判定なしゲーム一覧(PS4)

鬱ゲーを除き、いずれの判定も持たないゲームの一覧。
判定を明記しない「鬱ゲー」を除き、いずれの判定も持たないゲームの一覧。

  • 判定欄には、基本情報表よりメイン判定のみ記載。そのため、原則「なし」のみとなる。
  • 議論スレは左メニューの「意見箱(なし)」が該当する。

タイトル ジャンル 判定 概要
あ行
ALIEN: ISOLATION ADV なし エイリアンと命がけの隠れんぼ。ギミックは細部に至るまで"原作再現"を徹底。
か行
仮面ライダー バトライド・ウォー 創生 ACT なし 昭和ライダー&平成サブライダー一挙参戦。代わりにストーリーが消失…!?
GUILTY GEAR Xrd -SIGN- FTG なし 格ゲーGGとしては『XX』以来となる完全新作。様々な要因から全盛期ほどの人気は得られず。
GOD EATER 2 RAGE BURST ACT なし 『2』からボリュームはほぼ倍増。新要素は調整不足が目立つ。
GOD EATER RESURRECTION ACT なし 『BURST』のリメイク作品。単体としては高評価も、原点にして最新を謳う側面が評価を下げる事に。
さ行
サイコブレイク TPS なし バイオハザードの生みの親が手掛けたサバイバルホラーは、どこか既視感のある出来に。
Submerged AADV なし 水没した美しい廃墟を味わいたい人へ。
STEINS;GATE 0 ADV なし 無印クリア者前提の作りなど残念な点もあるが、『シュタゲ』ならではの硬派なSFドラマは健在。
ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン ACT なし 良くも悪くも『ASB』が全て。使い回しだらけな分キャラゲーとしては良質な出来に。ゲームとしては普通。
閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択- ACT なし 『SHINOVI VERSUS』の続編。安定感のある続編ゆえのマンネリ感。
た行
Destiny FPS なし 圧倒的なスケール、圧倒的なグラフィック、圧倒的なボリューム不足。
DEAD OR ALIVE 5 Last Round FTG なし 「やわらかエンジン」を導入した2度目のマイナーチェンジ作品。
テラリア AADV なし 探索と戦闘に重きを置いたサンドボックス型の2Dアクション。
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION FTG なし ゲームとしてはより面白くなったがオールスターゲームとしてはややかけ離れた感あり。
トゥームレイダー ディフィニティブエディション ACT なし グラフィックを強化して次世代機に移植。
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 ARPG なし シリーズ初のアクションRPGはシナリオ面やシステム面で課題が残るもそこそこの完成度。
な行
信長の野望 創造 SLG なし 未実装な旧来までの要素が多く全体的に薄いが、入門用としてオススメか。PKで良作へ。
は行
BIOHAZARD REVELATIONS 2 ACT なし 満を持してバリー再登場。全体的に前作に劣る箇所が多く、新鮮味に欠ける内容に「ああもう!サイアク!」。
ファイナルファンタジーX HDリマスター RPG なし インターナショナル版をベースにしたHDリマスター移植版。
ファイナルファンタジーX-2 HDリマスター RPG なし
ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア RPG なし 旧14』の失敗からわずか3年で再ロンチまで漕ぎ着けた。
ま行
魔都紅色幽撃隊 DAYBREAK SPECIAL GIGS ARPG なし 『魔都紅色幽撃隊』の改良版。
メタルギアソリッドV ファントムペイン ACT なし シリーズ完結作はオープンワールドが舞台。そのシナリオと結末をどう捉えるか。
や行
よるのないくに RPG なし 美少女アクションを売りにしたゲーム。しかしシナリオやアクションの粗は多い。
ら行
REPUBLIQUE AADV なし 監視カメラを介して進む一風変わったステルスアドベンチャー。
龍が如く 極 AADV なし シリーズ10周年記念作品。独自の追加要素やゲームバランスが足を引っ張る結果に。