神話

聖書に登場する悪魔。ルシファー同様の堕天使。
醜い悪魔が便器に座った姿で描かれるが、若い女性に化けることも多い。
人間に富をもたらし、発明と発見をもたらすとされる一方、人間嫌いな悪魔としても有名で、「幸福な結婚などありえない」という持論を以って人間を観察したりもしている。

また、キリスト教の7つの大罪うち「怠惰」を司る(アスタロト説もあり)。
ギリシャ神話の神プリアポスと同一視する説もある。

その起源は「民数記」に書かれる、モアブ人の崇めた放埓な神バアル・ペオル(ペオル山の主)とされる。

非公式

初出はFC版「デジタル・デビル物語 女神転生II」だが、現在の「便座に腰を下ろした悪魔」の姿が確立されたのは「真・女神転生II」から。
便座に腰を下ろした悪魔、というデザインは、コラン=ド=プランシーの「地獄の辞典」のイメージによるところらしい。

  • デジタル・デビル物語 女神転生II
銀座に居を構える鈴木カンパニーの鈴木社長(その正体はサタン)の警備員を務める。
魔界に君臨する魔王を全て打ち倒した後、サタンに接近しようとする主人公を危険と見なし、襲い掛かってくる。

また、魔界に鎮座する「怒りの塔」にて強力な武器・ヴァジュラを守る敵としても出現する。

  • 真・女神転生II
大破壊を経て東京跡地に建立されたTOKYOミレニアムのうち、物資生産・遺物発掘区画に位置する「ファクトリー」の中央にそびえ立つ監視塔の番人を務めている。
同区画では、「「怠惰」を司る悪魔に監視されて死ぬまで働かされる」と言う、皮肉に満ちた状況が生まれている。

  • ペルソナ2罪
主人公・周防達哉と対立する組織「仮面党」の巫女・イシュキックこと星あかりに従う悪魔として登場。
スマイル平坂での戦いの際にイシュキック共々戦うこととなる。

  • デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王
車輪付きの椅子に座って登場する。
過去作以上に七大罪の一つ「怠惰」を司る悪魔という側面が強調され、ことあるごとに「めんどくせー」と口にし、挙げ句の果てには戦闘そのものも「水に流して」しまう。

  • 偽典・女神転生 東京黙示録
物語の核心にある魔王・バールの分霊の一として登場するが、分霊の中でも有力なバエルが他の分霊を始末しようとしていることを見抜いている。
撃破された際には、権力争いで滅ぶより主人公と戦って滅ぶなら本望だと言い残して消滅する。

  • 女神異聞録デビルサバイバー
物語に直接登場することは無いが、物語の核心たる「ベル神の争い」の中核を担う悪魔ベル・ベリトにバール、バエルと共に「吸収された姿」で描かれている。
偶然とも思えるが、ベル・ベリトの吸収したベル神は、ベリトを含めていずれも偽典の幹部悪魔、またはそれに似た性格を持つ神格である。

能力

初期LV61

マハジオダイン(初期) デビルスマイル(初期) マハラクンダ(63)

恐怖成功率UP(64) オールド・ワン(65) 老化成功率UP(66) 電撃ハイブースタ(67)

電撃吸収、光弱点、闇弱点