@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

Minecraft Japan Wiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

MOD解説/Portal Gun


現在のこのページの情報は、Portal Gun 1.4.6v2(for Minecraft 1.4.6)時のものです。
MOD名 Portal Gun
製作者 iChun
配布場所 http://ichun.us/mods/portalgun/download/
前提MOD 【Minecraft Forge】
使用Block ID (1.4.4v0.1以前)204-206 (3個)
(v1.4.5v1以後)1100-1101 (1個)
使用Item ID 13457-13659 (12個)
使用Sprite ID なし
使用Terain ID なし
使用class なし (前提MODでの使用分は除く)
関連サイト (公式Forum)http://www.minecraftforum.net/topic/199391- 
(開発Blog)http://ichun.us/mods/portalgun/ 
(英語Wiki)http://portalinminecraft.wikia.com/wiki/IChun%27s_Portal_Gun_Mod_for_Minecraft_Wiki


目次

このMODについて

iChun氏による、PCゲーム「Portal」に登場するアイテム等を追加するSFチックな世界観のMOD。
空間と空間をつなぐポータルを開く「ポータルガン」を始めとして、
落下ダメージを完全に無くす「衝撃吸収ブーツ」、Mobを見つけ次第銃弾を乱射する「タレット」などが追加される。
色々とPortalの小ネタも散見されるので、原作をプレイ済みのプレイヤーはニヤリとする場面も多いだろう。

ただし原作であるPortal・Portal2がそもそもパズル的な要素の強い非戦闘型のアドベンチャーゲームであり、
かつこのMODの追加アイテムも極力原作をリスペクトした上で作成されているので、
追加アイテムのほとんどはサバイバルモードでの通常プレイには適さない、
アドベンチャーモードでのマップ配布を前提とした、パズル部屋構築用の仕様や性能になっている。
上述の「ポータルガン」「衝撃吸収ブーツ」も、原作準拠という点では間違いなくこれで正しくも忠実な性能だし、
パズルアドベンチャー内のアイテムとして使うならこの性能でも構わないのだが、
通常プレイで普通に使う分には少々高性能すぎるため、人によっては好みが分かれるかもしれない。


表面上はあまり変わっていないように見えるが、1.4.5v1においてコードの大幅な書き換えがあった。
その影響で一部のアイテムが調整中につき一時的にMODから削除、作成不能になっている。
(物質消去グリッド、阻止ビーム関連の装置、チェックポイントブロック関連)
また膨大だったConfigファイルの項目が大幅にリストラされてスリム化した影響で、
幾つかの危険な特殊機能をOffにしたりや、各装置の仕様の細かい調整などができなくなっている。

◆1.4.6v2での変更点

◆1.4.6v1での変更点

◆1.4.5v1での変更点

+ (それ以前の更新履歴)

◆既知の不具合(v1.4.6v2)




Portal Gunの導入方法

◆シングルプレイ
既にMinecraftForgeを導入済みの場合、手順2〜9は飛ばす
  1. 作者BlogのDownloadページに行き、最新版のPortalGunMod本体をダウンロード。
  2. 前提MODのMinecraftForge(universal)をダウンロード(目的のVerをDLできない場合はこちらから)
  3. データを入れるminecraft.jarファイル((ユーザ名)\AppData\Roaming\.minecraft\bin)を探す。
    Appdataはファイル名を指定して実行(デスクトップでWindowsキー+R)で%appdata%と打てば見つかる。
  4. まだしていないのなら、.jarファイルを開く為の7zをダウンロード&インストール。
  5. 7zで3.で見つけたminecraft.jarを7zで展開。
  6. MinecraftForge(universal)を展開。中身全部をminecraft.jarの中にドラッグ。書庫に入れていいか聞かれるのでOKを選択。
  7. minecraft.jarの中のMETA-INFフォルダを削除。MinecraftForge(universal)のドラッグ後に行うこと。
  8. 展開していたminecraft.jarを閉じ、Minecraft.exeを起動。
    Forge環境の必要ファイルが自動DL+フォルダが自動生成される。タイトル画面まで進めたのを確認したら一度Minecraftを終了。
  9. 「bin」の1つ上の階層の「.minecraft」フォルダに移動し、「mods」フォルダが生成されているか確認。無い場合は自分で作成。
  10. 「mods」フォルダの中に、先ほどダウンロードしたPortalGunMod本体をzip圧縮状態のままコピー&貼り付けする。
  11. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。

◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
  1. 上記の手順に従って、シングルプレイ用にPortalGunModを導入する。
  2. サーバー主側から指定がある場合、指示通りにBlock & ItemIDを移送し、PortalGunMod以外のMODも導入する。
  3. 対象のサーバーにログイン。

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
  1. minecraft_server.jarのDL方法や、MOD導入以前の初期設定の仕方についてはマルチプレイのページを参照。
    そもそもサーバー建てが初めての場合は、いきなりMODを導入せずに、バニラの状態で問題なく動作するかを確認する事。
  2. minecraft_server.jarを7zで展開。
  3. シングル版のminecraft.jarでの手順と違い、minecraft_server.jar内のMETA-INFフォルダは削除しない。
  4. 他MODがそれを要求していても、minecraft_server.jarにModLoader、ModLoaderMPは導入しない。
  5. MinecraftForge(universal)を展開。中身全部をminecraft_server.jarの中にドラッグ。書庫に入れていいか聞かれるのでOKを選択。
  6. 一度サーバーを起動。Forge環境の必要ファイルが自動DL+フォルダが自動生成される。完了したら一旦終了。
  7. 生成されたserver側の「mods」フォルダの中にも、シングル版と同様にPortalGunMod本体をzip圧縮状態のままコピー&貼り付け。
  8. サーバーを起動。エラーが出ないか、ログイン可能か、MODの導入が反映されているかをテスト。

要求環境(MC1.4.6)

要求環境(MC1.4.5)

要求環境(MC1.3.2)

要求環境(MC1.2.5)




追加ブロック・アイテム・レシピ一覧

名前 作り方 説明
ポータルガン
エンダーダスト
(Ender Dust)
v1.4.5v1以降、極小マイクロブラックホールの作成に必要になった。
エンダーパールをかまどで精錬する事で、1個から8個得る事ができる。
ただしConfigのportalgunFuel=0をportalgunFuel=1に書き換えた場合、
ポータル光弾を1回発射するにつきこれが燃料として1個必要になる。
エンダーパール
(Ender Pearl)
エンダーダストをエンダーパールに戻すためのレシピ。
ただし実質1個損しているので、あまり利用する事はないはず。
極小ブラックホール
(Miniature Black Hole)
v1.4.5v1以降、ポータルガンの作成に必要になった中間素材。
見ての通り作成1個につきネザースターが1個必要で、
これのせいで一転してポータルガンの作成コストがド鬼畜になった。
ポータルスポナーの作成にも必要であり、抜け道は無い。
ポータルガン
(Portal Gun)
v1.4.5v1でレシピ変更、エンダーパール⇒極小ブラックホール
このMODのメインアイテム。
壁・床・天井にポータル(=空間を越えて繋がる転移門)を開けるための銃。
左クリックで着弾点にポータル(青)を展開する光弾を発射。
右クリックで着弾点にポータル(橙)を展開する光弾を発射。
同色のポータルが繋がるのではなく、青⇔橙のポータル間がリンクする。
同じ色のポータルはワールドに同時に1つしか存在できない。
同じ色の2個目を設置した際、以前設置したポータルは自動で消去される。
プレイヤーに限らずドロップアイテム、Mob、Entityも転送する。
原作同様、勢いをつけてポータルに侵入するほど勢い良く飛び出す。
また、ポータルは明るさレベル12の光源となる。
手に持ちながらGキーでブロックやモブを掴む&放すことが出来る。
手に持ちながらRキーで展開中のポータル(青)と(橙)を全消去。
手に持ちながらマウスのホイールボタンをクリックでズーム。
ズームは別なアイテムを手に持った際に元に戻る。
稀にチェストから入手できることがある(通常版だけでなく、ポテト等の派生バージョンも)。
作るより見つける方が早いかもしれない。
衝撃吸収ブーツ
(Long Fall Boot)
片方だけの衝撃吸収ブーツ。当然これだけでは役に立たない。
衝撃吸収ブーツ
(Long Fall Boots)
靴防具扱い。
装備中は落下ダメージを100%軽減、完全に無効化するようになる。
防具としても耐久値∞でダイヤ靴並の防御力の壊れ性能。
パズル部屋作成用の特殊ポータルガン
単色ポータルガン
(Portal Gun)
ポータル(青)の展開光弾しか発射できないポータルガン。
(青)状態の通常ポータルガンをかまどで精錬する事で固定化される。
もっぱらパズル部屋作成用で、通常プレイでは出番がない。
(青)と(橙)のポータルガンが同じインベントリ内に同時に存在する場合、
自動的に融合して通常ポータルガンに戻ってしまう。
単色ポータルガン
(Portal Gun)
ポータル(橙)の展開光弾しか発射できないポータルガン。
(橙)状態の通常ポータルガンをかまどで精錬する事で固定化される。
以下同文。
ポータルガン(水色)
(Portal Gun)
原作Portal2のco-opでAtlasが使用したポータルガン。
性能はポータルガンと同じだが、展開ポータルの色が(青緑)と(藍色)で、
Rキーを押した時に全消去できるポータルもこの二色のみ。
単色ポータルガンも作成できない。
ポータルガン(黄色)
(Portal Gun)
原作Portal2のco-opでP-Bodyが使用したポータルガン。
性能はポータルガンと同じだが、展開ポータルの色が(黄色)と(赤茶)で、
Rキーを押した時に全消去できるポータルもこの二色のみ。
単色ポータルガンも作成できない。
ポータルガン(ベーコン)
(Portal Gun)
ベーコンがセットされたポータルガン。
性能はポータルガンと同じだが、展開ポータルの色が(暗青)と(黄土)で、
Rキーを押した時に全消去できるポータルもこの二色のみ。
単色ポータルガンも作成できない。
ポテトグラたん
(PotatOS)
v1.4.5v1から追加された、ベーコンガンに次ぐ5番目のポータルガン、
ポテトガンの作成に必要となる中間素材。
原作、それも特に「Portal2」をプレイしていないプレイヤーにとっては、
恐らく何の事だかよく分からないであろうネタ。
「私はポテトっぽい気分です」
ポータルガン(ポテト)
(Portal Gun)
ポテトグラたんが一緒になったポータルガン。
性能はポータルガンと同じだが、展開ポータルの色が(深緑)と(桃色)で、
Rキーを押した時に全消去できるポータルもこの二色のみ。
単色ポータルガンも作成できない。
ただしこれのみ、装備しているとポテトグラたんが色々喋ってくれる。
もっとも当然のように英語音声で、字幕なんて親切な物も無い。
ポータルガン台座
(Portal Gun Pedestals)
パズル部屋用の装置。通常プレイではあまり使わない。
ポータルガンを持った状態で右クリックすると、ポータルガンを設置する。
台座にレッドストーン信号が入力されている間、
「時計回りに90度回転→ポータル光弾を発射」という動作を繰り返す。
台座を左クリックするか、直接触れると設置されたポータルガンを入手できる。
「やりましたね! ApertureScience携帯ポータル装置を手に入れました」
ポータルスポナー
(Portal Spawner)
v1.4.5v1でレシピ変更、エンダーパール⇒極小ブラックホール
レッドストーン入力がONの間、指定した色のポータルを開く。
設置時にポータルの色を選択するGUIが開く。
設置後にもポータルが開いていない状態なら右クリックでGUIを開ける。
「下がってください。ポータルが開きます。あと3秒…2秒…1秒…」
タレット
タレット
(Sentry Turret)
右クリックで使用すると、その場に不動モブとしてタレットを配置。
(=原作PortalにEnemyとして登場した、人工AI搭載の固定銃撃砲座)
敵を感知するとガトリングガンを乱射して攻撃する。
攻撃対象はタレット以外の全Mob(Peaceful時のみプレイヤーも対象外)
索敵範囲は射程20ブロック+自身の正面範囲90°内。
ただし対象との間に柱や壁などの遮蔽物がある場合は攻撃しない。
銃弾1発の攻撃力は、難易度Normal以下だと1.0、Hardのみ1.5。
精密機械なので非常に脆く、左クリックで殴るのは言うに及ばず、
高い所から落としたり、溶岩に接触したり、ポータルガンで掴んで離したり、
どころかプレイヤーや他のモブがちょっと押しただけでも壊れて死亡する。
(が、死亡時に必ずアイテムとしてのタレットをドロップする)
原作同様、他のタレットの銃撃ではダメージを受けない。
また防水加工はしっかりしているのか、水流や雨には触れても平気。
何度か設置し直すと、稀にオラクルタレットになる。
オラクルタレットは無害なタレットで、目の前にMobが現れても何もしない。
このオラクルタレットを4体横に並べると…?
「ちょっと!私です!」
欠陥タレット
(Defective Turret)
文字通り、欠陥品のタレット。
設置してもレーザーポインターをMOBに向けたりするだけで銃撃しない。
何の役にも立たない。
「よう、知らないやつ!」
キューブ
加重
配置キューブ
(Weighted
Storage Cube)
右クリックで動体オブジェクトとして設置出来る箱。
(=Minecraftの内部データ的にはボートやマインカートの同類)
ポータルガンを手に持ってなくても、Gキーで掴む&離すして持ち運べる。
押して動かしたり、感圧板の上に重りとして乗せたりもできる。
左クリック連打で短時間に何度も殴る事で再びアイテムとして回収できる。
シアンの染料を持った状態で右クリックすると、
染料を1消費してPortal2の青ジェル(反発性ジェル)を被った状態にでき、
勝手にあちこち跳ねまわるようになる(コントロール不可)
水源または水流に接触すると青ジェルが落ちて元に戻る。
加重
コンパニオンキューブ
(Weighted
Companion Cube)
「この加重コンパニオンキューブがテストチェンバー内であなたに同行します。
大切にしてください。」

設置状態の加重配置キューブに、赤い花を右クリックで与えると出現。
ブロックとして設置されている時の動作は加重配置キューブと同じだが、
アイテム状態のがプレイヤーのインベントリに置いてあると、
体力が5秒に1回、ハート0.5個のペースで緩やかに自然回復する。
加重配置キューブと同様、シアンの染料で青ジェルを塗る事もできる。
加重
配置キューブ
排出口
(Weighted
Storage Cube
Vent)
天井に設置して使用。真下に空間がない場所では機能しない。
レッドストーン入力がOnになると、設置状態のキューブを1個生成する。
生成されたキューブはそのまま真下に重力落下する。
この装置により生成されたキューブは、通常と違ってアイテム化できない。
(シアン染料での青ジェル糊塗はできる)
1台の排出器が排出できるキューブは1個までで、
まだ排出キューブが残った状態でレッドストーン入力がOff→Onになると、
前回の排出キューブは消滅し、新たなキューブが再排出される。
排出器へのレッドストーン入力がOnの時に排出キューブが消滅した場合、
消滅と同時に自動的に新しいキューブが再排出される。
デフォルトでは溶岩でも物質消去グリッドでも消滅しない設定のため、
ワールドから完全に消去するには排出器を撤去するしかない。
加重
コンパニオンキューブ
排出口
(Weighted
Companion Cube
Vent)
排出器のコンパニオンキューブ版。
排出物がコンパニオンキューブになった以外、通常の排出器と全く同じ。
ギミック
高エネルギー球
発射装置
(High Energy Pellet
Launcher)
壁・床・天井に取り付ける形で設置。
レッドストーン入力がOnになると、高エネルギー球を発射する装置。
高エネルギー球は、
1.壁やキューブにぶつかると正反射を起こす。
2.反射可能回数に限界があり、10回反射すると消滅する。
3.被弾したプレイヤーやmobを即死させる。
などといった性質を持っており、取り扱いには気をつける必要がある。
(閉鎖された空間に設置しないと、地の果てまで消えず飛んでいく)
発射装置へのレッドストーン入力がOnの時に弾が消滅した場合、
自動的に新しい高エネルギー球が再発射される。
しかしキューブ排出器とは違い、1台につき1個までという制限が無く、
入力Off→Onを繰り返すと複数個のエネルギー球が発射できてしまい、
ぶつかったら即死という特性も加わってかなり危険。
高エネルギー球
受取装置
(High Energy Pellet
Catcher)
高エネルギー球を吸収し、周囲にレッドストーン出力するブロック。
吸収は高エネルギー球がこのブロックぶつかることにより行われる。
未吸収状態では他の何を受けてもレッドストーン出力できず、
逆に吸収状態では常にレッドストーン出力し続け、On/Offの手段が無い。
このブロックに高エネルギー球を吸収された状態では、
その高エネルギー球の親の発射装置はそれ以上の発射を行わなくなる。
Shift+右クリックで吸収した高エネルギー球の解放が出来る。
空中信頼性プレート
(Aerial Faith Plates)
床・壁に取り付ける形で設置。天井設置時はうまく動作しない。
プレイヤー、Mob、ドロップアイテム、Entityが触れると、
一定方向に激しい勢いで弾き飛ばし、結果的に大ジャンプさせる装置。
デフォルト設定では水平方向に30マス、垂直方向に12マス飛ばし、
レッドストーン入力を受けていない時でも常時動作するようになっている。
これらの設定は右クリックで開くGUIから変更できる。
物質消去グリッド
(Material
Emancipation Grid)
v1.4.5v1でレシピ変更、ブレイズパウダー追加
このアイテムを壁に設置し、これ同士で向き合わせると、
それら2つの間に光の粒子が行き交うエネルギーフィールドが形成される。
(明るさレベル10の光源)
(限界距離は15ブロック。それ以上離すと互いを認識しない)
プレイヤーの通行を妨げるものではないが、
この光のフィールドを通過すると、通過者の所持ポータルガンに反応して、
それらが作成できる色のポータルが自動で全消去される。
また、ポータルガンの光弾もこのフィールドにぶつかると消えてしまうので、
このフィールドを跨いでポータルを作成する事はできない。
初期状態では原作Portalに比して大幅に機能を制限されており、
原作同様、通過したキューブやタレットetc.が消滅するようにするには、
Configファイルから複数の設定項目を有効化しなければならない。
最大設定にするとプレイヤーのインベントリの中身まで全て消去される。

「Aperture Science 物質消去グリッドの予期せぬ副作用として、稀ですが、
歯の詰め物や、歯冠、歯のエナメル質や歯が損傷する場合があります。」
入力表示器
(Electronic
Intelligence Indicator)
レッドストーン入力を受けている時はオレンジ色で「〆」
そうでないときは青色で「×」を表示するプレート。
その他
レコード
(Record)
追加レコード。ジュークボックスに入れることで、
原作PortalのBGM「Still Alive」を聞くことが出来る。
コンパニオンキューブをかまどで 焼却 精錬する事で入手できる。
レコード
(Record)
追加レコード。ジュークボックスに入れることで、
原作PortalのBGM「Radio Loop」を聞くことが出来る。
「Still Alive」のレコードを更にかまどで精錬する事で入手できる。
レコード
(Record)
追加レコード。ジュークボックスに入れることで、
原作Portal2のBGM「「Want You Gone」を聞くことが出来る。
「Still Alive」のレコードを2枚合成する事で入手できる。
ラジオ
(Radio)

原作Portalのラジオが流す曲を無限に流し続けるラジオ。
Radio Loopのレコードで流れる曲とは同じもの(Still Aliveのアレンジ)
右クリックで停止できる。
ポータルガンを持ってなくても、Gキーで掴む&離すして持ち運べる。




追加装置のインターフェース解説

◆ポータルスポナー (Portal Spawner)
設置時、および右クリック時にこのGUIが表示される。
Configファイル内の「canSpawnersBeEdited=1」の値を0に書き換えると、
設置時のみ表示され、右クリックではGUIを開けなくなる。
Do portals close when redstone power is cut?
Yesだと、レッドストーン入力されている間だけポータルが開く。
レッドストーン入力途切れればポータルも閉じる。
Noだと、一度レッドストーン入力を受けたら、
以後はレッドストーン入力が途切れてもポータルは開き続ける。
たとえ再ログインし直しても撤去されない限り閉じる事はない。
Select the spawner's portal colour.
レッドストーン入力された際、どの色のポータルを開くかに関する設定。
【A】 ポータルガン(通常)の第一ポータルと第二ポータル
【B】 Atlasポータルガン(水色)の第一ポータルと第二ポータル
【C】 P-Bodyポータルガン(黄色)の第一ポータルと第二ポータル
【D】 ベーコンガン(豚肉)の第一ポータルと第二ポータル
◆空中信頼性プレート (Aerial Faith Plates)
右クリック時にこのGUIが表示される。設置時には表示されない。
Configファイル内の「AFPCanBeEdited=1」の値を0にすると、
空中信頼性プレートを右クリックしてもこのGUIを開けなくなる。
最後に「Done」ボタンを押してGUIを閉じないと変えた設定が保存されない。
「Esc」キーでGUIを閉じてしまうと開く前の状態にリセットされる。
Horizontal Power
水平方向へに吹き飛ばす力の強弱を変える。初期設定では3。
Vertical Powerが初期設定の3だと仮定した場合、
大体「(数値x10)+1〜2」ブロックほど水平方向に吹き飛ばす。
Vertical Power
垂直方向へに吹き飛ばす力の強弱を変える。初期設定では3。
1=高さ1.5、2=高さ6、3=高さ12、4=高さ20 5=高さ30
Needs Redstone:
動作にレッドストーン入力を必要とするか否か。初期設定ではNo。
Yesにするとレッドストーン入力されている時しか動かない。
◆チェックポイントブロック (Checkpoint Blocks)
設置時にこのGUIが表示される。右クリック時には表示されない。
最後に「Done」ボタンを押してGUIを閉じないと変えた設定が保存されない。
「Esc」キーでGUIを閉じてしまうと開く前の状態にリセットされる。
Checkpoint Enabled:
Yesだと、このブロックの真上を通過した際にリスポーン地点が変更され、
自動的にこのブロックの真上の座標に登録され直す。
ただし既にそのブロック上がリスポーン地点に登録された状態の場合、
2回目以降はレッドストーン出力以外の各種記録行為は行われない。
Noだと、このブロックの真上を通過してもリスポーン変更は行われないが、
レッドストーン出力以外の全ての記録行為も行えなくなる。
この状態ではRedstone Trigger:によるレッドストーン出力のみが行える。
Reset Player:
Noだと、リスポーン登録以外の保存は行わない。
InvOnlyだと、通過時のプレイヤーのインベントリの状態も保存し、
リスポーン時にそれらアイテムも再現するようになる。
反面で、死亡時に所持していたアイテムは全て消滅するようになる。
ただしチェスト等にアイテムを一時退避させてから死ぬのを繰り返せば、
幾らでもアイテムを増殖できてしまうので、通常プレイでは封印推奨。

Yesだと、通過時のインベントリの状態だけでなく
HPや満腹度、ポーション効果、状態異常まで記録して再現するようになる。
Reset Portals:
Noだと、通過時のポータルの展開状況は記録しない。
Yesだと、通過時のワールド上のポータルの展開状況も記録するようになり、
リスポーン時にそれらも忠実に再現するようになる。
ただし記録するのは、通過時にプレイヤーが持っていたポータルガンが
展開する事が可能な色のポータルだけであり、それ以外の色のは記録しない。
Reset Portal Entities:
現在のVersionでは使用不可になっており、常に灰色。
Print message:
Yesだと、チェックポイント通過時にその事を告げるメッセージが表示される。
Noだと、そのメッセージが表示されない。
Redstone Trigger:
通過時に2マス下(擬態用に使ったブロックの更に1マス真下)に対して、
レッドストーン出力を行う。
この機能だけでも、不可視の感圧版代わりとしてトラップ各種に使用できたり、
音の鳴らない感圧版として自動ドア機構の作成に使用できたりする。




ポータルガンの使い方

1.左クリックでポータル光弾(青)を撃ち、着弾点にポータル(青)展開
床・壁面・天井を問わずに展開できるが、ポータルの設置には最低でも縦2x横1のスペースが必要。

2.右クリックでポータル光弾(青)を撃つ、着弾点にポータル(橙)展開
床・壁面・天井を問わずに展開できるが、ポータルの設置には最低でも縦2x横1のスペースが必要。

3.潜る
ポータル青⇔ポータル橙が相互に繋がる。消去しない限り何度でも通過できる。
既に設置済みのポータルを一度全消去したい場合、Rキーを押すと設置済みポータルの全消去ができる。
ポータル展開中、ポータルの向こう側の景色が描画される処理が非常に重い場合、
Configファイルの「seeThroughPortals=1」の項目の数値を「0」か「2」に書き換えると劇的に負荷が改善される。



◆慣性保持について捕捉
ポータルを潜る前に得た勢いの加速(慣性)は、ポータルを潜った後にも持ち越される。
事前に高い所から落下するなどして、勢いをつけてポータルに飛び込んだ場合、
壁面から出てきた場合はそのまま前方正面に勢いよく射出され、
床面から出てきた場合はそのまま上空高くに打ち上げられる。
ただし衝撃吸収ブーツを履いていない場合の落下ダメージは潜る前+潜った後の合算ではなく、
ポータルを潜った後から改めて再計算、ポータル通過後の地点から床までの距離に応じてダメージ量が決定される。
通過前の加速なし 通過前の加速あり




ポータルガンの隠し効果

しかし、月の石はポータルの伝導体として最適であることがわかった。
この新型ポータルから出入りすることで、血中に含まれる月の石の毒素を吸い出すことが可能かテストしたい。

+ (ネタバレに付き格納、クリックで開く)




configファイルからの設定変更

導入後の初回ログイン時、「.minecraft」フォルダ下の「config」フォルダ内にPortalGun.cfgというファイルが自動生成される。
それをメモ帳などのテキストエディタで開き、該当項目を書き換え&保存する事で設定を変更できる。
1.4.4v1までは膨大な数の項目があったが、v1.4.5v1以降は主要なものを残してほとんどの項目がリストラされた。
キーボードのキー指定、マウスのボタン指定は専用のキーコードを使って行われているので、
変更する場合は英WikiのKey codesのページなどを参照しつつ書き換える事。
#block - ids#
I:idMulti=1101 ポータルスポナーを筆頭としたポータル系ブロックのBlockID。
任意の数値に変更する事でIDの格納場所を変更できる。
I:idPortal=1100 ポータルやポータルスポナーを筆頭としたポータル系ブロックのBlockID。
任意の数値に変更する事でIDの格納場所を変更できる。
#client - client#
I:christmasPotatOS=1 数値を書き換える事で以下の効果がある(初期設定では1)
0 …… PC内時計の日付が12月24〜25日でも、空からニワトリを降らさない。
1 …… PC内時計の日付が12月24〜25日でも、空からニワトリを降らす。
S:colourBaconGun1=#ffffff ベーコンガンの第一ポータルの色をカラーコードで指定した色に変える。
customBaconGunColour=0の項目も1に書き換えていないと適用されない。
S:colourBaconGun2=#ffffff ベーコンガンの第二ポータルの色をカラーコードで指定した色に変える。
customBaconGunColour=0の項目も1に書き換えていないと適用されない。
S:colourPotatoGun1=#ffffff ポテトガンの第一ポータルの色をカラーコードで指定した色に変える。
customPotatoGunColour=0の項目も1に書き換えていないと適用されない。
S:colourPotatoGun2=#ffffff ポテトガンの第二ポータルの色をカラーコードで指定した色に変える。
customPotatoGunColour=0の項目も1に書き換えていないと適用されない。
I:customBaconGunColour=0 数値を書き換える事で以下の効果がある(初期設定では0)
0 …… 通常設定。
1 …… ベーコンガンの第一&第二ポータルの色を任意の色に変更できる。
1にした場合、更にcustomBaconGunColour=の項目で色を指定する必要がある。
I:customPotatoGunColour=0 数値を書き換える事で以下の効果がある(初期設定では0)
0 …… 通常設定。
1 …… ポテトガンの第一&第二ポータルの色を任意の色に変更できる。
1にした場合、更にcustomPotatoGunColour=の項目で色を指定する必要がある。
I:enableSounds=1 数値を書き換える事で以下の効果がある(初期設定では1)
0 …… このMod固有の追加効果音を全て無効化する。
1 …… このMod固有の追加効果音を無効化しない。
I:equipPortalGunSound=1 数値を書き換える事で以下の効果がある(初期設定では1)
0 …… ポータルガンに持ち替えた際の装着音を鳴らさない。
1 …… 通常設定。
enableSounds=1の値を0にした場合、他の効果音もろとも纏めて無効化される。
I:portalGunModel=1 数値を書き換える事で以下の効果がある(初期設定では1)
0 …… ポータルガンがインベントリ画面のプレイヤーの3Dモデルに反映されない。
1 …… 持ったポータルガンがインベントリ画面のプレイヤーの3Dモデルに反映される。
I:renderTurretLaser=1 数値を書き換える事で以下の効果がある(初期設定では1)
0 …… タレットの赤外線照準(赤い射撃予定線)を表示しない。
1 …… タレットの赤外線照準(赤い射撃予定線)を表示する。
#client - keybinds#
I:grabKey=34 34=Gキー。特定ブロック or モブを掴む&離すキーの設定。
I:resetPortalsKey=19 19=Rキー。展開中のポータルの全消去キーの設定。
I:shootBluePortalKey=-100 -100=マウス左クリック。ポータル(青)の展開光弾の発射キーの設定。
I:shootOrangePortalKey=-99 -99=マウス右クリック。ポータル(橙)の展開光弾の発射キーの設定。
I:zoomKey=-98 -98=マウスのミドルクリック。ポータルガン所持時のズームキーの設定。
#general#
S:modPartsDisabled=-1 数値を書き換える事で以下の効果がある(初期設定では-1)
-1 …… どのアイテムの追加も無効化しない(=全てのアイテムが追加される)
0 …… 「ポータルガン」「ポータルスポナー」「ポータル台座」は追加しない。
1 …… 「衝撃吸収ブーツ」は追加しない。
2 …… 「各種キューブ&排出器」「各種レコード」「ラジオ」は追加しない。
3 …… 「物質消去グリッド」は追加しない。
4 …… 「タレット」関連の装置は追加しない。
5 …… 「空中信頼性プレート」は追加しない。
6 …… 「高エネルギー球」関連の装置は追加しない。
7 …… 「阻止ビーム」関連の装置は追加しない。
8 …… 「チェックポイントブロック」は追加しない。
9 …… 「入力表示器」その他のデコレーションアイテムは追加しない。
複数の項目を複合的に無効化したい場合、以下のように記述必要がある。
modPartsDisabled=0, 1, 2, 4, 5, 9
#item - ids#
I:itemIdIndex=13200 このModで追加されるアイテム(通常)のItemID使用帯の先頭ID。
使用数は10にも満たず、この先頭IDの数値を変えると続く全てもまとめて一緒に移される。
I:recordIdIndex=13400 このModで追加されるアイテム(レコード)のItemID使用帯の先頭ID。
使用数は10にも満たず、この先頭IDの数値を変えると続く全てもまとめて一緒に移される。
#portalgun#
I:portalGunFuel=0 数値を書き換える事で以下の効果がある(初期設定では0)
0 …… 通常設定。
1 …… ポータルガンを1回撃つ毎に燃料としてエンダーダストx1を必要とするように。
設定を1に変えると、実質PortalGunハードモード。
エンダーダストはエンダーパール1個をかまどで精錬する事で8個入手できる。
エンダーダストのレシピはこれを1にした時しか追加されない。
I:portalRange=10000 ポータルガンから発射されたポータル光弾の限界射程距離。
初期状態の時点で既に10000マスと相当飛ぶ。




他のMODとの競合情報

Block ID 1100-1101、Item ID 13457-13659にアイテムを追加するMODとは競合する。
ただしこれらのIDの格納位置は導入後の初回ログイン時、
「.minecraft」フォルダ下の「config」フォルダ内に自動生成されるPortalGun.cfgから変更が可能。

また、【MinecraftForge】も比較的競合の原因になりやすいMODだが、
これの競合する/しないに関しては、MOD解説/MinecraftForgeのページの方も参照の事。

【MCPatcher HD fix】のHD Textures を入れた状態で、x32テクスチャを使用しようとするとエラーが出る場合、
PortalGunModのzipファイル内にある「tx_fizzler.png」を削除すればx32テクスチャと併用可能になる。




コメント

コメントログ:MOD解説/Portal Gun

コメント欄の運営・編集方針に関してはコメント欄方針を参照してください。
このコメント欄はwikiの情報充実のため、追記がしやすいよう設けた物なので、編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
編集に関わらない質問は一切受け付けておらず、一律して削除されます。
注意書きをよく読んだ上で、質問掲示板または非公式日本ユーザーフォーラムをご利用ください。
Wikiの運営に関連する話はWiki運営掲示板、雑談等は非公式日本ユーザーフォーラムにてお願いします。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。

名前:

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: 導入 情報 コメント

新着ゲームの事前予約 - 予約@ウィキ
[新着ゲーム]神獄のヴァルハラゲート
[新着ゲーム]トランスフォーマー ULTIMATE ALLSTARS
[新着ゲーム]オオカミ姫
PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]