鈴木爆発

【すずきばくはつ】

ジャンル 爆弾を解体するゲーム #amazon plugin Error : amazonからデータを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。
対応機種 プレイステーション
発売元 エニックス
開発元 ソル
発売日 2000年7月6日
定価 5,800円
判定 バカゲー
ポイント 鈴木さん
無駄に豪華な脇役陣

概要

主人公の鈴木さんの目の前にあらわれるさまざまな時限爆弾を解体していくゲーム。
エニックス(現・スクウェア・エニックス)がPS円熟期に発売した、いかにもプレステのゲームらしい奇妙なゲームである。

特徴

ゲームは分岐のあるステージ制で、各ステージは「実写パート」と「解体パート」に分かれている。

実写パート

鈴木さんが爆弾に出会うまでの経緯が実写の静止画で説明されるのだが、その説明というのが

  • 宅配業者がみかんを差し出してきたと思ったら爆弾だった
  • アイスコーヒーを頼んだら爆弾だった
  • 春一番(アントニオ猪木のモノマネで知られる芸人)の公演を見に行ったら舞台上に車のエンジンが置いてあって爆弾だった

といった不条理なものばかり。この不条理な世界観とハウス&ラウンジミュージックで評価の高いFantastic Plastic Machineの音楽、リリー・フランキー、水木一郎、YOU、SHELLYなどの選考基準のよく分からない出演者が相乗効果となって、独特のシュールな雰囲気が醸し出されている。

登場する爆弾の種類も豊富で、「みかん」「エンジン」はまだしも、「アイスコーヒー」「海」「影」といったとても爆弾になるとは思えないものが登場したり、「こたつ」の中が宇宙空間になっている、「カワイ リカ」(ゲーム中の歌番組に登場するアイドル)が浮世絵が描かれた立方体として登場するなど、爆弾そのものが不条理であったりする。最終ステージでは「私を解体して」と迫られ、「伊藤さん」を解体することになる。

+ ...

解体パート

  • ドライバー、ニッパー、スパナ、六角レンチ、セロハンテープなどの道具を駆使して制限時間内に爆弾を解体していく。
  • 爆弾にはさまざまなトラップが仕掛けられている。基本的に何らかのきっかけで起爆装置が作動してしまうもので、トラップが起爆装置に触れないようにねじを回したり、起爆装置が作動する前に仕掛けを解除したりといったアクション性が要求される場面も多い。
  • また緊急起爆装置という仕掛けがあり、特定のねじやナットを回すと突如緊急タイマーが表示され、時間切れになる前にほかのねじを解除して素早く止めるといった要素もある。
    • 使用できる道具は、解体する爆弾によって変化し、必要のない道具は表示されない。
    • 解体を補助?する道具として虫めがねがあり、爆弾の決まった箇所を調べて情報を得たり、爆弾魔が残したメッセージを読んだりすることができる。

評価点

  • 爆弾解体の緊張感はそこそこにある。
    • 前述のトラップや緊急起爆装置、制限時間間際のBGM等焦りを誘う演出は良くできている。
    • 爆弾の最後には必ず、時限爆弾の定番要素である赤と青のコードを切らなければならない。これが「いかにも」爆弾を解体しているという印象を与えてくれる。もちろん、間違えたコードを切ると爆発してしまう。
  • 爆弾を爆発させた時(ゲームオーバーになった時)に流れるムービーも極端に規模が大きかったりするので笑える要素ではある。
    • 部屋が吹き飛ぶという控えめなものから、関東圏壊滅、地球ごと爆発、というレベルまでさまざま。
  • 解体パートの鈴木さんは事あるごとにしゃべり、その内容も「おう?」「わあー」といった一言から、「ちょっと待って、シャツ脱ぐ」と突然言い出したり、生々しい交友関係のグチをねちねち言ったり、脳内マージャンを始めたり、笑いっぱなしになったりとさまざま。
  • それぞれのステージには遊び心のある演出が多数含まれている。例えば「エンジン」ステージでは制限時間が残り40秒になるとアントニオ猪木引退時のスピーチが流れ出し、最後に「1、2、3、ダァー!!」で爆発するなど。

問題点

  • ボリュームがやや少ない
    • 以上のように、ゲームのコンセプトや雰囲気は抜群なのだが、ゲームそのものの進行は単調であり、爆弾のトラップのバリエーションが少ないため飽きるのが早い。
    • ステージ数は19と少なく、1ステージあたりのプレイ時間は1~10分ほど。難易度による変更も制限時間の変動と緊急起爆スイッチの設置程度しかないため、ボリューム不足は否めない。
    • 反射神経を要する複雑なトラップが連続する「エンジン」に対して、起爆装置への移動とコードを切るだけで終わる「携帯電話」「アイスコーヒー」があるなど、ステージごとの難易度に両極端なところがある。このほとんど解体をしないステージの数が意外と多く、やはりボリューム不足感を出してしまっている。
  • 説明不足なストーリー展開
    • 間違ったルートやダミーのトラップを外すと、そこに爆弾魔と思しき人物からのメッセージが書かれていることがあり、鈴木さんへの偏執性が感じられるのだが、犯人の正体についてはゲーム中ではまったく触れられないし、解決されない。
    • 何故爆弾が仕掛けられているか等も語られないので釈然としないままゲームを進める事となる。
  • セーブ・ロードの方法が画面の奥から迫ってくる2つの標識のうち「SAVE/LOAD」と書かれた方を選ばなければならないという非常に面倒な仕様になっている。コツをつかめば正解を選ぶのは難しくないが、標識の移動速度が速いので、油断をするとどちらも選べずにセーブを失敗してしまうことがある。

総評

爆弾解体の緊張感はそこそこにあり、実写で紡がれるアホらしいプロットと悪ふざけとも思える不条理ギャグ、
鈴木さんを演じた緒沢凛のかわいらしさもあってコアなファンの多い作品だが、肝心のゲーム性はあまり奥深いものではない。
良くも悪くも「一発ネタ」のゲームだが、メーカーがはじめからバカゲーのつもりで作り、それがスベらずにプレイヤーに受け入れられた稀有な作品である。

余談

  • 極楽とんぼの加藤浩次はこのゲームがきっかけで緒沢凛のファンになり、後に結婚している。
  • 本作のプロデューサーは本作や『ヘビーメタルサンダー』などの個性の尖ったゲームに携わった後、モバイルゲームの製作に活動の場を移してからは『ケイオスリングス』や『拡散性ミリオンアーサー』などのヒットタイトルを生み出している。