート・ユーティリティー

AMD ~A10 7890K
CPUとGPUが高度に統合された製品。AMDはこの複合体をAPUと呼ぶ。
高性能なiGPUがAPUの売りだが、近年IntelもiGPUを急激に肥大化させ競合関係になった。
Intelに対する長短は以下のことが挙げられる。
  • 一流GPUメーカーのAMD製であり高負荷・高解像度に比較的強い。
  • Minecraftと相性が良いとされるRadeonのドライバを利用できる。
  • 比較的安価である。
  • GPUの性能を引き出すには高周波数なメモリが必要。
  • CPU性能は最上位のA10シリーズでもIntel Core i3程度で、電力効率も劣る。
A10シリーズであれば描画距離16chunk程度で快適にプレイ可能。
MODは少々厳しい。

GeForce GT 710・720・730・740
予算最重視。数年前のチップセット内蔵GPUから開放されたい人、スリムタイプや電源の補助電源がない場合人向けだが、
快適にプレイするには少々性能が不足気味。
Core iシリーズの4000番台(Haswell)以降であれば内蔵のiGPUに同格またはそれ以上の性能があるため、この製品を増設するまでもない。
描画距離16chunk程度でプレイ可能。
AMD A10, Intel HD530~IrisProがここに相当する。

GeForce GTX 750 Ti/R7 360(E)
一部補助電源が必要。
CPUとRAMがしっかりしていれば、32チャンク+大規模MOD大量+256×256テクスチャでも常時60fps以上を保てる。
影MODは設定次第では厳しいが、水面MOD程度なら十分なfpsを保てる。
合わせるCPUはPentium G ~ Core i5,AMD FX程度で良い。
Minecraft以外のゲームも画質を求めなければ大抵は動く。

GeForce GTX 950・960/Radeon R7 370・R9 380
ver1.8.2以降から描画距離32chunkで概ね60fpsで動作可能になった(それ以前のバージョンでは25chunkが目安)。
または影MOD(standard)導入下で16chunk+最大設定での快適プレイに必要となる性能。
合わせるCPUはCore i5が適当。

GeForce GTX970~980 Ti・TITAN X/RadeonR9 390・390X、Fury
GPU技術の集大成であるハイエンド中のハイエンド。
通常プレイだけが目的なら間違いなく過剰クラスだが、4K解像度や影MOD(Ultra)、大規模MOD多数導入下などでの快適プレイには冗談抜きで必要になってくる。
マイクラ以外の大半のゲームも快適にやりたい場合はこの辺りが選択肢になる。
これらの構成であれば、CPUや電源、冷却、RAM等も同等にしないと足を引っ張ってしまう。

Quadro M6000/FirePro W9100
前述通りマイクラ専用ならばこの2枚が最上級スペックとなる。
ちなみに値段も最上級でGTX TITAN ZやRadeon R9 295X2や最上級CPUをフル搭載した、フラグシップモデル一式が購入できてしまう金額にもなる(1枚で約60~70万)。
まだ物足りない誰かのために紹介だけしておくが、流石にここまで組む必要は無い。

動作報告一覧(製品版Ver.1.9.x)

報告の際は項目が埋まるように書いて下さい

ver.1.8.xより
報告項目にウィンドウサイズを追加しました。
最適設定の項目は活用度が低下しているため削除しましたが、 引き続き備考欄にて報告願います。「○○chunkが最適」など
また描画距離が64bit版Javaに限り最大32chunkまで選択可能になりました。混乱を招くため「描画距離最大」といった表現は避けて下さい。

デスクトップPC

OS CPU GPU RAM ウィンドウサイズ 備考(設定,FPS,最適なChunkなど)
Windows8.1 64bit AMD A10-7700K OC @3.6GHz Radeon R7 Graphics 8GB(内VRAM2GB) 1980×1080 バニラ。画質Fancy、16chunk、SmoothLighting:Maximum、VOBs:OFF、Clouds:Fancyにて40~50fps程度。メモリは2133MHz。
Windows10pro 64bit intel corei7 920 GTX750ti 16GB 960x540 1.9.2 MOD無 32chunks 平均FPS150
Windows10Pro 64bit intel core i5-4670K OC 4.2GHz Geforce GTX970 20GB 1600MHz 1920x1080 バニラの処理優先、cloud OFFの32chunkで60FPS安定。chunk下げてもFPSが上がらないので制限が掛かってるかもしれません。メモリ割り当ては最小4GB、最大8GB。
Windows10 home 64bit intel corei7-6700 3.4GHz GeForce GTX 980 8GB中割当て2GB 1920x1080 バニラの描画優先、16Chunk、Clouds:Fancy、SmoothLighting:Maximumで150から200FPS 32Chunkで100FPSぐらいで、カクつくことはなく快適に遊べます。

ノートPC

OS CPU GPU RAM ウィンドウサイズ 備考(設定,FPS,最適なChunkなど)
ubuntu15.10 IntelCorei5-460M IntelHDGraphics 4GB 1366×768 スーパーフラットで処理優先で雲の表示オフ描画距離は4chunkの条件だと40FPS前後。決して快適とは言えない。
Windows 10 Home Intel Core i7-4700MQ Intel HD Graphics 4600 8GB中2GB割り当て 854x480(ディスプレイ1920x1080) バニラで描画距離12Chunk、VBOs使用、処理優先で60fps、描画優先で30fps、Optifine 1.9 B1導入時、設定変更しだいで100~300fpsでfpsが不安定になりますが、高fpsです。SEUS v10.1 Standard で15~20fps、Ultra で 10fps、Ultra Motion BlurやDOF で5~10fpsです。MODは問題ありません。シェーダーパックなしなら快適です。
Windows 10 Home 64bit Intel Core i7-2640M NVIDIA GeForce GT 525M 6GB 1920×1080 フルスクリーン、描画距離10chunk、グラフィック処理優先、雲処理優先の設定で50~60fps。バニラなら快適に遊べますが、GPUが結構古いモデルですので重いModを入れると厳しいです。
MacOSX 10.11.5 Intel Core i5 5250U 1.6Ghz Intel HD Graphics6000 8GB 1440x900 MacBookAir Early2015 オンボードグラフィックスながら非常に快適。軽量化modを入れて10chunkでも115〜160Fps。カクツキなどは見られません。

タブレットPC

OS CPU GPU RAM ウィンドウサイズ 備考(設定,FPS,最適なChunkなど)

動作報告一覧(製品版Ver.1.8.x)


デスクトップPC

OS CPU GPU RAM ウィンドウサイズ 備考(設定,FPS,最適なChunkなど)
Windows 7 64bit Intel Core 2 Duo E7500 2.94Ghz GeForce G210M 4GB中1GB 1920×1080 バニラ環境では処理優先・8チャンクで40~60fpsほど。マルチプレイでも10人ほどの小規模サーバーなら問題なく動作。
Windows 10 64bit Intel Core 2 Duo E6600 2.40Ghz GeForce 9600 GT 8GB中2GB 1024×768 Optifine導入、じっとした状態、16チャンクで200fps強、32チャンクにすると100fps強で自動ドアなどの動作に極端なラグが発生します。また、チャンクを跨ぐ瞬間に一瞬固まります。ワールド新規生成中はジャングルで5fpsほど。馬で移動すると60fps程です。
Windows 10 64bit Intel Core i5-2450 2.50Ghz Intel HD Grapics 3000 8GB 1920x1080 バニラの処理優先・最低チャンクで25fps~30fps前後 優先度・パフォーマンスを上げると16チャンクで15fps(最高5・6・7くらいが快適)
Windows 8.1 64bit Intel Core i5-4590 3.3Ghz Intel HD Grapics 4600 8GB 1024x768 バニラでは16chunkで60fps~、SEUSで15fps程度
Windows 7 64bit Intel Pentium G3258 3.2GHz Intel HD Graphics 8GB 1024x768 内蔵グラフィックですが快適にプレイできます。MODを導入しても問題ありません。
Windows 7 64bit Intel Core i5-3570 3.40GHz GeForce GTX 650 16GB 1920x1080 バニラ・16チャンク・孤島で130FPS程。
Windows 10 64bit Intel Core i7-4790K GeForce GTX 980 8GB 1920x1080 16チャンクでFPS200~450
Windows 10 Pro 64bit Intel Core i7-4790 GeForce GTX 960 16GB 1920x1080 Optifine中ぐらいの設定 SEUSのUltraが問題なく動くレベル
Windows 10IP 64bit Intel Core 2 Quad Q6600 2.53GHz Radeon R5 230 4GB 1920x1080 軽量化MOD導入、16チャンク、50fps前後です。影MODは厳しそうです。
Windows 8.1 64bit Intel Core i7-4790 Radeon HD 8570 8GB 1280×1080 16チャンク、描画優先で40~60fps、影modなどは厳しいですが、バニラであれば快適です。自分は128x128リソースパックを使っています
Windows 8.1 64bit Intel Core i7 4790K 4.7GHz GeForce GTX 980 16GB 1920×1080 32chunk バニラで常時300fps前後、TT稼働中でも150fps
Windows8.1 64bit Intel Core i7-4790K GeForce GTX 980 16GB 1920×1080 16Chunkで300~400fps、25Chunkで100~140fps、巨大な建造物があると一瞬60前後まで落ちるがおおむね快適、描画処理以外最大設定。32chunkでは30~80fpsで変動が大きいと感じました。快適動作は25chunk程度のようです。
Windows8.1 64bit Intel Core i5-4690K Radeon R9 270X 8GB 1920×1080 16chunkで200fpsです。
Windows8.1 64bit Intel Core i5-4670K GeForce GTX 770※故障でPCI-e x8接続 16GB 1920×1080 バニラ,32チャンクで基本的にFPS20前後です。32チャンクだと推奨スペック高すぎないですかね?
Windows8.1 64bit Intel Core i5-3470S OC3.6GHz GeForce GTX 660Ti 8GB 1920×1080 Ver1.7で平均150fpsだった状況(描画距離16+最大設定)で平均230fpsほど出るようになりました。最適な描画距離は24前後、32だと平均30fpsまで落ちる。このあたりはCPU性能にも依存するようです
Windows8.1 64bit Intel Core i5-3470S Intel HD Graphics 2500 OC1500MHz 8GB 1920×1080 16chunkで概ね50~60fpsでした。Ver1.7の頃は35~50fpsだったので、マイクラとインテルドライバの最適化が進んでいることがわかります。いやはやHD2500も侮れませんね
Windows8.1 64bit AMD FX-8150 3.9Ghz GeForce GTX 760 SLI 32GB 1600×900×4画面 描画20くらいまでならおおむね100以上をキープ、描画32だとFPS1桁まで低下
Windows8.1 64bit Intel Core i7-3770K 3.5GHz GeForce GTX 660 Ti 8GB - 32チャンクシングルで処理優先設定で20~40fps 16チャンクで150~250fpsで安定。マルチでは32チャンク処理優先設定で平地で50~100fps、森では30~70fps、16チャンクマルチで平地で200~350fps、森林で150~250fps
Windows8.1 64bit Intel Core i7-4770 GeForce GTX 750 Ti 8GB - マイクラに3G割り当て バニラで60fps 影mod(seus v10 スタンダード)&optifine導入時80fpsくらいで、快適。
Windows8.1 64bit Intel Core i5-4690 GeForce GTX 750 Ti 8GB - MODを40ほど入れた最大設定で60-70をキープしてます。バニラでは抑えられているのか知りませんが60は出ます。
Windows8.1 64bit Intel Core i3 GeForce GTX 750 16GB - 影Mod使用してます。一応うごきます。プレイは問題ありませんでした。
Windows8.1 64bit Intel Core 2 Quad Q9550 GeForce GTX 750 Ti 4GB - バニラ 処理優先設定で59FPS~60
Windows8.1 64bit AMD FX8150 4.3Ghz GeForce GTX 570 10GB 1920×1080 optifineで32チャンク30fps前後、16チャンク250fps前後です。optiなしだと何故か超不安定カクカク…
Windows7 64bit Intel Core i7-6700 GeForce GTX 970 16GB 1920×1080 すべて最高設定。バニラ:32チャンク1080p、影MOD(ウルトラ)で80FPS 影MOD(プレビュー1ウルトラ)90FPS
Windows7 64bit Intel Core i7-4790 GeForce GTX 760 8GB - メモリ8GBでアンプリで60fpsです「上限設定を60fps」
Windows8.1 64bit Intel Core i5-4590 Intel HD4600 8GB - 1.8でSEUSが概ね15fpsで動きました。バニラでは16chunkで60fps程度でました
Windows7 64bit Intel Core i5-3570 GeForce GTX 750Ti 16GB 1920×1080 バニラ、重い建築物がない状態で120fps以上
Windows7 64bit Intel Core i5-650 GeForce GT 740(GDDR5) 4GB 1024×768 影MOD(軽量化MOD導入済み)有りで常に60fpsを保っている。時々、キーボードのみ応答しなくなる。
Windows7 64bit Intel Core i5-3570 - - - Radeonで16チャンクあたりが限界だったが1.8.2ではフルHDの32チャンクで問題なし
Windows7 64bit Intel Core i3-540 GeForce GTX 760 8GB 1024×768 シングルバニラなら32チャンク最大60fps設定で30~60fps安定。発展したマルチだと最低7fpsに落ちる。
Windows 7 64bit AMD A6-6400K 3.0GHz Radeon HD 8470D(CPU内蔵)@661MHz 8GB@1866MHz 1920×1080 CPU/GPUともに周波数下げてます。MOD無しv1.8.7、描画設定[Graphics:Fancy/描画距離8/SmoothLighting:最大/VBO使用/フルスクリーン]、新マップ生成後にFPSが安定するのを待って測定。ノーマル:80~100fps/スーパーフラット:105~130fps/アンプリファイド:60~90fps
Windows7 32bit Intel Core i3-540 3.07GHz Intel HD Graphics 4GB[実稼動2.8GB] 1024×768 設定最低でもきつい。発展したマルチでは、3fpsまで下がることもある
Windows7 32bit Intel Core 2 Duo 2.6GHz GeForce GT240 4GB 1920×1080 描画距離16chunksのGraphics Fancyその他最高設定で常時120FPSキープ。モニタサイズは1920x1080
Windows7 32bit Intel Core 2 Duo E4600 2.4GHz Intel 946GZ 2GB - 1.8から起動不可になりました
WindowsVista 32bit Intel Core 2 Duo E8600 3.33GHz GeForce GT 720(VRAM2GB) 4GB 1280×980 描画8チャンクでFPS120前後、バニラでやるならまだしばらくは快適そう
WindowsVista 32bit Intel Core 2 Duo E7200 2.53GHz なし 2GB - バニラのビデオ設定最低で平均3fps程度です
Windows7 64bit Intel Core i5-650 Intel HD Graphics 4GB 1600×900 バニラの16chunkで20fpsほど。遊べなくはないですが時々PCが悲鳴あげます
Mac OS X 10.10.3 Intel Core 2 Duo E7200 3.06GHz ATI Radeon HD 4670 256MB 12GB 1980x1080 iMac27 Late2009 1.8.3 10chunk 70fps 1.8で影MODは、さすがにきつい
Mac OS X 10.10.5 Intel Core i5 3.2GHz GeForce GTX 675MX 8GB 2560x1440 2016/03/07に書き換え バニラで60fps。メモリ割り当てを増やしたら影mod行けるかも?


ノートPC

OS CPU GPU RAM ウィンドウサイズ 備考(設定,FPS,最適なChunkなど)
Windows 10 64bit Intel Core i7-4700MQ 2.4GHz Intel HD Graphics 4600 8GB中2GB割り当て 854x480(ディスプレイ1920x1080) バニラで描画距離12チャンク、スムースライティング最大、VBOs使用、描画は処理優先で30~60fps。Optifine 導入時、設定を変更して、120~320fpsとfpsは高いもののfpsが安定しません。SEUS v10.1 Standard で 25fps程、SEUS v10.1 Ultra で 15~20fps、SEUS v10.1 Ultra Motion Blur や SEUS v10.1 Ultra DOF で 15fps程になります。チャンクエラーは今まで発生したことはありません。
Windows 10 64bit Intel Core i7-6700HQ 2.4GHz GeForce GTX 950M 8GB 1920x1080 バニラでスムースライティングオン&描画優先に設定した状態で18チャンク程ならFPS55~60を維持。25チャンクくらいに上げると、重いバイオームに入った時にFPS40台まで低下。30チャンク以上はもはや生成すらされなかった。スポーン直後やネザーに入りたての状態だとFPS値は下がらないものの、チャンク読み込みが遅く、凄まじいラグやチャンク抜けに出くわすため、生成直後はしばらく大人しくしていた方が良いかと思われます。バニラでの設定としては雲のみを処理優先にした状態で描画距離を20チャンク前後にするのがオススメです。影modは一応動きますが、Ultraだと読み込みが安定した状態でも描画14チャンク程でFPS20~40なのであまりオススメはしません。MediumであればFPS30~50キープできますので、使うならそちらを。但し、生成直後に導入すると落ちかねないので、ある程度処理が落ち着いてから使うか、スーパーフラットで使うことをオススメします。
Windows 7 64bit Intel Pentium B950 Intel HD Graphics 4GB 854×480 バニラ6chunkその他標準設定で20~45fps。
OS X 10.11.2 Intel Core i5-5250U Intel HD Graphics 6000 8GB 1440x900 HD Gaphics6000を積んでいるのでマイクラは快適。描画距離16で最低でも60fpsはキープ。高解像度テクスチャやPvPなどでエフェクトがたくさん出ても快適。影MODはシェーダーパックによるが20~50fpsくらいで動く。軽いワールドやサーバーなら60fpsでの録画が可能(上記全て1440x900のフルスクリーン&Optifine導入にて)
Windows 8.1 64bit Intel Core i3-4005U Intel HD Graphics 4400 4GB 1366×768 バニラ標準設定 12chunk表示で35fps前後 メモリ使用率は 通常時35~45% マップ読み込み時60~70% 少しカクツキがあるのでお好みで設定を変更したほうがイイかも
Windows 8.1 64bit & Windows 10 Home 64bit Intel Core i5-3317U Intel HD Graphics 4000 4GB DDR3-1600 960×540 バニラ1.8 14chunk他最高設定で30~70fpsで、結構快適。 Optifine(1.8 Ultra D5)入れると16Chunk,ミップマップTrilNear,レベル4でも30~80fps。フルスクでは10fps程度下がる。GPU最高クロック1048MHz,メモリはXms,Xmx共に1280MB Win10でも変わらず。追記 win10では上のOptifine入れた環境と同じ環境で16chunkでクリエイティブで空を飛んでも30fpsを切らないと思われる。TNTを100個程度爆発させても2~3秒ほどfpsが一桁になる程度で結構快適。
Windows7 64bit Intel Core i7-4770MQ GeForce GT740M 16GB - バニラの16chunk表示で120fps前後 ノートPC バニラなら快適動作 MDO導入時は不明
Windows7 64bit Intel Core i5-2520M Intel HD Graphics 3000 8GB 1366×768 バニラで描画距離7+標準設定で60FPS。マルチではたまにカクつく程度で快適
Windows7 64bit Intel Core i5-2410M Intel HD Graphics 3000 8GB 1600×900 描画距離16+最低設定で20fps未満。逆に旧verよりfpsが低下したようです。描画距離8では20~50fps
Windows7 64bit Intel Core i3-2350M NVIDIA GeForce GT 520M 8GB 854×480 描画距離16+最高設定で20~40FPS。CPUが貧弱なため、不安定なチャンク読み込みシステムが足を引っ張っている可能性大、ただしOptifineを導入した場合、バニラと同じ設定で60FPSキープ可能。
WindowsVista Intel Core 2 Duo T7250 Intel GMA X3100 2GB 1200×800 起動するが、重いサーバーだと0fps
Windows 7 64bit Intel Celeron P4600 2GHz Intel GMA HD 4GB 1366×768 最低設定、描画距離最短にしてもスーパーフラットで20FPSから60FPS、ノーマルで8FPS~30FPS。とにかくFPSが安定しません。かろうじてプレイは可能なレベル
Windows Vista Home Basic(32bit) Intel Celeron M 430 1.73Ghz Intel GMA 950 1GB 1280x800 VAIO VGN-C60HB/P(メモリ増設) デモ版、最低設定、描画距離最短で25FPS 起動時に古いビデオカードが検出されましたと表示
Mac OS X 10.10 Intel Core i5-4250U 1.3GHz Intel HD Graphics 5000 4GB 1366×768 20チャンクで60FPS安定です ただMacBookAirでは排熱が追いつかずキーボードが高温になります
Windows 7 32bit Intel Core i5-2430M 無し 4GB 1360×768 フリーズこそしないものの、非常にカクカクしている。MODは40個近く入る。Optifine導入推奨
Mac OS X 10.10 Intel Core i5-3427U Intel HD Graphics 4000 4GB 1440×900 16chunkで50fps前後。ポテンシャルは高いがCPU温度が上がるにつれて安定性が低下する。MacBook Air(13-inch,Mid2012)
Mac OS X 10.10.3 Intel Core i5-4278U Intel Iris 6100 8GB 854×480 MacBook Pro 13 Retina Mid2014にて。バニラの場合設定をそれなりにあげても55〜60FPSを安定して取れ、少し設定を落とせばchunksはMAXまであげても問題ない。かなり快適にプレイできるが影modなどを使う際は最大FPSを30ぐらいまで下げないとファンが異常にうるさくなる。
Vine Linux 6 Intel Celeron M 350 1.3GHz/1コア Intel® 852GM 1GB 起動直後のサイズ 起動はするものの速攻でBad Video Card Driversでクラッシュします。また、Vine Linuxの場合は確実にこのエラーでクラッシュするようなのでほぼ絶対にMinecraftができないようです。悲しい。ちなみにPCはFUJITSU製FMV-BIBLO NB55Kのメモリ拡張(+512MB)版です。
Windows 7 HomePremium 64bit Intel Core i5-2410M 2.3GHz Intel HD Graphics Family 4GB 854×480 ThinkPadEdgeE420 16chunkで10fps 8chunkで20fps 5chunkで40fps前後です(Optifine導入)地上を快適にプレイ(視界や滑らかさの点で)は厳しく、short以下にし地下に潜るのならなんとかできるかなという状況です。
Windows 7 32bit AMD Sempron M100 不明 2GB 1366×768 フリーズこそしないものの、非常にカクカクしている。
Ubuntu 14.04LTS Intel Core2 Duo P8700 Intel HD 4GB Mod40個近く、OptfineやFastcraftが入って10~30fps
Windows 10 Pro 64bit Intel Core2 Duo-2.0GHz GeForce 9400M 256 MB 8GB MacBook-MB466J/A MODなしの普通時60fps、最高設定20fps
Windows10 Pro 64bit Intel Core i5 6300U 2.4GHz Intel HD Graphics 520 8GB 1920×1080 Surface Pro 4 Ver.1.8.9 バニラ 設定はウィンドウサイズ以外デフォルトのまま 通常時FPS50~60 チャンク生成・クリエイティブモードで飛行時FPS20~30 経験値トラップはモブ500匹位溜めてFPS10前後
Windows 8.1 64bit Intel core i5-4210H NVIDIA GeForce GTX 950M 8GB 1920×1080 描画距離16chunkフルスクリーンMod無しで概ね50~80fps程度。フルスクリーンでプレイするのならoptifine導入推奨。ただし無くても快適プレイ可能。デフォルト解像度だとどこでも100fps~160fpsくらい。シェダーmodさえ入れなければプレイに支障は全くなし、軽めのシェダーなら30fpsは描画距離16chunkでも保てる
Windows 10 Home 64bit Intel Core i5 3230M NVIDIA Customization GPU(コア性能だけならGT645Mと同等。メモリ帯域は35.2GB/s 8GB 1600x900 設定:20chunkという描画距離を除けば所謂最高設定。                              少し不思議なGPU積んでます。描画距離を除けば最高設定で、負荷の低い草原などだと60~75fpsをキープ。ジャングル入っても50fpf下りません。それでもマルチの開拓地帯とかだと43~45fpsくらいまで下がります。如何せんGPUがカスなので致し方無いか。多少描画距離下げたりなど無理くりして頑張れば影Modも動きそうではあるが、如何せんモバイル向けなのでお勧めはしません。 VAIO SVS13A3AJの大幅カスタムver。
Windows 7 64bit Intel Core i7 2630QM 2.0GHz RADEON HD 6770M 8GB 1600x900 バニラの16chunk&フルスクリーンで50~60FPS。Optifineで60~70FPS+BetterFPSで75FPSほど。グラボの恩恵が高いです。



タブレットPC

OS CPU GPU RAM ウィンドウサイズ 備考(設定,FPS,最適なChunkなど)
Windows8.1 64bit Intel Core i5-3317U Intel HD Graphics 4000 4GB 1980×1080 FHDで15~20fps、デフォルトサイズで25~30fpsくらいです。 Microsoft Surface
Windows8.1 with Bing 32bit Intel Atom Z3745 Intel HD Graphics 2GB 1980×1200 FHDで10~20fps、lenovo YogaTablet2-1051F



動作報告一覧(製品版Ver.1.7以前)


動作報告時のテンプレ
OS: CPU: GPU: RAM: Size: 備考:
例→OS:Windows 8.1 64bit CPU:Intel Core i7 4770K 3.4GHz GPU:NVIDIA GTX760 RAM:16GB Size:1920x1080 備考:fps:60fps以上は余裕で出る。快適な操作ができます。

<表記の統一(検索しやすくするため)>
OS:Windows - 32/64bit
     Mac OS - バージョン
     OS名 - 32/64bit
例: CentOS 7.1 64bit
CPU:メーカー ブランド 型番 -GHz
GPU:メーカー ブランド 型番
RAM:-GB
ウィンドウサイズ:----x----

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    Wiki運営に関してはWiki運営掲示板、質問は質問掲示板、雑談等は非公式フォーラムにてお願いします。
  • 投稿の前に、一度コメントログや、バージョンアップ直後はパッチノートにも目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
  • 15年前のFMV-DESKTOPを改造。 OS:Windows XP SP3 / CPU:Pentium III 1.0GHz / GPU:Nvidia GeForce 6200A 128MB / RAM:512MB 描画設定:距離2チャンクス、ミップマップなし、全オフ、フルスクリーン バニラ 結果:かろうじて動いた。動いただけ。それでいいんだよ。 - 山本ニュー 2016-04-17 22:53:24
    • 敵さえ出なければ思ったよりはサクサク動く(といってもカクカクだが)。敵キャラ出るともうダメ。PCが処理にもたついてる間になすすべなく殺害される程度の処理速度。いいのよ。動けばそれで。 - 山本ニュー 2016-04-17 22:57:03
      • 動けばいいってか、動いたのが奇跡 - 名無しさん 2016-04-18 02:25:59
  • win7 GPUquadro FX 3800 CPU xeon w3565 ram 8GB - 名無しさん 2016-04-19 16:29:56
    • mod約80個 FPS 地上180~240 地下 200~250 - 名無しさん 2016-04-19 16:31:14
  • SSDかHDDかRAMディスクかでかなり変わるからそのへんの欄もあった方がいいのでは? - 名無しさん 2016-04-28 17:58:46
    • SSDかHDDかと言うのは理解できますが、なぜそこにRAMが登場するんでしょうか - 名無しさん 2016-04-29 06:05:00
      • RAMディスクについて一回検索かけてみればわかるかと。
        確かに変わりそうですね。有ってもいいかも。 - smk7758 2016-05-04 23:53:26
        • あくまで起動速度とチャンク読み込み?ですが。(いらないかもしれません) - 名無しさん 2016-05-04 23:55:48
  • GTX1080がM6000を上回るかもしれないので、増設欄の王者が久しぶりに変わりそうですね - 名無しさん 2016-05-17 14:36:24
  • ↑GTX系が1世代前のQuadroを抜くことはまずない。OpenGL制限かかってるから。 - 名無しさん 2016-05-22 07:57:48
  • windows10にしたとたん視点が勝手にスローに動くんだが同じ人いる?カメラ視点切り替えnoneだしパッドも無効、マウス外しても視点動く - 名無しさん 2016-05-23 15:10:40
    • F3押すとなる感じですねー - Cross Stream 2016-05-29 10:39:19
  • windows7 64bit celeron1005m intelhd Graphics4000 mod29個90fps出ます。 影mod(seus ver10.2プレビュー)で3fps それ以外の影modは、描写バグります。 - ryuuの実況チャンネル 2016-05-24 23:18:36
  • OS:Windows10 Pro 64bit CPU:Intel core i7-6700 GPU:GeForce GTX980 RAM:16GB Size:1920×1080(ウィンドウモード) 備考:OptifineありKUDA影ありの最大Chunkで40fps程度 - Cross Stream 2016-05-29 10:33:32
    • 意外とFPS出なかったな~って感じですなー - Cross Stream 2016-05-29 10:37:12
  • win10 64bit CPU:i7 4790k GPU:GTX980ti(OC) RAM:8GBx2(OC) SIZE:2715×1527(DSR) 備考:ベンチでは定格TITAN Xを超える性能を出しています。Minecraftでは256xのテクスチャ(凹凸テクスチャ)を入れ、影:SEUS Preview2を導入しています。 - kk 2016-06-04 12:15:41
  • OSwin10 enterprise CPU xeon w3565 GPU quadro FX3800 RAM 8GB 1920*1080 100-200FPS MOD 170個 - 名無しさん 2016-06-25 11:07:58
名前:
コメントログ
Minecraft用PCのスペックについての相談、質問はこちらではなく質問掲示板へ。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ