メダロット弐CORE カブト/クワガタ

【めだろっとつーこあ かぶと/くわがた】

ジャンル RPG
対応機種 ゲームボーイアドバンス
発売元 イマジニア
開発元 ナツメ
発売日 2002年12月25日(コミックボンボン専売)
2003年4月18日(通常販売)
定価 4,800円(税別)
配信 バーチャルコンソール
【WiiU】2016年1月27日/650円(税別)
判定 良作
メダロットシリーズリンク


概要

総売上40万本以上を誇ったGBソフト『メダロット2』のGBAリメイク作。
『コミックボンボン』誌上で、カブトバージョンのみが限定販売されていたが、後にクワガタバージョンと共に通常販売されるようになった。

評価点

  • グラフィック面が原作と比べ大幅にパワーアップ
  • 戦闘モーションはGBAの回転機能を使っており、棒立ち機体の多かった『メダロット・navi』よりも躍動感のある戦闘を楽しむことができる。
  • キャラクターのグラフィックがアニメ版風に描かれていて、視聴者には懐かしく感じる。
    • 原作では普通におばさんに見えた主人公の母親も、今作ではアニメ寄りの若く見えるデザインになっている。
      • さらにアニメでは登場しなかったハチロウやキララ、マルガリータといったキャラもアニメ風のデザインで描かれている。
  • ロボトル(戦闘)システムの一新
    • ゲームバランスが一新され、原作では崩壊気味だったメダロットの性能バランスが大幅に改良されている。
    • 単純な数値だけでなくメダル・パーツのステータス項目や熟練度体系、一部パーツの持つ効果が原作から変更。
      • その煽りを受け、強いことで人気のあった主役機体やラスボス等は原作から大きく弱体化。この点は賛否の分かれる点である。
    • 新システム「メダスナイプ」の登場。射撃攻撃の際に、メダロットがどのパーツを攻撃しようとしているか確認できるようになった。
      • 機体単位からパーツ単位で確認できるようになったことで、攻撃するパーツが既に壊れていると行動が無効になってしまう射撃攻撃のデメリットが改善された。後のDS版でも採用されている。
    • 必殺技「メダフォース」の制度が『メダロット5』の「メダスキル」に近い仕様に変更。
      • メダフォースゲージが「満タン」でないとメダフォースが発動できない。例えばメダフォース消費量が50だとしても、最大値の80まで溜まっている必要がある。
      • 原作同様同一ロボトルで再度使用可能であり、パーツ使用でゲージは溜まらない。
      • メダルごとのメダフォース習得内容やメダフォースの性能も変更・調整されている。
  • Aボタン押しっぱなしでダメージ時演出の高速化、オプションから戦闘台詞スキップ機能の搭載により、致命的だったテンポの悪さも多少は改善された。
    • ただし戦闘台詞をスキップした場合、相手のパーツやモーションを見て行動を判別する必要がある。
  • メダロットの魅力の一つであるパーツ・メダル集め。原作でのコンプには『パーコレ』を駆使しても3本以上のソフトが必要と、とても手間の掛かるものであったが……
    • 今作では初代『メダロット』からの通信でしか入手できなかったメダロットも普通に登場するようになり、入手可能に。
    • 序盤から強力なメダロットを手に入れられるパスワードは廃止にされたが、パスワードでしか入手できなかったメダロットがエンカウントやイベントで登場するようになった。
  • メダロットのコンプリートにはやはり通信が必要だが、両方のバージョンがあれば全メダロットのパーツをそれぞれ1周(計2周)ずつで揃える事が可能。
  • 『3』以降の続編で培われた改善点の導入
    • マップ上でAボタンを押しながら移動するとダッシュできるようになった。
    • 原作では1曲だった通常ロボトルBGMに新規の曲が2つ追加された。
    • ティンペットではなくメダルに名前を付ける仕様に変更。
    • それに伴いメダルリネーム店が登場。代わりにペイント店は削除。
    • 使用頻度の高い「乗り物アイテム」の別枠化、スタート一押しで純正組み、オート時の行動ローテーションの設定といった操作性の改善……等々。
  • 少ないながらも追加イベントが存在。主人公の家族やりんたろう、未来のメダロッターとロボトルする事ができる。
    • 1リメイクと違い、本編シナリオ中の台詞の変更はあまりない。
  • ハードに合わせたBGMのアレンジに加え、場面に合わせた新曲の追加。
    • 室内BGMアレンジ2曲をはじめとするいくつかの新曲に加え、メダロポリス・メダロッターズ店内・ショップ店内等『3』・『4』で登場した曲も輸入されている。

賛否両論点

  • 性能調整による一部の主役級機体の弱体化
    • 最初に手に入れる主役機体を原作と同じ感覚で扱うと確実に苦戦する。
      • パーツの組み換えを促し、ストーリー中の装備の固定化が少なくなり、戦略性が増したとも言える。
      • 補足しておくと本作の主役機体が弱いわけではない。同系統のパーツの中では高性能である。原作では強すぎたのだ。
      • 実はラスボスも弱体化したとはいえ、一機体としてみれば十分強い。やはり原作では強(ry
  • 戦闘時のボタン操作の増加
    • 戦闘時の行動選択インターフェースが『5』とほぼ同等のものに変更。
    • 原作はワンボタンで選択項目の切替が可能 *1 だが、本作では自分のメダロットの番が回る度に「パーツ選択・メダフォース選択・メダロット確認…etcを左右キーでカテゴリ選択→Aボタンで決定→上右左下で項目選択→Aボタンで確定」と操作がひと手間増えている。
  • ミニゲームの内容・特典の変更
    • ミニゲームの内容変更自体は大した問題ではないが、前述したパスワード制の廃止により賞品が変更されプレイする利点が減ってしまった *2
  • ペイントショップの削除
    • 原作はハードの都合上、頭部パーツを変更すると頭部パーツの色パレットに合わせて、装備しているパーツの色パレットが統一される仕様だった。その仕様を逆手にとって、メダロットの色パレット自体を幾つかのパターンから選んで有料で固定してくれるペイント店が存在した。
    • ハード性能の向上に伴いパーツ表示に色パレットの変更が必要としなくなったため、ペイント店は削除、代わりにメダルリネーム店に変更されている。
  • 一部BGMが原作から変更。
    • 新規BGM自体のクオリティは高い。 *3
    • 変更された場面はオープニングデモ・タイトル・エンディング等。また本作のメダロット組み換え時のBGMは『3』・『4』のBGMのアレンジになっている。

問題点

  • 一部のメダロット・メダルが削除され、登場するメダロットは実質減っている。
    • 最も削除されたメダは、「登場している機体と性能が被る者」が大半ではある(例:初代のヘビ型メダと今作のヘビ型メダ、初代のコウモリ型メダと今作のシャチ型メダ等)。
    • 『2パーコレ』のみ入手可能だった「せいぎ・あく」メダルや『1』との通信コピーによって入手可能だった旧メダル達も削除。
  • 原作では通常エンカウントで現れた一部のメダロットが数回しか戦えなくなり、パーツを揃えるのが困難になっている。
  • 前述の戦闘モーションだが、特に攻撃回避時の動きが「操り人形の様で不自然」と否定意見もある。
  • 主人公が最初にもらうメダロットが終始喋ったりしない。「『パーフェクトエディション』でしゃべるようになった『1』や『3』以降のように喋って欲しかった」との声も。
  • 原作にあったバグ及び仕様の放置。
    • 「パーツンラリー」にて、ハチロウが自宅に戻らないバグが修正されていない。
      • 対処法は、先にコーダインでイベントを進め、その後花園学園のイベントを進めること。
    • 同じく『2』にあった、メダルレベルが最大になると熟練度が上昇しなくなるという「不親切な仕様」も無修正のままである。
    • その一方でデスブレイク複数入手可能といった、プレイヤーに有益な仕様はしっかりと直されている。
    • パーツ属性が『3』以降のある程度系統立てられたものでなく、元の『2』のままであることや威力無効の仕様など実質的な退化を起こしている箇所も。
    • 『3』以降のように相手が一律純正機体で挑んでくるようになったため、パーツ収集がしやすくなった一方、連戦等で何度も同じ構成の相手と戦わなければならず、ダルイ思いをする箇所が本編中に複数ある。
      • パーツコンプには、両方のバージョンが必要になるが両バージョン共にプレミアがついておりコンプが大変(上述したように『1』や『パーコレ』もする必要のあった『2』を考えれば2本でコンプ可能は大分良心的ではある)。
  • 一部のバランスに関して。
    • 賛否両論の項目にも表記されている主人公機の弱体化だが、これとエンカウントメダロットの配置変更 *4 に伴い、本編序盤の難易度がかなり難化している。
    • 特にクワガタVer.では初期段階において最弱クラスのザコ敵にさえ勝つのに運要素が絡む。更には第2章で「『おどろやま』に行く前にMFを覚えるまでレベルを上げておくのを推奨される」など、とにかく序盤の難易度が高い。
    • 「シリーズ中でもまともな対戦ができる」と対戦バランスに関しては評価の高い本作だが、「全体の威力を抑えただけで根っこの部分 *5 の問題点は直っていない」との意見もある。
      • また、攻撃パーツの装甲が悉く落とされている一方、強力な装備パーツである常時充填はやけに高い *6 。腕部アンチシー及びアンチエアパーツの充填、放熱が異常増加し、まともに使えないなどパーツ間の数値調整にも疑問を感じる点がある。
      • 特筆すべきはデストロイの威力の高さで、そのままでも2~3パーツ、脚部を高推進のものに変えれば4パーツ全て破壊できるレベルのパーツも存在する。ダイレクト特性や全体的な威力のデフレに伴い、このようなパーツを入手するとゲームがデストロイゲーになってしまう。

総評

追加要素こそ少ないものの、目立った新たな問題点もなく、「『メダロット2』を今の時代に合わせた無難なリメイク」だとユーザーからの評価は高い。『2』はシリーズ通して最もメディア露出が多かった主人公である「天領イッキ」の最初の作品であり、本作はメダロット入門者用として十分お勧めできる筈の作品であった。

発売時は既にメダロットの人気が下火になっていたせいか出荷本数が少なく、現在はGBAソフトの中で上位のプレミアが付いている。
しかしWii UのVCで配信されたため、入手は安易になった。

余談

  • 2年後に発売された『真型メダロット』は、本作のシステムをベースにして作られている。
  • コミックボンボン専売バージョンには、取扱説明書にメダロットの漫画家もとい原案者であるほるまりん氏からのメッセージが書かれていた。
    • さらにエンディングの内容が異なり、スタッフロールの中に本ソフトを注文したメダロッター達の名前が掲載されている。 *7
  • シナリオの大筋は原作と変わっていない……その為、シナリオ上で主人公のイッキが女装変装させられるシーンもほぼそのまま。しかも本作では変装に応じて会話時の立ち絵まで変化する。
    • 唯一、クリア後に手に入る変装アイテムのうち「バニーガールの服」が「ウェイトレスの服」に変更された。流石にバニーガールの服のままでは倫理的な面で色々と問題があったのだろう。
      • とはいえ入手イベントの流れ *8 自体はそのままであるし、ウェイトレスの服もこれはこれで問題があるような気はしないでもないのだが。